FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2018年06月

家族で生きる国

家族で生きる国

  先日参加してみた「家庭」を主要テーマとしたセミナーの中で、「なるほど」と思ったことがある。 このテーマについて関心を持ってよく考え、取り組んでいる人にとっては特に目新しいことではないかも知れないのですが、重要なポイントだとは思います。 日本の将来を見るとき、必ず第一の懸念材料となるのが「少子高齢化」。 現在1億2000万を超える人口も、これからは年々減少していって、2060年には9000万を割り込むと見...

... 続きを読む

神様主導の打開策

神様主導の打開策

先日「堕落性を脱ぐ生活」というタイトルの講義録を3回にわたって紹介したところ、特に「甘受」ということについていくつかのコメントをいただきました。 「甘受」と言えば、今自分が遭遇している状況を、それがどんなものであれ「甘んじて受ける」ということから、とても消極的な感じがします。 世の中はすべて「甘受」でうまくいくほど、甘いものではない。 こちらが甘受しようとすればするほど、相手はますます図に乗って「恩...

... 続きを読む

どう考えたって、ママがいいに決まっている

どう考えたって、ママがいいに決まっている

  この前、就活の合間を縫って帰ってきた娘と話しているとき、 「もうすぐ、父の日だね」 という話になった。 「そう言えば、そんな日があったか」 と思って、 「母の日はみんな覚えていて、盛んに感謝したり、プレゼントが行き来したりするけど、父の日というのは、なんだか付け足しみたいだね」 と言うと、娘がちょっと憐れむような目をして、 「お父さん、自分でそんなこと言って、可哀そうだね」 と言う。 17年前に妻...

... 続きを読む

母と子と父の祈り

母と子と父の祈り

  前回の記事「私はあなた、あなたは私」の続きで、SITHが考える祈りについて、少し触れてみようと思います。 いくらお祈りをしても、人は直接、神聖なる知能に語りかけることはできません。ほとんどの人がこの関係を知らないで、直接、神聖なる知能につながろうとします。しかし、潜在意識を経由しないと、神聖なる知能にも、超意識にもつながることができないのです。 (『神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手...

... 続きを読む

* by はちみつ
すごくわかります。

「大きな声を出し、汗を流して祈っても、終わってみると、どこか空しさを感じるような時がある。
そんな体験もしてきたのです。」

私もシック時代、そんな経験をしてきました。私以外の元シックも同様です。とても真剣に祈っても、通じていないような感じでした。

当時(30年前)は「自己否定」するように言われ、自分の感情に蓋をしてして生きてきたシックが多かったです。そして自分の良心を見つめることは、疎かにしていたと思います。
やはり自分自身にも目を向けることが大事ですね。

私はあなた、あなたは私

私はあなた、あなたは私

  前回の記事「世界で起きる … 」の続きです。 いただいたコメントに、 「我々が第三者の立場で祈るしかないですか」 とあります。 しかし、SITHの見地からすれば、私が見聞きするどんな出来事に対しても、私は第三者ではないということになります。 これはSITHにおいてなかなか理解(実感)しにくい点なのですが、私が何かを見聞きしたということは、その出来事は私の外でではなく、私の中で起こっている。 例えば、今...

... 続きを読む

そうですね! * by 華道
その 見方が 世界を 変えますよね~
神様と同じ見方ができれば もっと早く 世界を変えられるということですが
問題は 私と神様との 心情関係がどのくらい 回復されているかですよね...

世界で起きる悪いことはすべて、自分の責任だと思いなさい

世界で起きる悪いことはすべて、自分の責任だと思いなさい

  5歳の女の子が父母の虐待を受けて亡くなったという事件。 彼女が残したノートの内容があまりにも切なくて、ニュースにも繰り返し触れたくないのが正直な気持ちです。 しかしこの件に関わるコメントをいただいたので、改めて整理すべき良い機会かと思います。 コメントは、 「子供に『苦痛を自分の問題と考えなさい』と言っても理解出来ないと思います。あのような陰惨な事件が無くなるためにも、我々が第三者の立場で祈...

... 続きを読む

霊界コンピューターのボタン

霊界コンピューターのボタン

  昨日の記事に続き、追加の2つ目です。 皆さんの良心が自分の生涯をすべて知っているように、全ての内容が霊界のコンピューターに入力されます。良心は永遠の世界のコンピューターのボタンです。 良心の呵責を受けることであれば、それがそのまま入力されます。良心の呵責を受けない人生であれば、きれいな生涯として記録されます。霊界に行くと弁解ができません。 (『天聖経』7-3-2-17) このみ言葉を見ると、良心は...

... 続きを読む

No title * by sinjyu-au
はじめまして。
おもしろい記事をありがとうございます。

私には子供がおりません。
真の家庭を成していないと見なされますか?

Re: No title * by 教育部長
初めてお訪ねいただき、有り難うございます。
見做すかどうかは、私にできることではないですね。
神様がどんな質問を準備されるかは、測りかねます。
人それぞれ、一律ではない人生の路程がありますからね。

霊界マシン * by sinjy-au
そうなんですね。
人によって神様からの質問は異なるのですね。
霊界に関するいろいろな証言があって、どれが本当なのだろうと思います。ただ自分は、もうこれ以上罪は犯さず徳を積んで行くことです。
ところで、霊界マシン(90年代に聞いたお話)はどうなったのでしょうか?

事実を聞かれたのに、理由を答えるとは

事実を聞かれたのに、理由を答えるとは

およそ1か月ぶりに担当した礼拝の説教、タイトルは 「良心に従った初動対応」。 先日書いた記事「初動対応の躓き」を底本としたものです。 記事は1時間そこそこで書き上げたのですが、説教となると丸5日間、文字通り朝から晩まで考え詰めでした。 もっとも、考え詰めた割には多くのものを追加したわけでもない。追加した2つを取り上げてみます。 一つは、エデンの園でのアダムとエバの初動対応。 2人が戒めを破って木の陰に隠...

... 続きを読む