FC2ブログ
元教育部長の講義日記

「なるほどなあ」のノート

2020/02/10
言葉の力 0
20200210 

昨年来、youtubeやその他のネットメディアを毎日渉猟しながら、出来るだけ1日1つのコンテンツを要約してノートに残すやうにしてゐます。

「面白いな」
と思つても、それだけだと漠然と分かつたやうな気になるだけで、その記憶は着実にフェードアウトしていきます。

ノートに残して時々読み返すと、
「なるほどなあ」
と改めて感心したり、最初には気づかなかつたことに気づいてラインマーカーを引いたりする。

ノートの中からいくつかの「なるほどなあ」を抄録してみようと思ひます。

体は…食べたもので作られる
心は…聞いた言葉で作られる
未来は…話した言葉で作られる

良い言葉を聞けば心は作られるが、話さないと未来は作られない。
どんな言葉を話すか。
それを決めて実践することが未来を作ること。

「お前はダメだ」
と言われても(一度聞いても)
「私はできる」
と自分で言へばその言葉を聞くと話すで2倍(一度聞いて一度話す)になる。
(youtube講演家:鴨頭嘉人)


スポーツ選手の現役時代はあまりに短い。
職人の技術は年とともに熟練して向上するのに、スポーツ選手は長くても40代には選手生命を終へる。
プロ野球でも筋トレしてペナントレースに臨むと本番で怪我がよく出る。
なぜだらう。
西洋のスポーツは何かが間違ってゐるのではないか。

人間は垂直歩行するので脊椎が垂直になってゐるが、それはまっすぐな棒ではなく、S字型になつてゐる。
だから脊椎は軸になれない。
棒ではないものに棒になれといふのが現代のスポーツ。
棒でないものを棒にするために周りの筋肉で固める。
その筋肉が弱って来ると、棒を固定できずスポーツ寿命が終わるしかない。
(武田鉄矢「今朝の三枚おろし」)


我知らず、固定観念のフィルタを通した曇つた世界を見てゐます。
長い道のりだとしても、思ひ込みや囚はれがなくなつて、日に日に許していき、神様の創造したものはあるがままですばらしいのだ、変へようとしなくて大丈夫と感じていくことです。

嫌な気持ちに気づいて、自分の見つめ方が間違つてゐる、といふことを認めなければならないと思ひます。
嫌な気持ちが、自分の教師です。
嫌な気持ちは、自分に手放すべき固定観念があることを教へてくれてゐます。
(自己牧会プログラム)


私たちは過去の思ひや、感情、ことば、行ひから成り立つ存在であり、
過去のあらゆる経験の集合体であるといふ事実を受け入れた時、
またその様な過去の記憶庫に左右され、自分の人生や
選択の持つ色合ひや陰影が決まつてゐる事実を
受け入れた時に初めて、
道を正し浄化すれば、人生、家族、社会を変へられることに
目を向け始めるのです。
(ハワイの人間州宝:モーナ・ナラクマ・シメオナ女史


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
kitasendo
Admin: kitasendo

ランキングに参加しています
1日1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
言葉の力