FC2ブログ

元教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長を辞しても思索する日々

TOP >  信仰講座 >  最も重要なみ言葉は何か?

最も重要なみ言葉は何か?

01boy 

「み言葉の中で最も重要なみ言葉は何か?」

本日、教区本部から講師を招いて特別集会を持ちました。
講師が講話の中で質問したのが、冒頭の内容です。
これはもともと、文先生ご自身の質問なのです。

この回答を3年前に参加した原理教室で聞いたと、講師は言いながら、
「この答えを聞いた時、どうしてこれが一番重要なみ言葉なのか分からなかった」
と告白しました。

その答えとは、
天のお父様
というみ言葉です。

祈祷をすれば、その最初に決まり文句のように口にする呼びかけの言葉です。
口にしながら、それがそんなに重要なみ言葉だとはあまり考えたことがありません。

なぜ、「二性性相」や「真の愛」「四位基台」などではなく、「天のお父様」が最も重要なみ言葉なのでしょうか。

講師もその真意がよく分からなかったのです。
それが、1年後、テレビである番組を見ていた時に、ぱっと分かったといいます。

3月11日、大地震と津波が襲った時、ある女の子がお母さんを亡くしました。
その子が、
「お母さ~ん」
と大声で絶叫する場面があったのです。

その場面を見た瞬間に分かりました。
「天のお父様。これは私が神様を親として呼ぶ、絶叫の言葉なんだ」

子どもが親を必死に呼ぶその一言。
それ以上に、親の心を揺さぶる言葉があるだろうか。
子どもが必死に父母を呼ぶ時、その父母はじっとしていることはできないでしょう。

自分の子どもが何かに溺れながら「お父さ~ん」と絶叫して助けを求める時、父母は瞬間的に我を忘れ、自分の命を擲ってでも子どもを助けるために飛び込むでしょう。

「天のお父様」
このみ言葉は、観念ではないのです。

文先生はその自叙伝の中で、
「神がなぜ私を呼ばれたのかを考えます。この世の中の無数の人の中から、よりによってなぜ私を選ばれたのか。容貌が優れているとか、人格が素晴らしいとか、信念が強いとか、そういうことではありません。私は頑固一徹で、愚直で、つまらない少年にすぎませんでした。私に取り柄があったとすれば、神を切に求める心神に向かう切ない愛がそれだったと言えます」(『平和を愛する世界人として』p.67)
と振り返っておられます。

「神を切に求める心」
これが「天のお父様」というみ言葉です。

よろしければ1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



承認待ちコメント * by -

天のお父様 * by 真理子
私は27年前食口でした
9月3日の早朝、不思議な夢を見て真のお父様の事が気になり、Yahooで検索したら、ご聖和の事実を知り驚愕して、私に自叙伝をプレゼントしてくれた今の霊の親の人に連絡を取りました

その後 お葬式の夢を見ました。 真のお父様の聖和式でした。
私は『せめて真のお父様と握手でもしたい!』と思い、夢の中で右手を伸ばしました
すると何かが、私の右手を暖かく力強く見えない両手で包み込んだのです。夢の中で本当に驚きました

それから
何かの力に突き動かされるかのように、いても立ってもいられず
一人で弔問に行きました
弔問に行った後はビデオの講義を聞きたくなり、
基元節には祝福も受けさせて頂きました


27年も離れていると、お祈りの仕方さえ忘れていました
皆さんがお祈りしている時、言葉が出て来なくて、まさに私は、「天のお父様…」しか言えませんでした

天のお父様…天のお父様…真のご父母様…

そうとだけ呟き後から後から涙が出て止まりませんでした

27年ぶりに通い始めた頃は 教会に行くだけでも、ビデオを見るたびにでも涙が溢れました

天のお父様

ただそれだけのつたない祈りを天のお父様が聞いて下さったかのようでした

天のお父様

と口にするとき、一気に万感の思いが、皆様も、胸に押し寄せると思います

何だか
その一言を言うだけで、その万感の思いが、心情が、神様に伝わるのではないかとさえ思います


だから
教育部長さんの、この記事を読ませていただき、驚きました

読ませて頂き感謝です

「いつも私のとなりに神様」さんと
「今日もいいことがある!」さんのブログとともに、
bookmarkさせて頂き、日々の自分伝導の、心情の糧として、いつも読ませて頂きます
本当にありがとうございました



Re: 天のお父様 * by 教育部長
貴重な証をありがとうございます。
基元節の素晴らしい証ですね。これからもっと天のお父様、天の父母様と呼んでいきたいと思います。

2番煎じになりますが。 * by fatherfujioka
貴重な証をありがとうございます。
また、真理子さんの証も意味深です。
きっと教会を離れてもいても、正しい生き方をしておられたので、お父様が訪ねてこられる条件があったのでしょうね。
それを考えると何十年も教会に通って、献金もしているのに大した証もない今の教会員(私も含めて)の生き方とはどうなのか、考えさせられます。

コメント






管理者にだけ表示を許可

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2013-03-30 * - [ 編集 ]

天のお父様

私は27年前食口でした
9月3日の早朝、不思議な夢を見て真のお父様の事が気になり、Yahooで検索したら、ご聖和の事実を知り驚愕して、私に自叙伝をプレゼントしてくれた今の霊の親の人に連絡を取りました

その後 お葬式の夢を見ました。 真のお父様の聖和式でした。
私は『せめて真のお父様と握手でもしたい!』と思い、夢の中で右手を伸ばしました
すると何かが、私の右手を暖かく力強く見えない両手で包み込んだのです。夢の中で本当に驚きました

それから
何かの力に突き動かされるかのように、いても立ってもいられず
一人で弔問に行きました
弔問に行った後はビデオの講義を聞きたくなり、
基元節には祝福も受けさせて頂きました


27年も離れていると、お祈りの仕方さえ忘れていました
皆さんがお祈りしている時、言葉が出て来なくて、まさに私は、「天のお父様…」しか言えませんでした

天のお父様…天のお父様…真のご父母様…

そうとだけ呟き後から後から涙が出て止まりませんでした

27年ぶりに通い始めた頃は 教会に行くだけでも、ビデオを見るたびにでも涙が溢れました

天のお父様

ただそれだけのつたない祈りを天のお父様が聞いて下さったかのようでした

天のお父様

と口にするとき、一気に万感の思いが、皆様も、胸に押し寄せると思います

何だか
その一言を言うだけで、その万感の思いが、心情が、神様に伝わるのではないかとさえ思います


だから
教育部長さんの、この記事を読ませていただき、驚きました

読ませて頂き感謝です

「いつも私のとなりに神様」さんと
「今日もいいことがある!」さんのブログとともに、
bookmarkさせて頂き、日々の自分伝導の、心情の糧として、いつも読ませて頂きます
本当にありがとうございました


2013-03-30 * 真理子 [ 編集 ]

Re: 天のお父様

貴重な証をありがとうございます。
基元節の素晴らしい証ですね。これからもっと天のお父様、天の父母様と呼んでいきたいと思います。
2013-03-31 * 教育部長 [ 編集 ]

2番煎じになりますが。

貴重な証をありがとうございます。
また、真理子さんの証も意味深です。
きっと教会を離れてもいても、正しい生き方をしておられたので、お父様が訪ねてこられる条件があったのでしょうね。
それを考えると何十年も教会に通って、献金もしているのに大した証もない今の教会員(私も含めて)の生き方とはどうなのか、考えさせられます。
2013-03-31 * fatherfujioka [ 編集 ]