fc2ブログ
line-height:1.2;

できない自分

kitasendo
20200820 

認知症をつくっているのは誰なのか』の一方の対談者である村瀬孝生さんが、こんな体験談を語つてゐます。

ある日、認知症のおじいさんの家を訪ねたとき、玄関を入らうとしたところ、水浸しになつてゐる。息子さんが出てきて、
「ああ、村瀬さん、気をつけてね。水、ちょつとまいたから」
と言ふ。

「何か、あつたんですか」
と訊くと、
「いや、お父さんがここにウンコしちゃつたから」
といふ答へ。

かういふ家族は介護が長続きすると、村瀬さんは言ふ。

反対に、訪ねた途端、
「ちょつと聞いてください。ここでウンコされたんです」
と言ひ出す家庭では、介護に行き詰る可能性が高い。

高齢になつた父が認知症で、場所をわきまえずに漏らしてしまつたといふ事実はどちらも同じ。しかしその捉へ方が違つてゐるのです。

前者は「父は父」と考へてゐる。若くてしつかりしてゐたときもお父さん、認知症になつた今も変わらずお父さん。ただ、その父が訪問客に迷惑をかけるから、靴が濡れないやうにと気遣つてゐるのです。

それに対して後者は、「認知症の父」と考へてゐる。「認知症」といふ病気のフィルターを通してお父さんを見てゐるのです。今の父は、もはや「平常な父」ではない。

これを読んで、私はどつちだらうと考へる。

先日我が家でも、玄関ではなく、寝室の畳の上にウンコを母が漏らしたことがあります。かなりの量で、気がついたときには部屋中に臭ひが充満してゐる。全部拭き取るのに1時間くらゐかかりました。

拭き取りながら、
「今後も、かういふことはまたあり得るな。どう対策するか」
と、いろいろ考へを巡らせました。

数日後、知り合いが来たとき、ウンコの話をした。
「認知症だから、まあ、いろんなことがあるよね」
といふやうな話になる。

「認知症の母」といふフィルターは、私の中にもあると思ふ。しかし「母は母」とも思つてゐるやうな気がします。

同書を読むと、脳の病気による認知症は全体のせいぜい1~2割ではないかといふ。ほとんどは老化による自然的な機能低下と言つていい。

昔なら「ぼけ」と言つて対応してゐた。2004年に厚労省がキャンペーンを張つて、かういふ現象を一括りに「認知症」といふ病気にしてしまつた。

人の一生を大雑把に見れば、「できない自分」として生まれる。成長するにつれて、だんだんと「できる自分」になり、ピークを越えるとまた「できない自分」に戻つていき、遂に死を迎へる。これは生き物の人間として、実に自然な成り行きです。

人生の終盤、「できない自分」に戻っていく過程は、まず、歩ける距離が少しづつ短くなり、ベッドや布団で過ごす時間が長くなる。次に、食事量が減つていき、昼間でも寝てゐる時間のほうが長くなつていく。赤ん坊が大きくなるのとは、反対の道筋をたどるのです。

私の母を見てゐても、
「素直で、かわいい、子どものやうだな」
と思ふことがしばしばあります。

「できない自分」に戻つていくのが自然な成り行きなら、それはその人のその年齢での自然な姿でせう。それを「認知症」と言つてしまふと、自然な姿ではなく「病気」だといふことになる。病気なら治すやうに努力しようといふことになつて、予防だとか脳トレだとか、いろいろな格闘が始まるのです。

その人のその年齢での自然な姿を見れば、「父は父」であり、「母は母」であるに過ぎない。「できない自分」に戻つてゐるとしても、「今の母が、私の母」なのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村



kindle unlimited会員の方なら無料で、会員でない方は有料になりますが、ダウンロードしてすぐにお読みいただけます。

関連記事
スポンサーサイト



kitasendo
Admin:kitasendo