FC2ブログ
まるくまーる(旧・教育部長の講義日記)

人生の投資報酬バランス

2019/12/02
生活日記 0
20191202 

オンラインゲームの開発に20年近く携はつた後リタイアし、今はフィリピンで普通の仕事をしてゐる男性が、ゲーム理論について展開する持論が面白い。

ゲーム理論には数学や心理学などを駆使した難しい話もあるが、彼は
「そんなのはみんな嘘です」
と言ふ。

「ゲーム理論の肝は、投資と報酬のバランスなんです」

私自身はオンラインゲームをまつたくやらないから信じるしかないが、その理論は人生全般にも応用できるので、妥当性がありさうに思はれます。

投資といふのはゲームにおいてはリスクと言つてもいい。
例へば貴重な鎧や楯(報酬)を手に入れるためにはリスクを冒す必要がある。

ところが、多大なリスクを冒したのに狙ふ鎧がどうしてもゲットできない、あるいはちゃちな楯しかゲットできないとすれば、それ以上ゲームを続ける意欲を失ふ。

投資 ≫ 報酬


反対に、わずかなリスクしか冒してゐないのに予想外の鎧が次々に転がり込んでくるなら、そんなゲームは馬鹿らしくなる。
やはりゲームへの興味を失ひます。

投資 ≪ 報酬


これらはどちらも投資と報酬とのバランスが著しく狂つてゐるために、ゲームとしては面白くない。
ゲーム開発者としてはこのバランスを絶妙に調整してこそ人気の出るゲームを作れるといふわけです。

このゲーム理論、実は彼自身の人生体験がそのまま実証してゐます。

彼は自社株の売り買ひで、素人ながら大儲けをして、5年で11億円を手にする。
その金を手に彼はリタイヤし、続く3年で11億すべてを失ふ。

失つてみて彼が悟つたのは、
「5年で11億はバランスが取れてゐなかつた」
といふことです。

5年間で投資したエネルギー ≪ 報酬11億円


5年でせいぜい2億くらいなら、まだよかつたかも知れない。
あまりに簡単に大金が手に入つたために、その大金への価値感覚が麻痺してしまつた。
金銭感覚が狂ひ、馬鹿げたことに湯水のやうに使つていつたのです。

彼のゲーム理論を人生に当てはめれば、努力や苦労といふ投資と金銭や家族といふ報酬との間に適切なバランスがあつてこそ、人生に幸福感・充実感を持つことができる。
さういふ見方ができます。

苦労に苦労を重ねても不遇が続き成功もしないとなれば、人生に意欲を失ひ、
「生まれてきた甲斐がない」
と悲嘆するでせう。

反対に、さほど苦労した気がしないのに仕事は成功し、素晴らしい伴侶に出会い、子どもたちはみな優秀で親孝行となれば、その幸福に喜びを感じるでせうか。

結婚をして夫婦が愛し合ふには投資が必要です。
これ以上はできないといふくらゐの投入をし犠牲を払つて夫婦の絆を深めてこそ、その夫婦愛は甘味なものに感じられる。

子どももなかなか思ふやうには育たない。
それでも子どもの本性を信じて投入しながら時を待てば、子どももいつか悟るときがくる。

投資は必ずそれに見合ふ報酬をもたらしてくれる。
それが神様の創造理論と思ひます。

元オンラインゲーム開発者の動画を一つ貼っておきます。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.