FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2018年07月

「助け舟」を出せる社会

「助け舟」を出せる社会

地球が形成されたのが、今からおよそ46億年前と言われる。 それから約8億年が経過して、38億年前に生命が誕生。 しかしこの時の生命は、無性生殖の生物でした。 無性生殖というのは、体細胞分裂などによって自分とまったく同じ個体を作って繁殖する。 親と子が全く同じ遺伝子を持つクローンです。 これは自分だけで繁殖できることなので、楽といえば楽ですが、自分の細胞が劣化すると、段々と質が悪くなる可能性がある。 また、...

... 続きを読む

* by はちみつ
未婚率が高くなってきた背景に、経済的な理由もあるでしょうね。以前のような終身雇用が無くなってきて、リストラされる時代ですから。

家庭連合さんが「助け舟」を出すことは反対はしません。真の愛、永遠の夫婦。素晴らしい結婚の形だと思います。二人とも信仰者であれば、うまくいくと思います。
しかし現実は、アル中・暴力・無信仰者の韓国人男性が多く含まれているのも事実です。そのような男性と祝福を受け、深い傷を負った日本人女性を知っています。それは一人や二人じゃないです。
どうか韓国人男性にも教育を受けさせて、心霊が成長してから結婚に臨めるように配慮願います。

DNAの指示書

DNAの指示書

  5年前に韓国で大ヒットした映画 「7番房の奇跡」 を観る。 父娘が主人公だが、父(ヨング)は知的障害で知的年齢はほぼ6歳、娘(イェスン)は実際の6歳という設定。 間もなく小学校に入学する娘にセーラームーンの黄色いランドセルを買ってやりたいと願っていた矢先、目の前で幼い子どもが転倒して後頭部を強打し、不幸にも死亡する。 唯一その場に居合わせたヨングが疑われるが、彼はきちんと状況を説明できない。 殺...

... 続きを読む

脳みそでは神様と通じない

脳みそでは神様と通じない

  本日の礼拝はネットの中継で堀副会長の説教を伺った。 その中でいくつか深く印象に残ったお話があるが、2つだけ記しておこうと思います。 一つ目は、 「脳みそでは神様と通じない」 ということ。 「我々は神様と情報をやり取りしているのではない。心情というものがチャンネルだ」 記憶に頼っているのであまり正確ではないが、そんな意味合いの話があったと思う。 脳みそとは、言い換えれば「理性」と言ってもいいでし...

... 続きを読む

第二世代をめぐる攻防

第二世代をめぐる攻防

  先週の礼拝でノア家庭を題材として説教したのですが、その後もいろいろ考えていると、 「第二世代が重要だな」 ということに、改めて思い至ります。 第一世代のノアは120年をかけて巨大な箱舟を建造し、大洪水も乗り越えて信仰を示した。 ところが、彼の子どもたちに摂理を継承するときに上手くいかなかったのです。 神の摂理を妨害する者からすれば、第一世代は立派でもいい。 摂理はそれを引き継ぐ第二世代が必要で、...

... 続きを読む

憤懣やるかたない人を尊敬する

憤懣やるかたない人を尊敬する

本日担当した礼拝の説教タイトルは、 「信仰の相続」 サブタイトルは、ちょっと不穏かなとは思いながら、 「憤懣やるかたない人を尊敬する」 としました。 題材はノア家庭の所謂「裸の摂理」です。 この部分、単なる物語としてみれば、 「昔は真面目で信仰的だった父親が、今は老いぼれてぶどう酒を飲んで酔いつぶれている。それを見つけた息子たちが慌てて父のみっともなさを隠そうとした」 という話。 どうしてこんなエピソー...

... 続きを読む

人生のヒント

人生のヒント

  約1年ぶりの清平。 早朝、福岡空港までの道も前が見えないほどの土砂降りが1時間以上続く大荒れ天気だったが、韓国も雨。 7月というのに、半袖では肌寒いほどでした。 修錬苑の中には「情心苑」というかなり大きな祈祷室があり、正面には真の父母様の肖像画が掛けられている。 その左右に、洪順愛大母様、孝進様、興進様の一段小さな肖像画が並んでいる。 今回情心苑に入ると、私の目は左側の孝進様に惹きつけられました...

... 続きを読む