FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP >  説教日記 >  無に戻りなさい

無に戻りなさい

20180924

去る8月28日、突然お母様が発せられた大号令による特別3日修錬がこの9月21日から始まり、昨日23日がその最終日。

ちょうどその日に、久しぶりに礼拝の説教を任せられたので、
「無に戻りなさい」
というタイトルで話しました。

8月28日にお話しされた
「過去の実績、現在の地位や権限、積んできた経験や知識などをすべて降ろして『無』になった位置から、心と体が一つになった姿で歩む努力をしなさい」
というみ言葉からもらったタイトルです。

タイトルをつけるのは簡単でも、「無」になることも、心身の統一もこの上なく難しい。
古来、多くの修行者たちは心身の統一を求めて出家をし、限りなく苦行を積んだりしたのですが、容易には到達できない境地です。
3日はおろか、40日の修錬であっても、不可能ではないかと思われます。

すると、3日修錬のために選別されたみ言葉集の中に、こういうみ言葉があるのを見つけたのです。

本当に100%感謝するとき、心と体が統一されます。そして、皆さんの周辺が幸せになります。

心身統一の方法が、きわめて簡潔に、しかもこれまでとはコンセプトのまったく違うアプローチが示唆されています。
「100%感謝の生活をすればいい」
というのです。

お母様のお話を聞いていると、「感謝」という言葉が頻繁に出てきます。
このように言われたみ言葉もあります。

神霊と真理によって常に目を覚まして祈り、万事に感謝する生活をすれば、天の父母様の声を聴くようになり、戦慄が走るように感じるでしょう。

実感がこもっているように感じられるみ言葉です。

「100%感謝」も「万事に感謝」も全く同じ意味で、感謝すべきことに例外はないということです。
感謝は感謝でも、並みの感謝ではない。
昔のような苦行ではないにせよ、この感謝もレベルがとても高い。

ご父母様といえども、努力なくしてそれができたのではないでしょう。
お父様の次のような祈祷文が残っています。

私たちは感謝して
生活することしかありません。

一人の男性の前に結ばれた妻が
不足だとしても、
生涯を通して奉仕できる
その何かがあるので、
その妻を下さったことに
感謝しなければならず、

あるいは子どもが私に
十字架の一生をくれても、
そうすることのできる立場を
準備してくださったことに
感謝しなければならず、

環境が私に
生涯を支えられない
絶望のどん底に追い込んだとしても、
それをいかなる条件を立ててでも
感謝の因縁として残して倒れよう、
と言える息子となるよう
お許しくださいますことを
切にお願い申し上げます。
(真のお父様の祈祷 1970年3月14日)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

【お勧め記事】
関連記事
スポンサーサイト
感謝の境界線 * by はちみつ
「私たちは感謝して
生活することしかありません。」

不平不満を並べても事態は変わらない。それよりはどんな環境でも「幸せ」を感じていく人生の方が発展すると思います。

しかし、私はこの言葉に疑問を持ちます。
①「不平を感じちゃいけない、感謝しなくちゃ」と自分を抑え自分の感情に蓋をしていては、自分の気持ちがわからない人間になってしまいます。
カインとして「不平を言ってはいけない、そんな思いを抱くのも罪」だと教えられ、そのように生きて来ました。結果、疲れ果ててしまいました。我慢をし過ぎて、心が折れたのです。
私は「感謝、感謝」と言って自分の心を麻痺させるより、素直に自分の感情と向き合う方が健全であり、神様をそれを望んでいると思います。
自分の感情がわかると、危険や誘惑から身を守れます。
私達はロボットではないのですから。


②ちょっと極端ですが、自分の子供を殺害された、或いは強姦された。
こういう事態ではどうなのでしょうか? これらも「感謝」ですか?
『罪を憎んで人を恨まず』でいいのではないかと思いますが。

コメント






管理者にだけ表示を許可

感謝の境界線

「私たちは感謝して
生活することしかありません。」

不平不満を並べても事態は変わらない。それよりはどんな環境でも「幸せ」を感じていく人生の方が発展すると思います。

しかし、私はこの言葉に疑問を持ちます。
①「不平を感じちゃいけない、感謝しなくちゃ」と自分を抑え自分の感情に蓋をしていては、自分の気持ちがわからない人間になってしまいます。
カインとして「不平を言ってはいけない、そんな思いを抱くのも罪」だと教えられ、そのように生きて来ました。結果、疲れ果ててしまいました。我慢をし過ぎて、心が折れたのです。
私は「感謝、感謝」と言って自分の心を麻痺させるより、素直に自分の感情と向き合う方が健全であり、神様をそれを望んでいると思います。
自分の感情がわかると、危険や誘惑から身を守れます。
私達はロボットではないのですから。


②ちょっと極端ですが、自分の子供を殺害された、或いは強姦された。
こういう事態ではどうなのでしょうか? これらも「感謝」ですか?
『罪を憎んで人を恨まず』でいいのではないかと思いますが。
2018-09-25 * はちみつ [ 編集 ]