fc2ブログ
line-height:1.2;

神様は3千年も変わらない

kitasendo
神様は変わらない 

わたしは、モーセと共にいたように、あなたと共におるであろう。わたしはあなたを見放すことも、見捨ることもしない。強く、また雄々しくあれ。あなたはこの民に、わたしが彼らに与えると、その先祖たちに誓った地を獲させなければならない。... この律法の書をあなたの口から離すことなく、昼も夜もそれを思い、そのうちにしるされていることを、ことごとく守って行わなければならない。そうするならば、あなたの道は栄え、あなたは勝利を得るであろう。
(「ヨシュア記1章5節~8節)

神様は、
「真実でありなさい。すべてのことを事実のままに行いなさい。愛で行いなさい。絶対に対価を望まない犠牲と奉仕で行いなさい。昼夜を問わずに行わなければならない。昼夜を問わず勤勉に行いなさい。そうすれば今おまえにしなさいと言ったすべてのことは私が行う」
とおっしゃられました。
(大母様のみ言葉 2013.10.10)

今朝、教会長の講義がモーセ路程の後半で、冒頭のヨシュア記が読まれるのを聞いていて、ふいに大母様のみ言葉を思い出しました。

「神様はアルパでありオメガであると言うが、本当に3000年以上前も今も、言われることがほとんど同じだなあ」
と思ったのです。

男であるヨシュアと女である大母様では、ちょっと違うところもあります。

男であるヨシュアには、
「強く、雄々しくあれ!」
と激励されました。

女である大母様には、
「愛と犠牲と奉仕で行いなさい」
と諭されました。

しかし、その指示の結論はほぼ同じです。

「言った通りにすれば、私がお前とともにいて、私がお前を通してやってやるから、お前の使命は必ず達成される」
と確約しておられます。

また、ヨシュアにも
「この律法の書をあなたの口から離すことなく、昼も夜もそれを思え」
と言われ、
大母様にも、
「昼夜を問わずに行いなさい」
と言われています。

神様の不変のキャラクターは、この辺にありそうです。

よろしければ1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

【おすすめ記事】
関連記事
スポンサーサイト



-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014年04月24日 (Thu) 11:48
kitasendo
Admin:kitasendo