fc2ブログ
line-height:1.2;

内の世界のニュース

kitasendo
ニュース

もう、私たちが誰かの言葉を聞く時は過ぎ去りました。どんな真理よりも、千万倍素晴らしい師の言葉よりも、私の心の声を聞き、聞いてもまた聞きたくて、その心を求めていくべきです。そうすれば、私も分からない無限大の何かが出てきます。それが創造の内容です。


過去にも何度か引用したことのある、文鮮明総裁のみ言葉です。いつ頃語られたものかは分明ではありません。

私を中心として、2つの世界があります。一つは、私の外の世界。そしてもう一つは、私の内の世界です。

私の外には広大な世界が広がつてゐる(やうに見えます)。朝起きてテレビをつければ、世界のニュースが際限なく流れてきます。スマホには夜の間にも溜まつた通知がいくつもあつて、ポップアップで知らせてくれます。これを「外の世界のニュース」と呼んでおきます。

一方、朝目が覚めて何のデバイスもオンにせず、しばらくぢつとしてゐると、「内の世界のニュース」が聞こえてきます。徐々に眠りから覚めていく中で、夢の続きのやうな気分があり、自分で思ふとはなしに、これもまたとめどなくニュースが流れ出てくるのです。

外の世界と内の世界と、どちらのニュースが多いだらう。一見すると、外の世界がよほど多いやうにも思はれますが、案外さうではないかも知れない。

文総裁が言はれるやうに、
私も分からない無限大の何か
が、私の中にはあるやうな気もします。

今朝、我知らず内からのニュースを待つてゐると、思ひ出されることがある。先日読んだ養老孟司先生の一文です。

東大医学部の口述入試のとき、こんな問題を出した。

2つの頭蓋骨を目の前に並べて、
「この2つの違ひを述べてみなさい」
といふものです。

すると1人の受験生はしばらくぢつと考へたのち、
「大きさが違ひます」
と答へた。

これを聞いて、養老先生は驚いた。

もちろん、この答へが間違ひだといふわけではない。しかし、まるで幼稚園生が答へさうな答へではないか。偏差値が日本で最高水準の学生の答へがこれなのかと、暗澹たる思ひになつた。

ところが、これが今朝のニュースになつたのは、日本の教育を云々するためではない。

あなたにも、違ひが分かりますか
と尋ねられてゐるやうな気がしたのです。

例へば、
「昨日のあなたと今日のあなたとで、どこがどんなふうに違ひますか」
と訊かれたら、どう答へるか。

かういふニュースはなかなか外の世界からは流れてこない。テレビをつけて外の世界のニュースが流れ始めたら、あつといふ間に内の世界のニュースは聞こえなくなるのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

なるほど、池田晶子

関連記事
スポンサーサイト



kitasendo
Admin:kitasendo