FC2ブログ
まるくまーる(旧・教育部長の講義日記)

思い込み交流から始める

2013/03/10
永生講座 0
shoppers 

もう一度、『亡くなった家族との会話』から、少し引用します。
霊界の家族が助けてくれているということは、こういう現象から分かるという具体例です。

☆☆☆
  • 夢で大切なこと、これから起こることを教えてくれる。
  • 思いを心で感じられる。
  • 誰かがそばにいるような感じがする。
  • 匂い、香りがする。
  • 体を触られる。
  • 直感が強くなる。
  • 涙もろくなり、すぐ泣き出す。
  • なくしたものがすぐ見つかる。
  • いろいろなことが自然にうまくいく。
  • 会いたい人に偶然に出会う。
  • 気にかけていた人から電話が来る。
  • 子どもに接する時、自分の心に夫あるいは妻の思いが強く入ってくる。
  • 物事の本質が分かるようになる。
霊的に相手が見えなくても、声が聞こえなくてもいいのです。日常の生活の中で、一緒にいて助けてくれると思って、語りかけ相談しながら、夫婦愛、親子愛を高めていく努力をしてください。思い込み交流から始まって、本物の交流となるのです。

質問しても、結果はすぐに出ないで、数日後に出る場合もあります。何ヶ月たってから、「ああ、そうだったのか」と分かる場合もあります。それが奥さんが(夫の体に)入っているという意味です。

心配の場合は、「心配だ」と言ってください。それを3日4日5日とずっと思い詰めて下さい。すると、こうしたらいいという答えが出てきます。

ほとんどの人が、返事が(霊界から)来ないと、その理由を聞かないで、やめてしまっています。答えはすぐに来ない場合もあります。その人の時がありますので。

☆☆☆

私の場合は、講義の時に霊界の助けを強く感じることが多くあります。
自分の力で語った後は、とても強い虚しさが残るのですが、言葉を与えられた時は充足感があります。

しかし私はなかなか思い込めない。
しばらくして何の答えも感じないと、尋ねるのをやめてしまいます。
考え直さないといけないようです。

よろしければ1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.