fc2ブログ
line-height:1.2;

聖霊という方は、偉大だ

kitasendo
kinenkai 

私はお父様に初めて出会ったとき、蕩減復帰摂理歴史が分かりました。原理を学んだわけでもありませんが、それでもそのことが分かったのです。

そして、私は決心しました。
「お父様が再臨主として完成完結することに成功しようとすれば、私の力が絶対に必要だ。私は誰にも任せない。私自身がこれに責任を持つ! 私が生きている限り、このみ旨は発展し、成功し、サタンは退く!」

この話を聞いた皆さん。
お母様は偉大ではないですか。

皆さん祝福家庭は、私が心と体を捧げて犠牲になったがゆえに生まれてきたのです。

これは、8月24日、天正宮博物館で行われた「天一国経典 天聖経・平和経日本語版出版記念会」で真のお母様(韓鶴子総裁)が語られたメッセージの一節です。


これは、私にとって極めて驚くべき証言に思えます。

1960年に文先生とのご聖婚が準備されている頃、複数の女性信者に霊界から啓示が降り、
「あなたが主の花嫁になる」
と知らされたと聞いています。

ところが、韓総裁以外の女性が花嫁に選ばれたとすれば、どうなっていたでしょうか?
蕩減復帰摂理歴史が分かっていなければならないし、
「私自身が責任をもつ」
という人でなければなりません。

原理を聞かなくてもそのことが分かり、エバの責任をもつという人。
よくもそんな女性が準備されたものだと、驚嘆するしかない。
普通の方ではありません。

この言葉を聞くと、
聖霊という方は、実に偉大だ
と改めて思います。

その方の腹を通じて初めて、祝福家庭たちが重生されて出てくるようになったのです。
その方は、自ら心と体を捧げて、私たちのために自らの胎を差し出してくださったのです。

よろしければ1クリック!にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

【おすすめ記事】
関連記事
スポンサーサイト



-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2013年09月06日 (Fri) 22:15
西郷次郎

聖霊なら良いけど!

聖霊なら良いけど!あまり唯一の聖霊という言葉は使わない方が良いと思うが。

2013年09月08日 (Sun) 16:29
kitasendo
Admin:kitasendo