FC2ブログ

元教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長を辞しても思索する日々

TOP >  生活日記 >  山の中のイタリアンレストラン

山の中のイタリアンレストラン

20200211 

10日ほど前に息子からラインが届いて
「お父さんが死んだ夢を見た」
と気にかけてゐる様子だつたので、
「心配いらない。それは古いお父さんが死んで、新しいお父さんが生まれるといふことに違ひない」
と返事を送つたのです。

さうしたら今日、娘のおごりで山の中のイタリアンレストランまで行く車の中で、
「昨日ね、お父さんが死ぬ夢を見たのよ」
と言ふ。

尤も、本当は死んでゐたのではない。
周りの人が死んだ死んだといふから急いで行くと、布団が掛けられてゐる。
ところがその布団をはがしてみると、生きてゐたと言ふのです。

一人ならず二人までも子どもたちがお父さんが死ぬ夢を見たと言ふので、これは珍しいし、嬉しいことだと思つた。
娘の話を聞いて、息子に送つた返事は間違つてゐなかつたことも分かつた。

実は今日、これまでの仕事を退職して、第二の人生に乗り出した初日でした。
娘のおごりはそのお祝ひです。

娘が連れて行つてくれたイタリアンレストランは夫婦で切り盛りするこぢんまりした店だが、美味しかつた。
今日は春の匂ひがし始めるやうな暖かい日で、観光地でもあるこの町のレストランの窓際に座ると、ガラスの向こうの格子越しに通りを歩く観光客が見える。

窓際には水槽が置いてあつて、何だか名前は知らないが地味な色の小魚が30匹くらゐ泳いでゐる。
ポンプから結構強い勢ひで水が出てゐるために、魚たちがその流れに沿つて並んで泳いでゐる。
その姿が、小さなレストランには気が利いてゐるなと思ひながら眺めた。

さて古い自分が死んだ私はこれから、どんなふうに再出発をするか。
このブログを書き続けてきた10年間は今になつて考へてみると、再出発のための滑走期間だつたやうな気もしてくるのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



No Subject * by てんば
お誕生日、おめでとうございます。

てんばさん * by 教育部長
こんなふうなお祝ひをいただけるとは思つてもみませんでした。
有り難うございます。

No Subject * by コスタ
 そうなんですか。お次はどのような立場で歩まれるのですか? ブログの内容は他のブログとは一味も二味も違っていました。元教育部長さんの内面がよく現れていたと思います。
 これからもよろしくお願いします。

コメント






管理者にだけ表示を許可

No Subject

お誕生日、おめでとうございます。
2020-02-12 * てんば [ 編集 ]

てんばさん

こんなふうなお祝ひをいただけるとは思つてもみませんでした。
有り難うございます。
2020-02-12 * 教育部長 [ 編集 ]

No Subject

 そうなんですか。お次はどのような立場で歩まれるのですか? ブログの内容は他のブログとは一味も二味も違っていました。元教育部長さんの内面がよく現れていたと思います。
 これからもよろしくお願いします。
2020-02-13 * コスタ [ 編集 ]