fc2ブログ
line-height:1.2;

共通点は「ゼロ」

kitasendo
ゼロポイントフィールド

量子論が導き出す世界観を教えてくれる『フィールド 響きあう生命・意識・宇宙』が提示する最も主要なキーワードは「ゼロ・ポイント・フィールド」。
これは、量子真空のことを示しています。このフィールドには、個別的な存在物は何一つありませんが、あらゆるものがここから生成されていきます。
そういう空間を「ゼロ」と呼ぶわけです。

ハワイに伝わる問題解決の秘儀「ホ・オポノポノ」によれば、今の私たちが怒り、悲しみ、恨みながら問題の泥沼にはまり込んでいくのは、広大な潜在意識の中にあるマイナスの記憶に原因がある。
それで、過去のマイナスの記憶を消去して「ゼロ」に還っていけば、神様からのインスピレーションが自由にやってくるようになると言います。

お釈迦様の教え「般若心経」の中にある「空即是色」の「空」も、量子真空の概念にとても近いもののような気がします。
そして、お釈迦様の教えも結局、
「執着をなくしてゼロになれ」
ということだったのではないでしょうか。

統一原理を解明された文鮮明先生に、ある時、弟子の方が質問したそうです。
「先生はどのようにして、この原理を解明されたのですか?」
すると、文先生の答えは次のようだったそうです。
「自分をまったくなくした無の状態になると、自然に宇宙の真理が明らかになってくるのだ」

この4つの話に共通するのは、「ゼロ」ということです。
このゼロという場所には、何もないのではなく、反対にすべてのものの根源が詰まっている。
「ゼロとはすなわち無限」とも言えるでしょう。

私たちの人生に、「ゼロ」はどのように必要なのでしょうか?
私たちの心の中には、我欲、好き嫌い、妬み、嫉妬、こだわり、など実にさまざまなものが詰まっています。
これらはちょうど水道のパイプに詰まったゴミのようなものでしょう。
このゴミを取り除かなければ、水は十分に流れません。
つまり、神様や宇宙からのメッセージを良く受け取るためには、私たちの心の中のさまざまな自分なりの思いを消去して、ゼロにならなければならないということです。

私たちの欲には、性欲、睡眠欲、食欲、名誉欲、権力欲、所有欲などさまざまなものがあります。
今の日本社会では、日々、メディアを通して新製品の情報が流され、私たちの物欲、所有欲を間断なく刺激されます。
それに囚われてしまえば、私たちは「もの」に支配され、物欲の虜になります。

ゼロになるとは、ものを一切所有しないということではないでしょう。
私の心をゼロの状態にすることによって初めて、ものに振り回されず、逆にものを良く主管(愛して管理)することができるようになるのではないかと、私は思うのです。

もっとも、このゼロになるということが、極めて難しいのですが・・・

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
1日1クリック
関連記事
スポンサーサイト



kitasendo
Admin:kitasendo