fc2ブログ
line-height:1.2;

インドは未だ謎である

kitasendo
20161018 

前回の記事で紹介した『君あり、故に我あり』がかなり興味深いので、もう一度触れてみることにします。

著者、サティシュ・クマールが序文でこう書いています。

私はインドで生まれ育ったが、インドは私にとって未だ謎である

サンスクリットの格言に、
ソーハム
という世界観があるそうです。

訳せば、
「彼は我なり」

それをさらに翻訳して、本書のタイトル
「君あり、故に我あり」
が生まれました。

これは明らかに、西洋近代哲学の祖とも言うべきルネ・デカルトの有名な
「我思う、故に我あり」
に対置するものです。

デカルトは自己の理性のみを頼りに思惟を進めていく際に、
「我と彼」
を分け、
「精神と物質」
を分ける二元論を立てました。

これが近代西洋文化の支配的パラダイムとなったことは確かです。

その辺の経緯を
「宗教が当時のヨーロッパの支配層の植民地計画、産業企画、政治構想と手を携えて進むためには、デカルト哲学、ニュートン物理学、ダーウィン生物学、フロイト心理学を主流のキリスト教徒に押しつける必要があった」
と、クマールは簡潔にまとめてくれています。

過去、インドが大英帝国の植民地の境遇に甘んじたことは、「彼あり、故に我あり」が「我思う、故に我あり」に、政治的、経済的には敗北したことだとは言えましょう。
しかし、それで消滅してしまうほど「ソーハム」の世界観は脆弱なものでもない。
恐ろしいほどに奥深い懐を持っている。

それが
「インドの謎」
です。

この「ソーハム」の深みを端的に示してくれる一例があります。

仏陀は修行の果てに、
「相互依存の現象(因縁生起)」
に目覚めました。

太陽が昇るとき緑の芽が現れ、葉が広がり、花が蕾をつけ、果実が形作られる。
太陽とともに鳥は目覚め、太陽とともに人は目覚める。
皆、ともに目覚める。
それぞれの目覚めは他のものの目覚めによっている。
仏陀はこれに気づいたとき悟りを開き、ニルヴァーナ(涅槃)すなわち解脱の状態に達した。

しかし、そのとき仏陀はこう言ったのです。
すべての生物が悟りを開くまでは、一人だけのニルヴァーナはあり得ない

悟りへの道は、人の生の中でも最も孤独単身な道のように思われますが、その解脱の境地さえ、単独では常住できないというのです。

「我思わず、故に我と彼あり」
とでも言うべきでしょうか。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



kitasendo
Admin:kitasendo