FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP >  読書日記 >  あなたの口を大きくあけよ

あなたの口を大きくあけよ

ミュラー

もう9年も前のことになりますが、ジョージ・ミュラー著『祈りの秘訣 』を何度も耽読したことがあります。

ミュラーという人は1805年、当時のプロシアに生まれ、24歳の時、ユダヤ人宣教会で働くためロンドンに移ります。
そして44歳の時、第1の孤児院を設立したのを手始めに、生涯で5つの孤児院を設立するのです。

彼が孤児院を設立しようとした動機が、普通とはずいぶん違っています。

神は変わることのないお方であるという証拠を教会に、この世に示したいという願い

彼の目には、当時の多くのクリスチャンたちが、口では神を信じると言いながら、心の奥深くでは神を信頼していないために、絶えず悩まされ悲しんだりしているように見えました。

それで彼は、
神が今もなお忠実であられ、今もなお祈りを聞いてくださるお方であることを(世の多くのクリスチャンたちが)悟って、神があがめられる
ようにと願って、孤児院を設立しようと考えたのです。

ですから、彼は孤児院を設立する段階から、人には一切頼らず、ひたすら神に依り頼んですべてを進めようとしました。
具体的には、すべての必要品を人に頼まず、神にのみ祈り求めたのです。

彼がそのような決意をするには、一つの聖句との出会いがありました。

あなたの口を大きくあけよ。わたしが、それを満たそう」(詩篇81篇10節)

彼の毎日の仕事は、まず神に「必要なもの」を祈り求めることでした。

するとある時には、祈ったわずか15分後に、神はその祈りへの答えを見せてくださいました。
郵便物が彼のもとに届き、開けてみると、孤児院の噂を聞いた見知らぬ人からの多額の寄付でした。

しかし逆に、祈っても祈っても、1年以上も答えがないこともありました。
そのようなとき、彼はこう考えました。

神には神のお考えがある。15分で聞かれる祈りは、神がそれをよしとされたのであり、1年経っても聞かれない祈りは、神がご自分の『時』を待っておられる

結果的に、彼は孤児院を運営する40年あまりの間、一度として神に裏切られたことはなかったと証言しています。
何百人もの孤児たちに、毎日3度の食事を出さなければならないのですが、一度としてそれが抜けたことがないというのです。

これこそまさに、「神が今もなお忠実であられ、今もなお祈りを聞いてくださるお方であること」の生きた証だと言えるでしょう。

人に頼らず神にのみ頼るといっても、必要なお金が天から降ってくるわけではありません。
お金はやはり、人から回ってきます。
しかしその人たちは神様によって動かされているのです。

「もし人に頼っているなら、私たちは必ず落胆する。しかし生ける神のみに頼るなら、失望落胆の余地はない
援助してくれる人が召される、あるいは資金や愛が欠乏する、・・・といった余地はないのである」

ミュラーの信仰に学びながら、「神により頼む」という信仰について、もう少し考えてみましょう。

よろしければ1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

【お薦め記事】
修道院のベル
聞く祈祷
関連記事
スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます * by -

* by はつみつ
続けてのコンソメですみません。

すごく感動しました。と同時に、自分自身について反省もさせられました。
こんな素晴らしいブログをありがとうございます。

承認待ちコメント * by -

コメント






管理者にだけ表示を許可

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-10-02 * - [ 編集 ]

続けてのコンソメですみません。

すごく感動しました。と同時に、自分自身について反省もさせられました。
こんな素晴らしいブログをありがとうございます。
2018-07-23 * はつみつ [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2018-07-23 * - [ 編集 ]