FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2017年07月

「これがよいのだ」

「これがよいのだ」

  明治から昭和にかけて生きた社会教育者、丸山敏雄の伝記に載っている話です。 10人に近いある大家族の実話。 ある事情から家屋敷を他人に譲って、その10分の1にも足らない手狭な家に移るしかないことになった。 さすがの豪放な主人も、明朗な夫人も、快活な家人たちも、全く悲しみに閉ざされた。 幾日かの悶えの後、ふとしたことから、 「これがよいのだ」 という思いが主人に湧いた。 彼が一家の者たちを集めてこれを語...

... 続きを読む