FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP >  書写日記 >  あなたの中に神様は住んでおられますか?

あなたの中に神様は住んでおられますか?

20140911

本日のグループ書写会では、
「浄化精誠」
についての講義映像を視聴し、その後でそれについて話し合いました。

浄化精誠については、今後の記事で少し詳しく触れてみたいと思っています。
本日の集会では、長い映像を全部見る時間はなく、さわりだけを見ての話し合いでしたから、その真意を十分に理解できたとは言えなかったかも知れません。

それで、私にとっては少し想定外の感想も出てきたのですが、それはある意味で重要なポイントをついた内容にも思えたので、そのやり取りを素描してみようと思います。

浄化精誠はその手法としては、ホ・オポノポノのそれを使っています。

4つの言葉、
「ごめんなさい、ゆるしてください、ありがとう、愛しています」
がそれです。

ただ、その言葉を発する意味合いが、ホ・オポノポノとは違っています。

「あなたの中に、天の父母様(神様)は住んでおられますか? あなたの夫の中には天の父母様が住んでおられますか? まだ原理を知らない人の中にも天の父母様は住んでおられますか?」

講師のその問いかけに対して、映像の中で指名された一人の婦人は躊躇なく、
「私の夫の中には神様が住んでおられます」
と答えました。

「本当に住んでおられるなら、どのように接しなくてはなりませんか?」
と講師。

迂闊に対することはできません。
心を込めて接しなくてはなりませんし、体や態度でその心を表現しなければなりません。

しかし実際のところ、この婦人のように自他の中に臨在される神様を実感するというのは容易なことではないでしょう。
ましてや、自分自身を本当の「神の宮」として扱うことも、誰かをそのように接するのも、どれだけできているか。
心もとない限りです。

そのような自分自身をまず神様に、
ごめんなさい
と率直に謝る。

と同時に、そのような自分であってもなお、その中に住んでくださろうとなさる神様に、
ありがとうございます。愛しています
となるのです。

講師の話の中には、この他にもいくつかの重要ポイントがあるようですが、今日視聴した最初の部分で出てきたポイントは、これだったと思います。

視聴し終わった後、「どうでしたか?」と水を向けると、Aさんがこう言いました。

「原理では、夫婦が真の愛で愛し合うところに神様が降りて来られると学びました。堕落した人間それぞれの中に神様が本当に住まれるんでしょうか?」

すると、それを聞いてBさんも意見を述べました。

「私もそれと同じようなことを感じましたね。堕落性のままに生きている人の中に、神様は住みたくても住めないでしょう。真の父母様のような方には神様は住んでおられるでしょうし、教会長の中にもおられるでしょう。しかし誰の中にも神様がおられるとは思えないですね」

さて、神様は我々すべての中に住んでおられるのでしょうか、おられないのでしょうか。
重要な問題です。

続きは次回に。

よろしければ1クリック!にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

【おすすめ記事】
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可