FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2017年03月

神が私を用いている

神が私を用いている

  今年の2月3日、韓国ソウル市で行われた世界サミット2017で、第2回鮮鶴平和賞を受賞したサキナ・ヤクービ女史。 自ら難民でありながら、アフガン学習研究所(AIL)を設立し、26年間にわたり避難民の再定住化のために活動を続けてきたという。 自身は米国カリフォルニア州のロマリンダ大学で公衆衛生の修士号を取得している。 難民の悲哀を味わいながら、 「自分に何ができるか」 と自問したとき、この状況を解決できる鍵は...

... 続きを読む

「甘受」の3段階

「甘受」の3段階

  先日の記事「『被害者意識』と『責任転嫁』を封殺する」の最後に、「甘受」の3段階として次のように書きました。 ① 起こってくる出来事を甘受する ② めぐってくるアイデア、機会に行動を起こす ③ 行動によって起こる出来事を甘受する 普通でも日常生活の中で、出来事は次々に生起して私たちにぶつかってきます。 何かに遭遇すれば、 「これに対して、私はどうするか」 と考え、判断して、行動を起こす。 それは誰で...

... 続きを読む

実体はみ言に優先する

実体はみ言に優先する

  アルキメデスの原理はアルキメデスが発見し、万有引力の法則はニュートンが発見し、相対性理論はアインシュタインが唱えた。 有名な発見や理論は、その原理とともにそれを発見した人の名前も知られています。 しかし、その原理がその発見者の単なる考えや理論ではなく、「真理」として認められたなら、もはやそれに発見者の名前を冠する必要はなくなるでしょう。 真理というのは太古の昔から不変的にあるもので、発見者が...

... 続きを読む

承認待ちコメント * by -

「被害者意識」と「責任転嫁」を封殺する

「被害者意識」と「責任転嫁」を封殺する

  昨日の記事で書いた「祈祷講座」は分かりにくいような気がするので、少し角度を変えて補足してみたいと思います。 「私の外部で起こる出来事」と「私の内面の心の動き」。 この2つの関係性をどう捉えるかということです。 普通の考え方は、こうだと思います。 ある出来事が起こり、それを自分が体験する。 ある出来事の場合は、 「うれしい」 と感じて、心に喜びが生じる。 別の出来事の場合は、 「嫌なことが起こった...

... 続きを読む

問題を抱えているのはあなた自身だったのです

問題を抱えているのはあなた自身だったのです

  スペインのバレンシアで開いたセミナーに一人のアメリカ人女性が参加しました。 「私の孫がガンに罹ってしまいました」 休憩の時、彼女は私にそう言ってすがってきたのです。 「私は祈りました。この子を死なせないでって。なのに死んでしまった。どうしてなんですか?」(『ハワイの秘法』254) このような切実な質問を受けたとすれば、そのとき何と答えればいいのでしょうか。 「何とか助けてほしい。死なないでほしい...

... 続きを読む

No title * by tenmondai
今の状態をあるがままに受け入れるということが、内に向かう祈りの第一歩ということでしょうか?

管理人のみ閲覧できます * by -

自分の中に「本当の自分」はない

自分の中に「本当の自分」はない

  時々、不思議研究所というところから「不思議の友」という一風変わった冊子が届きます。 編集は所長の森田健氏。 変わっていますが、ちょくちょく面白い記事に出会います。 例えば ... 世の中では「引き寄せの法則」が流布しているが、それでは良い運を引き寄せることなどできない、という。 なぜか? 「引き寄せたい」 ということは、自分の中に「欠乏感」があるからで、その意識で強く引き寄せを念じると、「欠乏の情...

... 続きを読む

祝福結婚を勧める4つの理由

祝福結婚を勧める4つの理由

  「祝福結婚を勧める4つの理由」 ほぼ初めて受講するという方のために、祝福を紹介する講義をするとき、こういうタイトルをつけてみました。 ① 結婚の動機が神様から始まる ② 夫婦の関係が永遠に保証される ③ 子女が神様の祝福を受けて生まれる ④ 家庭生活を通して愛が成熟する これが4つの理由です。 わずか4つとは、ちょっと控えめすぎる気もしましたが、記憶に残るにはこれくらいがいいかも知れません。 従来の祝...

