fc2ブログ
line-height:1.2;

堕落は自体自覚から始まった

kitasendo
ルーシェル 

真の父母様解放プロジェクト
という、ちょっと風変わりなタイトルの原理講義を拝聴しました。

本体論の研修会でも聞かなかったような重要なポイントがいくつかあると感じましたので、私の頭の中でまとまった順番に少しづつご紹介しようと思います。

先ず、堕落論です。

文先生の使われる言葉の中で、分かりにくいものの一つが、
他体自覚」「自体自覚
という言葉です。

「他体」とは、
他(目の前の存在)を自分の体(主体)とする
ということです。

反対に「自体」とは、
自分自身を主体とする
という意味になります。

そして、文先生ははっきりと、こう断言されました。

堕落の起源は、他体自覚しかなかったルーシェルが自体自覚に変わってしまったところにある

さて、エバを誘って堕落へと淪落した天使長ルーシェルは、元来、アダムとエバの家庭教師でした。
神様はなぜか(というより、深い必然的な理由があって)男性の天使だけを創造され、女性天使を創造されていませんでした。

悠久な創造の期間を通じ、またアダムとエバが創造されて成長するある時点まで、ルーシェルにあったのは「他体自覚」だけであって、「自体自覚」はなかったのです。
ひたすら神様のために働くことが彼の最高の喜びでした。

ところが、アダムとエバが思春期に差しかかる頃になって、彼に一つの疑念が生じます。

「神様は私にもおっしゃらない重要な何かを、アダムとエバだけに話しておられるのではないか?」

確かに、それはありました。
善悪の木の実だけは絶対に取って食べてはならない
という戒めです。

この戒めは、神様がアダムとエバにのみ与えておられたものであって、天使には一切伝えられていなかったのです。
それは伝えてはいけないものだったからです。

この戒めは、人間にも天使にも神様が伝えておられたのかどうか。
この点が、私にはこれまで不分明なままでした。

しかし実際には、天使が知る由のないことだった。
もしこれを天使も神様から聞いて知っていたなら、次のような深刻な問題が生じたのです。

① 戒めを聞いていたとすれば、それを守るべき責任もまた天使にあったということになる。
② 女性天使という相対のいない男性天使に、男女の愛という世界を自覚させることになる。

神様とアダム・エバとの間に、何か重大な秘密があると感じ始めたルーシェル。
ここから、彼の心に「愛の減少感」が生じ始めるのです。
しかし、ここまでなら決定的に深刻な問題にはなりません。

問題が生じたのは、ここからです。

ルーシェルはエバに対して、
「神様はあなた方に何か重大な指示をなさってているのですか?」
と、陰に陽に、執拗に聞き出そうとします。

しかし、上記2点の理由から、エバは決してそれを口外してはならなかったのです。

聖書の創世記を見ると、ヘビ(ルーシェル)はエバにこう言っています。

「あなたがたは、園のどんな木からも食べてはならない、と神は本当に言われたのですか

これはルーシェルが直接神様から聞いて知った知識ではなく、エバを揺さぶった挙句に聞き出した知識であったのです。
エバは、決して言ってはならない、秘密中の秘密を天使に漏らしてしまったのです。

(つづく)

よろしければ1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

【お勧め記事】
関連記事
スポンサーサイト



神村東

自体自覚、他体自覚という表現より、自我自覚、他我自覚の方が適当だと思いますが・・・。
自我自覚は、「氏族的メシヤ、1989年1月8日、神を求めた人類歴史」の中に、他我自覚は
「ワシントンD.C.訪問のみ言  (御言集「天一国家庭の生活指針」目次へ)2003年5月17日」の中にあります。
自体自覚というみ言も、「天一国三(二〇〇三)年一月十三日韓国・天宙清平修錬苑 天城旺臨宮殿 大聖殿
「神様王権即位式」二周年記念式典における御言」にありますが、あまり悪い意味ではないように感じます。
それに、他体自覚というみ言は見当たりません。どこかにありますか。
「他我」という言葉は広辞苑にあります。

2011年08月30日 (Tue) 09:52
ヤマシタ

訓読って、声を出して読まないといけないんでようか?黙読でも訓読にはいりますか?

2011年09月01日 (Thu) 12:25
教育部長

Re: タイトルなし

黙読が訓読に入るかどうかは私に何とも言えませんが、声に出して読むのが一番良いと思います。
理由の一つは、自分で声を出して読むのが、読む内容に最も意識を集中できること。
黙読やCDの訓読を聞くのでは、どうしても意識が途切れたり、飛んでしまったりしやすいのを感じます。
もう一つの理由は、声を出すことで声の持つ波動が私自身に力を与えてくれること。
黙読よりも少し時間はかかりますが、音読は自分にも周りの人(例えば家族)にも何らかの影響を及ぼすように感じます。

2011年09月01日 (Thu) 13:27
-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016年07月25日 (Mon) 07:58
kitasendo
Admin:kitasendo