fc2ブログ
line-height:1.2;

アベルは息、カインは鍛冶屋

kitasendo
アベルは息

聖書の「創世記」に、アダムの2人の息子、カインとアベルが神に供へ物をしたといふ物語が描かれてゐます。

弟のアベルは家畜を飼ふ者で、羊を捧げた。一方、兄のカインは土を耕す者で、地の産物を捧げた。

ところが神はアベルのものは顧みられたのに、カインのものは無視された。そこでカインは大いに憤り、遂にはアベルを殺害した。さういふ人類最初の殺人事件とも言ふべき物語です。

聖書の記述では、この2人がなぜ神に供へ物をしたのか、その動機が明らかではない。また、供へた順序はカインの方が先だつたやうに読めます。

この簡単な記述では事の成り行きが正確に分からないので、想像をしてみます。

2人の名前の由来をみると、カインはヘブライ語で「鍛冶屋(鋳造者)」を意味し、アベルは「息(霊、命)」を意味する。彼らを1人の人に見立てれば、アベルは内面(心)、カインは外面(体)に該当するやうにも見えます。

アベル(心)の中には、生来、神に向かふ思ひがあり、
「何をしたら、神を喜ばせられるか」
と、いつも考へてゐた。

羊を飼ふやうになり、それがだんだん増えて、肉づきのよいものが出てくると、
「これだ!」
とアベルは思つた。

丹精込めて育てた羊の中から最もよいものを選んで捧げることで、神が喜んでくださるのでないかと考へたのです。そして、その思ひのまゝに捧げてみると、その後羊はますますよく繁殖するやうになつた。

これが聖書の「神はアベルのものを顧みられた」といふことです。

カインはその様子を見て思ふ。

「神に捧げるとあのやうに自分の財産が増える。私には羊はゐないが、収穫した作物を捧げたらどうだらう。来年はもつと豊かに実るかもしれない」

さうして、カインも捧げてみた。ところが、その後もさして収穫が増えるやうには見えない。

これが聖書の「神はカインのものを顧みられなかつた」といふことです。

このストーリーでは、供へ物の順序はアベルが先で、それを見てカインがあとから捧げてゐます。体を象徴するカインには捧げものに「打算」が含まれてゐた。

「打算」といふのは、
「かうすれば、あゝなる」
といふ理性の計算です。

カインとアベルを人間として2つのタイプと見ることもできます。しかし1人の人間として2つの側面と見ることもできるでせう。

1つの側面は、
「何も考へず、ただ息をするやうに自分の心の欲するまゝに行ふ」
無意識の側面。

もう1つの側面は、
「かうすれば、あゝなると、理性で考へて行ふ」
意識の側面です。

理性の考へ、特に打算をふくんだものは、神に無視される。

神が無視する理由は、
「打算では、あなたは成長しない」
といふことを教へるためです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



河崎

こうすれば、ああなる

養老孟司先生のこの言葉の意味がしばらくわかりませんでした。最近になって、自分の思考にそれがあり、自分のストレスになってるのに気がついたのです。私は予測して生きる人間でした。この様な人間は今この瞬間を生きれないと実感しています。

2022年09月22日 (Thu) 23:24
kitasendo
kitasendo

Re: こうすれば、ああなる

私も典型的にそういうタイプの人間ですね。原理もある意味では「かうすれば、あゝなる」性格が強いですね。

2022年09月24日 (Sat) 12:50
kitasendo
Admin:kitasendo