... 続きを読む

* by はちみつ
日本人は祝福について、よく学び慎重な姿勢を保っています。
ご存知だと思いますが、韓国人男性には信仰心の無い、単なる嫁さん目当ての人が多数いることも事実です。
この中には原理を知らなくとも、良心的な人もいます。しかし、暴力・アル中・働かない・浮気者といった人が多く含まれています。
その結果、離婚、或いは着の身着のままで日本に戻ってきた人もいます。

教会ではなぜ、韓国人男性に信仰講座を受けさせないのですか?
日本人は祝福献金が140万だと聞きました。
そんな大金払って暴力夫を紹介されては、女性はどうすればいいのでしょう?
同じ女性として、どうしてもこの点は納得出来ません。

日本人同士の結婚であれば、お互い信仰があるので前に進みやすいと思います。

善人尚もて往生をとぐ

善人尚もて往生をとぐ

  「善人尚もて往生をとぐいわんや悪人をや」 と親鸞聖人は言われましたが、この「善人」というのが曲者です。 「善人でさえ極楽往生できる」 と言っているようでありながら、実は、 「善人が極楽に往生することはかなり難しい」 というのが本意のようでもある。 神様を知って信仰の道に入ってくる人は、悪い人ではない。 大抵は善人です。 善人というのは、 「自分は正しく考え、正しく行動し、正しく生きている。できる...

... 続きを読む

子女の愛を育てるスキル

子女の愛を育てるスキル

  子どもを育てるというのは、詰まるところ、その子の心を育てるということでしょう。 これが親にとって、本当に難しい。 私の理解では、人が育つのには2つの力がある。 一つは「原理の力」。 もう一つが「愛の力」です。 原理の力は、譬えてみれば、しっかりと敷設されたレールの上を走る力です。 人として生まれれば、人としての心は育っていく。 それは親が心配することではないし、また親の力でどうこうできるものでも...

... 続きを読む

妻の足をつかむ

妻の足をつかむ

  先日、久しぶりに妻の夢を見ました。 と言っても、妻の姿はほとんど見えない。 小さな穴のようなところを通して、辛うじて足の先だけが見えるといった感じなのです。 私はその妻の足の先なりとも触りたいと思い、その小さな穴に指を差し込んでみる。 触った感触がわずかにありました。 そんな夢です。 妻の足の先に少しだけ触った夢。 これは一体なんという夢だろう? 意味はさっぱり分からないままだったのですが、今日...

... 続きを読む

「先生、年を越せますかねえ?」

「先生、年を越せますかねえ?」

  「血圧の数値は少し低めですが、数字にはあまり拘らないほうがいいと思います。大事なことは、顔の表情。顔の表情が穏やかであれば、それは最高のケアをうけているという証拠だと考える」 昨夜のNHK番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」に登場した、訪問診療医、小澤竹俊さんがそう語る。 大病を患い、治るための治療をもはや諦めた末期患者と面と向かうとき、最も当てになる指標は最新の医療機器で測れる数値では...

... 続きを読む

自分の人生として「機嫌良く」生きる

自分の人生として「機嫌良く」生きる

  月刊誌『Her Story』のインタビュー記事で、スポーツドクターの辻秀一さんが、パッチ・アダムスの言葉を引用して、面白いことを言っています。 パッチ・アダムスという人は、 「ユーモアによる治療が重要」 という自説を実践した人で、映画「パッチ・アダムス」で世に知られるようになりました。 彼があるとき、 「医師免許証もないのに、医療をやっていいのか」 と問われたのに対して、 「人を元気づけていたら、誰でも...

... 続きを読む

No title * by 諧謔亭千流
 共感できる、よい内容だと思います。