FC2ブログ

元教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長を辞しても思索する日々

TOP >  生活日記 >  父はいかにして娘に共感するか

父はいかにして娘に共感するか

tennis

先日の記事「母はいかにして息子に共感するか」では、テニス部を辞めたいという男の子と母親との会話を取り上げました。
母親が息子の悩みを共感的に聞いてやることによって、最後には息子自身が解説の糸口を見つけるという筋書きでした。

ところが今日は、私の娘から似たような(しかし立場は反対の)シチュエーションの悩みを相談され、どう受け答えたものか、ちょっと困った体験をしました。

中学に入ってソフトテニスを始めた娘は、今年2年生になり、3年生が抜けたあと部長になって頑張っています。
小学校の頃まではあまり人の前に立ちたがる子ではなかったのに、だんだんと変わってきたようです。
しかし部長になればなったで、苦労もあるものです。

同級生部員の中に1人、かなり上達の悪い子がいて、本人も周囲もやりにくく、その子がしばらく前からテニス部をもう辞めたいと言っている。
それが目下のところ、娘にとって最大の悩みのようで、今夜も買い物がてらドライブをする間中、その問題の詳細を娘から聞きました。

娘としては周りから圧力をかけて辞めさせたくはない。
かと言って、あまりに下手なので、ペアを組む子が皆嫌がる。
本人は一生懸命のところもあるが、人のアドバイスに耳を貸さない態度も気になる。
顧問の先生も、1年生の内こそ何とかしようと指導していたものの、最近は諦め気味に見える。

中学というのは全員何かの部活動に携わるというのが原則になっています。
ところが、部の数がそれほど多いわけではありませんから、誰もが皆自分に最も合った部に入れるということは現実的にあり得ないでしょう。

一旦入部した部活動が自分に合わないからと言って、途中で替われば、そこでもまた元からいるメンバーに伍していくのは並大抵ではありません。
そのように考えると、途中で替わることは難しいし、勇気のいることです。

それで思い余った娘も何度か、
「どうしたらいいかなあ?」
と聞いてくるのですが、私にもなかなか妙案が浮かばないのです。

こんなとき、読者の皆さんなら、どんなアドバイスをしてやるでしょうか?
「共感的な聞き方」だけでは、やや足りないような気もします。

よろしければ1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

【お勧め記事】
風に揺れるものたち
関連記事
スポンサーサイト



* by ドラミちゃん
大人の人間関係の問題くらい真剣に考えておられる娘さんに、人を大事にする思いが伝わってきます。
その子、本人が辞めたいと思う理由は何でしょうか・・・。
「どうして辞めたいと思うの?」と問いかけて、聞いて共感し、「私達にできることはない?」などと・・、テニス部員としてやってきた気持ちが表出されると、どの方向になっても、気持ちの整理がされるのでは、と思います。この会話をもちかける場面設定も大切でしょうが。
よくある事例ですが、上手くなって勝ちたい、と努力するほど、本当に難しい問題ですね。

* by ten1ko2
いつも参考にさせていただいております。

今回の件ですが、やはりまずは話し会うことが大事かと思います。
顧問と部長(娘さん)と部員(当事者)の3人で話すか、部長と部員だけで話すか。
そこで共感的な聞き方をして、前向きに出来ればいいのですが。。。

やはり、1年以上続けても上達しないと、辞めたくなるのは仕方がないことかと思います。
よほどの目標や根性がないと難しいような気がします。
人は素質というものがあるので、同じ練習をしても、上達する人と実らない人が出てくるものです。
逆に言えば、彼女のような人ほど、最後までやり続けるのは価値があることかも知れません。
ですから、ある期間を決めて、部長が居残り練習を一緒にするとか、顧問にもう一度基礎から指導していただくとか。

アドバイスになるかどうか・・・。

管理人のみ閲覧できます * by -

コメント






管理者にだけ表示を許可

大人の人間関係の問題くらい真剣に考えておられる娘さんに、人を大事にする思いが伝わってきます。
その子、本人が辞めたいと思う理由は何でしょうか・・・。
「どうして辞めたいと思うの?」と問いかけて、聞いて共感し、「私達にできることはない?」などと・・、テニス部員としてやってきた気持ちが表出されると、どの方向になっても、気持ちの整理がされるのでは、と思います。この会話をもちかける場面設定も大切でしょうが。
よくある事例ですが、上手くなって勝ちたい、と努力するほど、本当に難しい問題ですね。
2010-07-30 * ドラミちゃん [ 編集 ]

いつも参考にさせていただいております。

今回の件ですが、やはりまずは話し会うことが大事かと思います。
顧問と部長(娘さん)と部員(当事者)の3人で話すか、部長と部員だけで話すか。
そこで共感的な聞き方をして、前向きに出来ればいいのですが。。。

やはり、1年以上続けても上達しないと、辞めたくなるのは仕方がないことかと思います。
よほどの目標や根性がないと難しいような気がします。
人は素質というものがあるので、同じ練習をしても、上達する人と実らない人が出てくるものです。
逆に言えば、彼女のような人ほど、最後までやり続けるのは価値があることかも知れません。
ですから、ある期間を決めて、部長が居残り練習を一緒にするとか、顧問にもう一度基礎から指導していただくとか。

アドバイスになるかどうか・・・。
2010-07-30 * ten1ko2 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-07-31 * - [ 編集 ]