fc2ブログ
line-height:1.2;

お前は責任を果たしているのか

kitasendo
ラスベガス

本日は第22回の七一節と第16回の七八節を合わせて、名節の行事が行われ、本部教会での式典にインターネットを通して参加しました。
その中で宋総会長が語られた内容の一部を、私の聞き取りメモから抄録します。
(従って、内容に不正確な点があることを予めお断りしておきます)

☆☆☆

人間が淫乱によって堕落したのですが、それを神様は告発できません。
人間の誰かが出てきて、サタンの淫乱罪を告発しなければらないのです。

お父様(文鮮明先生)が来られて、それをはっきりと告発されたので、天一国の根が植えられました。

しかし、それゆえにご父母様の家庭はサタンの強い風を受け、先輩家庭の多くも同様の風を受けて、いろいろな問題が起こったのです。
そのようなことに対して、絶対に指を指してはいけません。

もしあなたがその位置に立ったなら、その凄まじい風を受け止めることができるのでしょうか。
私たちがすべきことは、それらの家庭のために祈祷することです。

基元節を迎えるにあたって、お父様は、
「40日断食の条件を立てなければ迎えることはできない」
と言われました。

しかし、ほとんどの人にとって、それは難しいでしょう。
それで、その代わりに提示されたのが30日間の本体論教育でした。
しかも全員ではなく、代表者です。
韓国から3600人、日本からも3600人です。

日本の本体論教育が7月30日に終了しました。
その日、お父様はヤモクに行かれる予定だったのですが、急に食欲がなくなり、具合が悪くなったのです。

それで、ヤモクへ行かれる代わりに、数日後、五山(オサン)学校を訪問されたのです。
その日はとても暑い日だったのですが、そこで6時間もみ言葉を語られました。

そして、その直後に倒れられ、入院されました。
その後一旦退院されたのですが、すぐにまた再入院となったのです。

それを見て、私は、
息子娘たちができないので、父母が身代わりに背負われたのではないか
と、そんなふうに感じます。

ある時、お父様は私に向かって、
「お前は責任を果たしているか?」
と聞かれたことがあります。

お父様は原罪を告発しておきながら、地球の代表的淫乱の都市であるラスベガスに手をつけないで霊界に行くことができないのです。
「なぜそこの問題を解決しなかったのか」
と批判されるというのです。

それでお父様は随分無理をされました。

今、病院の医師が言うには、
「これくらいまで回復すれば、起き上がれるはずだ」
というのです。

しかし、お父様はそうなっていないのです。
高齢のゆえに、針の穴ほど少しずつ回復しているのです。

継続して祈祷してください。
祈祷には物を動かす力があるのです。

2つのテーマで祈祷してください。
一つは、お父様の快癒のために。
もう一つは、お母様の健康のために。

お母様もお父様の看病のために、相当に無理をしておられます。

よろしければ1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



kitasendo
Admin:kitasendo