FC2ブログ
まるくまーる(旧・教育部長の講義日記)

おばあちゃんには敵わない

2015/12/17
生活日記 0
20151217

「おばあちゃんには敵わないなあ」
と、思うことがしばしばあります。

おばあちゃんとは言っても、私の母のことです。
今年85歳。
だいぶ歳をとってきました。

もうかれこれ1年半あまり、ほぼ毎晩2人で書写行を続けています。
書写を1枚書くと、その後、み言葉を訓読します。
今は、あの大冊『天聖経』です。

読み終えると、いろいろ話し合います。
「良い言葉だねえ」
と母が言うと、
「こんなに良い言葉は、どこに行っても聞けないね。お母さん、この歳になってこんなに良い言葉を学べるとは、本当に幸せだねえ」
と私が答えます。

「そうだねえ。でもね、読んでも読んでも、すぐ忘れるんだよ」
とワンパターンの口癖が母の口から出てきます。

この母、私が教会に入って以来、25年余りにわたって一貫して反対してきたのです。
文先生の名前を聞くだけでも嫌な顔をしていました。

それがどうして、こんなに変わったのだろう。
歳のせいかも知れません。
これまで自分が一体誰に反対してきたのか、それさえも忘れたかのようです。
あるいは、霊界の父が助けてくれているのかも知れません。

いずれにせよ、有り難いことなのですが、私が母に敵わないと思うのは他のことです。

書写と訓読が終わった後、少なく見積もっても2日に1回は同じことを必ず言うのです。

「私はこの◯◯の家に嫁に来て、本当に良かった。嫁に来て以来、何十年の間、一度も諍いがなかったし、嫌な思いをしたことがなかったよ。お父ちゃんも一度だって大声を上げて怒ったことがない。本当に良い人だったね」
こう言って、
「有り難い。感謝だ」
と繰り返すのです。

いくら訓読をしたと言っても、み言葉をそんなに理解したわけではないのです。
しかし、胸の内から自然に湧いてくる感謝の心は、私を遙かに凌ぐのです。

み言葉なんかいくら読んでも、読む端から忘れてしまう母。
それでも、感謝と愛の心はしっかりとある。

「こんな母は、霊界に行ったら一直線に愛する父のもとに行くだろうな」
と信じて疑わないのです。


よろしければ1クリック!にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村
【おすすめ記事】
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.