fc2ブログ
line-height:1.2;

健康な総務部長

kitasendo
20170610 

先日行われた全国総務部長研修。
私はネットで参加し、最初のプレゼンだけ視聴しました。
この研修の概要説明というタイトルだったので、総務部長の研修だし、事務的なことだろうと思っていたのに、まるで新規講演会にでも参加したような感じで、大いに楽しみました。

「まるで新規講演会みたい」
とは言っても、単に何か生活上ためになるというような趣旨ではなく、
「総務という役割を原理的に見つめ直してみると、どういう意義があるか」
ということを考えさせられる。
本部のプレゼンとしてはちょっと毛色が変わっているが、出色。
面白く、印象に残ったのです。

今時総務の仕事というと、椅子に座り、ほとんどパソコンと向き合い、名簿やらスケジュールやらを整理したり報告したり、相当の量があって、頭が痛くなることもしばしば。
よほど意識しないと、目にも腰にも悪い業務です。

プレゼンの中では、
よく流れる
ということが重要なフレーズでした。

体の中を血液や気がよく流れれば、健康になり、自然治癒力も上がる。
それと同じように、教会の中でも流れが良ければ、教会が健康になり、「自然解決力」が高まるのではないか。

「健康な教会」
というスローガンは掲げているが、
「健康な総務部長」
も重要だ。

そういう指摘を聞くと、
「なるほど、そうだ」
と思います。

総務部長は健康に過ごしているか。
これを改めて考えさせられるのです。

流れが良くなるには、
① 掃除(片付け)
② 言葉
③ 食事
④ 運動
などが重要である。

プレゼンターはこれらを一つずつ、非常に具体的で分かりやすく、かつ原理的に解説してくれました。

どんな業務を担当していようと、我々は心霊的に成長しなければならないし、成長できる。
そのことを改めて再確認させてくれます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



kitasendo
Admin:kitasendo