fc2ブログ
line-height:1.2;

私には何もないんだ、だったら戦おう

kitasendo
20141114

先日の集会で韓国人の地区長が話された一つの体験談が、私にはとても印象的でした。

韓国には兵役義務があります。
地区長は特殊部隊に配属されました。
若干20歳です。

行軍訓練も、一般兵が100キロ程度なのに対して、特殊部隊は400キロ。
一旦有事の際には、誰よりも早く出動し、戦闘の最前線に立たねばなりません。

ある日、突然、

「戦争、勃発!」

の報が飛び込んできました。

詳細は分かりませんが、北が攻めてきたようだ。
これが本当なら、特殊部隊は即刻出動です。

生きて帰れる保証はない。
むしろ、死を覚悟せねばなりません。

「私は死ぬんだ」
と思いました。

と同時に、訓練した通り、俊敏な動きで出動の準備を整えました。

その瞬間、周りのことは一切意識の外に退きました。
誰もいない孤独な場で瞑想に入ったような感覚になったのです。

まず脳裏に浮かんできたのは、母親です。
母親が消えると、その次には父親。

その次は、兄弟姉妹。
親戚の人たち。
知人、友人。
一度しか会ったことのない人まで。

そんなふうに、もっとの近い人から、次第に遠い人たちへと、次から次へと、20年間に関わってきた人たちの顔が浮かんでは消えていったのです。

そして、その人達一人一人に対して悔い改めが始まりました。

「もっと、あのようにしてあげれば良かったのに。申し訳ない」

悔い改めながら、
人生で最も大切なものは人間関係だ
ということを悟りました。

それが終わると、次にどこからともなく質問がやって来ました。

お前はこの世に何を残すのか?
と問うてくるのです。

必死に考えました。

「自分の髪の毛を切って、それを誰かに託そうか」
「爪を切って、そこに『◯◯、ここに戦争で死ぬ』と書き残すか」

さまざまなアイデアが浮かんできました。
しかし結局、どんなものを残したとしても、それを一体誰が尊ぶのか、という結論に至るのです。

そのとき地区長は、若干20歳。

「私には、残せるものが何もない。人の世話になるばかりで、誇るべきものは何もない」

そう思うと、苦しくてしようがなくなりました。

「自分はこれまで一体何をしてきたのか?」
という自責の念が激しく襲ってきます。

心の中を様々な思いが嵐のように吹き荒れました。

しかし、その嵐が、すーっと過ぎ去ると、ふいに、

私には、何もないんだ。だったら、戦おう

という思いが湧いてきたのです。

戦争であるならば、訓練した通り、武器を持って戦う。
これから戦う、ということに、まったく迷いがなくなったのです。

幸いにして、この時の事態は全面戦争ではないということが明らかになりました。

しかし、この時の体験で、地区長は何か貴重な悟りを得たような気がするというのです。
一種の「臨死体験」だなと思います。

「戦う」というのは、軍隊では文字通り武器を使うことですが、人生全般の広い意味では、
「これからの人生で、何かを残す生き方をしよう」
ということです。

若干20歳の時のことです。

よろしければ1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

【おすすめ記事】
関連記事
スポンサーサイト



リテシラの友

おっ、戦争屋さんが居た

詳しい事情は全く分かりませんが、

ちょっとおじゃまします。今、まだ高1の統一信者さんが、幸福信者にコテンパに言われて、孤軍奮闘しようとしています。

請う援軍。請う参戦!

◆統一教会の信者が幸福の科学を見てみた
http://lookinghappyscience.blog.fc2.com/

2014年11月14日 (Fri) 23:14
kitasendo
Admin:kitasendo