FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2016年06月

「創造原理」神様の要素がすべて人間の中に反映される

「創造原理」神様の要素がすべて人間の中に反映される

  導入の映像講義を何度か見た方に、初めて直接の原理講義をしたものです。 先日、青年2日修でやった内容と基本は同じですが、少し易しくしています。 創造原理の前半です。 ・神と被造世界の二性性相 そのことから、どのような両者の関係が分かるか。特に神様と人間との関係に注目してみる。 ・創造目的 精密で多様な被造世界の素晴らしさの背後にある、神様の創造の動機を探ってみる。にほんブログ村...

... 続きを読む

先生やめて、おばちゃんに戻りなさい

先生やめて、おばちゃんに戻りなさい

「あんた、先生はやめなさい。早く、昔のような『おばちゃん』に戻ったほうがいい」 今日、ある方と話している時、こんな言葉が耳に残りました。 その方は、小学生たちの放課後の生活を支援する活動に情熱を注いでおられます。 やり始めの頃は何の資格もない、ただの「おばちゃん」でした。 ところが、もっと活動の内実を高めようとすると、いろいろな研修にも参加し、その結果、ある種の「先生」と呼ばれ得るような立場にも立つ...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

堕落性から確実に抜け出していく復活

堕落性から確実に抜け出していく復活

  前の記事で李耀翰牧師の説教を紹介しながら、 「恵みを受けた自分をもう一度否定しなければならない」 と書きました。 それはなぜかといえば、恵みを受けたという人にも、なお堕落性が残っているからです。 例えば、洗礼ヨハネという人物。 家柄も良く、よく修行を積んで霊界からも啓示を受け、従う弟子も多い、イエス様当時随一の恵み深い宗教指導者でした。 ところが、そのような人が自分の考えと立場に固執して、イエ...

... 続きを読む

青年2日修「アダム家庭」息子を分ける親の心

青年2日修「アダム家庭」息子を分ける親の心

  先日の青年2日修で行った講義からのアップはこれが最後です。 アダム家庭の摂理には、今日の私たちの家庭生活に対するさまざまな教訓が含まれていると感じます。 今回の講義で私が意識した課題は、次の2点でした。 ① アダムの家庭を摂理される神様の心はどうであったか。 ② アダムの家庭の摂理が私たちの家庭の問題とどのようにつながるか。 6つの設問を設定し、それに一つづつ答えていくという形で講義を進めていま...

... 続きを読む

復活した私を否定する

復活した私を否定する

苦痛と復活の原理について、ここ数ヶ月の間、ずっと考えています。すると驚いたことに、李耀翰牧師が1970年代に同じテーマで説教しておられるのを発見したのです。しかも(言うまでもないのですが)、私の考えよりももう一段も二段も深く語っておられます。信仰の道を正しく行くためには、苦痛を正しく扱わなければならないことが分かりました。苦労はしながらも、私たちの心霊があまり復活していなかったのは、苦痛を私たちの生命...

... 続きを読む

青年2日修「復活論」いかにして霊的死から霊的生に帰るか

青年2日修「復活論」いかにして霊的死から霊的生に帰るか

  青年2日修練会で講義した8講座のうち、第4講座「復活論」。 その内容を一部編集してアップしてみます。 復活論には創造原理と堕落論の核心ポイントが入っていて、その上で復帰のシステムも具体的に説明されています。 原理講論の中でも、最も重要な部分の一つではないかと考えています。 今回の講義では、時間の制約上、復帰のシステムについて突き詰めきれずに終わっていますので、今後の講義で補足していくつもりです...

... 続きを読む

青年2日修「堕落論」弁解の後孫

青年2日修「堕落論」弁解の後孫

  青年2日修練会で講義した8講座のうち、第3講座「堕落論」。 その内容を一部編集してアップしてみます。 特に強調して取り上げているポイントは2つです。 ① 罪とは何か? 原理講論には 「サタンと相対基準を造成して授受作用をなすことができる条件を成立させることによって、天法に違反するようになること」 と定義しています。 これをもう少し掘り下げて、神様の立場、サタンの立場、被害者の立場のそれぞれから罪...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

又吉直樹くらいの筆力はあるね

又吉直樹くらいの筆力はあるね

  本日は、私の妻の聖和15周年。我が家の下を走る県道を横切ってさらに下っていくと、川が流れています。5月の終わりから6月の初めにかけて、毎年、川面の上をかなりの数の蛍が舞います。妻が聖和したその年も無数の蛍が幻想的な夜を作り出してくれていました。長年の都会暮らしを引き払い、妻の病気治癒を願って数十年ぶりで帰ったふるさと。息子が小学1年、娘が保育園の年中でした。子どもたちは初めて見る蛍の舞に興...

... 続きを読む

我々はなぜみ言葉を学ぶのか

我々はなぜみ言葉を学ぶのか

前回の記事「説得はしない、納得してほしい」で、青年2日修に使ったパワーポイントの一例を紹介したところ、関心を持ってくださる方があって、いくつかのコメントをいただきました。 パワーポイントも講義内容も十分な自信作とは言えないものです。 それでも、何らかの形で読者の方に役に立つかもしれないと考え、8講座の中からいくつかを選んで皆様の品評に供しようと思います。 音声は私自身が ipad で録音したもの。(時々雑...

... 続きを読む

説得はしない、納得してほしい

説得はしない、納得してほしい

  1か月以上前に実施を決定して準備をしてきた2日修練会が今日の夕方終わったところです。 土曜、日曜を使った週末の修練会。 参加者は全員が青年です。 これも我が教会においてはかなり画期的なことですが、2日修練会の講義を担当するのも、私にとってかなり久しぶりのことでした。 ここ数年、私はほとんどパワーポイントを使わず、板書の講義を好んでやってきました。 パワーポイントはそれを作った時にすでに講義の筋書...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

わかりやすそうです * by 諧謔亭千流
 具体例のページは、興味が引かれる内容です。
 私も一度受けてみたいような感じがします。

管理人のみ閲覧できます * by -

納得 * by 大地
教育部長様

はじめまして。
タイトルの「説得はしない、納得して欲しい」に魅かれて、記事を読ませていただきました。
想像した通りの内容でした。

二世は特に、原理によって「説得」されている人が多いと思います。ぜひ、「納得」してこの道を歩んでほしいものですね。