fc2ブログ
line-height:1.2;

どちらでもいゝよ

kitasendo
2024-02-15

「これをすべきか否か」
といふ二者択一を迫られたとき、迷ふものです。

先日も、さういふ場面がありました。どちらも強い義務の強制はない。どちらでも自分の自由意志で選べる二者択一です。

かういふ場合、私は生来、非常に迷ふ質なのです。まづ、頭で考へがグルグル回り始める。

「こゝはやはり、責任ある大人としては、すべきではないか。しなければ、周りの評価が下がるのではないか」
といふふうに、思考が社会評価や常識から理屈を畳みかけてくる。

ところが、一方では、気持ちはあまり気が進まない。してもしなくても、大した違ひはない気がする。こちらはあまり理路整然とした理屈はないのです。

こんなふうに頭と心が対立して、なかなか結論が出ない。これまでは最終的に8割方、頭のほうに軍配が上がつてゐたのですが、今回は心がなかなかウンと言はない。

そこで、できるだけ頭の思考を静めて、しばらく待つてみたのです。

すると、ふいに、
「どちらでもいゝよ」
といふ思ひが響いてくる。

「どちらでもいゝつて、どういふことだ?」
と、思ひがけない提案に、一瞬戸惑ひます。

一体誰の声だらうと考へると、どうも良心の声かもしれない。いかにも良心らしい答へのやうな気がします。

良心は「こちらにせよ」とは、決して決めつけない。選択肢があれば、どちらを選ぶかをオープンにするのが良心の性質だと思はれます。

「どちらでもいゝ」といふのは、文字通りの意味です。

たとへば、AとBの2つの選択肢があるとします。社会常識から言つても、道徳からみても、Aのほうが適切さうに見えたとしても、良心はそれを一方的に勧めない。

Aを選択すれば、「結果A」が出る。Bを選択すれば、「結果B」が出る。2つの結果に優劣はないのです。「結果A」が出れば「体験A」をするし、「結果B」が出れば「体験B」をする。それだけのことです。

「体験A」には喜びがあり、「体験B」には苦しみがあるとしても、私の選択が私自身の唯一の人生を創り出すといふ事実は同じです。「体験A」には「学びA(喜び)」が伴ひ、「体験B」には「学びB(苦しみ)」が伴ふ。同時に二つの学びをすることができないのなら、どちらを選んでも、一つづつ学んでいくといふプロセスに狂ひはないでせう。

さういふふうに自分の中で整理できると、
「より良いほうをえらぶべきだ」
といふ強迫観念が和らぎ、選択に対する焦りと懸念が減つていくのを感じました。

結局、今回私は「する」といふ選択をしました。そのほうが、心が落ち着くやうな気がしたのです。その結果、私は「する結果」を得、「する学び」をしたと感じます。

もし「しない」といふ選択をしたなら、「しない結果」を得、「しない学び」をしたでせう。その選択でもよかつたのです。

それにしても、今回の最も大きな学びは、
「どちらでもいゝよ」
といふ声そのものでした。

これが良心の声だとするなら、ひいては神の声と言つていゝでせう。神はさういふ「真の自由」を尊ぶ。

ただ、「真の自由」を尊ぶのは神の「思想」ではなく、神の「ありやう」と言つたほうがいゝでせう。神は「真の自由」を考へ(志向す)るかたではなく、「真の自由」をそのまゝ生きておられる存在なのです。だから、誰に対しても「これを選べ」とは決して強制されない。

つまり、神は決めない。選択肢を人間に示し、その選択権を完全に人間に委ねる。

そして、
「あなたが何を選択しやうと、その結果はあなた自身の責任として、そこから学び、あなたの人生を創造しなさい」
と言つておられるやうです。

思ひ返せば、『神との対話』の中で、神は、
「(モーセの)十戒などといふものはない。神の言葉は戒律ではなく、約束である」
と語つてゐます。


さらに遡れば、創世記に記された
「善悪の果実だけは取つて食べるな」
といふ戒めも、実はなかつたと思はれます。

神は二つの選択肢を置いて、一方だけの道を塞ぐやうなことをされないでせう。選択権は完全に人間に委ねる。人間は良心の声に耳を傾け、完全にオープンになつた場で、自分の「真の自由意志」を働かせねばならない。

もし神が人間始祖に語つた言葉があるとするなら、
「どちらでもいゝよ」
といふ一言ではなかつたか。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



kitasendo
Admin:kitasendo