FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2018年08月

神の摂理の良いニュース

神の摂理の良いニュース

IT大手のgoogleが検索分野で新しいサービスを実験的に始めたという噂です。その名も「Hey Google, Tell Me Something Good」(グーグル、何か良いニュースを教えて)Googleによると、この世は今までのところ「Something Bad」(何か悪いニュース)に溢れている。どこそこでは経済が下降傾向に。どこそこでは汚職や陰謀が。どこそこでは台風で大きな被害が。どこそこでは親に虐待された幼い子どもが亡くなった..こういうニュースば...

... 続きを読む

安息圏はあなたのただ中にある

安息圏はあなたのただ中にある

  「神の国は見られるかたちで来るものではない。また、『見よ、ここにある』『あそこにある』などとも言えない。神の国は、実にあなた方のただ中にあるのだ」(ルカ福音書17:21) ここでイエス様が言っておられる「神の国」を「安息圏」という言葉に置き換えてみる。 「安息圏」は私の外(ここ、あそこ)にはない。 「安息圏」は私の内にある。 ということになります。 ユダヤ教の律法の中で極めて重要な「安息日」。 ...

... 続きを読む

Don't be evil(邪悪になるな)

Don't be evil(邪悪になるな)

  ことの是非について容易に断ずることは私にはできないが、興味深いテーマなので、引用してみようと思います。 引用元はダイジェスト版世界日報の「月刊ビューポイント」8月号の記事。 一つは、「軍のAI計画は『悪』ではない」(マーク・ティーセン) もう一つは、「時代が求める公益資本主義」(原丈人) 米コラムニストのティーセンは、先ごろ米大手IT企業グーグルが米国防総省が進める「メイブン計画」から離脱すると...

... 続きを読む

この逆転劇、悪い気はしない

この逆転劇、悪い気はしない

  休みを利用して、東京で働く息子を訪ねて行った時のこと。 昔なら妻の実家がある岩手県まで丸1日かけて車で往復したことが何度もある。 静岡の大学に在学中だった息子を車で訪ねたことも、一度や二度ではない。 しかし今回は娘を連れて飛行機で。 東京行きを計画した当初は考えてもいなかったが、娘から提案があった「ディズニーシー」を、ある時、本気で考え出し、 「よし、今回は3人でディズニーシーに行こう」 と言...

... 続きを読む

No title * by てんば
おめでとうございました。

いやいや、こちらも幸せを、もらいました。

心の中からググっと、来るほど、嬉しいです。

ほしいから盗っていったのだ

ほしいから盗っていったのだ

costaさんのブログで 「夫婦喧嘩は子供の心を裂く」 という記事を読んで、いろいろ考えさせられました。 父母の一挙手一投足の背後にある心を子女はとても敏感に感じ取っている。 だから、子女の前で夫婦喧嘩をするのが良くないのはもちろん、子女のいないところで喧嘩をしても良くない。 喧嘩をする夫婦の関係そのものを改善する努力が必要だ。 これは家庭連合の基本的な家庭指導なのですが、ここにある重要なポイントは、父母...

... 続きを読む

錐の一言

錐の一言

世の中に悲しみと苦痛がたくさんあるとしても、真の私を探せない悲しみと苦痛ほど、ひどい苦痛と悲しみはありません。 それでは、創造主である神様は、今まで誰を求め続けていらっしゃいますか。皆さん自体、すなわち「私」を訪ねてきていらっしゃいます。ですから、真の私が完全に決定されなければなりません。 (『天聖経』8-1-3-22) 昨今、メディアが伝えるニュースを見ていると、 「我々はどうしてこれほど、人の非を探り...

... 続きを読む

みことば * by はちみつ
「あなた方の中で、自分には罪がないと思う者がいれば、この女に石を投げなさい」

鋭い言葉です。
自分が罪深い人間だと知らされ、他人を批判する資格など無いのだと気付かされます。

堕落した人間からは、このような言葉は出てこないでしょう。そこでやはりイエス様は、天から来れれた方だとはっきりわかります。
イエス様の言葉は「燃える火」です。

私をここに遣わしたのは、神です

私をここに遣わしたのは、神です

先日の礼拝で私が担当した説教のタイトルは、 「信仰と血統の実り」 副題が、 「私をここに遣わしたのは、神様です」 最初に私が提起した疑問は、 「なぜアベルは殺され、ヤコブは殺されなかったのか?」 ということです。 いろいろな要因があるでしょうが、私が注目したのは次の聖句。 「父の喪の日も遠くないであろう。その時、弟ヤコブを殺そう」 これは、相続権を弟ヤコブに奪われたことを知ったエサウの独白です。 彼はな...

... 続きを読む