FC2ブログ

元教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長を辞しても思索する日々

TOP > 2015年12月

主の霊のあるところには、本当の自由がある

主の霊のあるところには、本当の自由がある

  コリントⅡ3:17に 「主の霊のあるところには、自由がある」 と言われた。 我々はこのような自由を本心の自由という。 (「原理講論」127) 私たちは例外なく誰でも束縛を嫌い、自由を願います。 しかし聖書は、自由にも2種類あると言っているようです。 パウロはコリントの信徒に向けて、 「主の霊のあるところにこそ、本当の自由がある」 と強調しているのです。 本当の自由があると言うのなら、一方には幻想の自由も...

... 続きを読む