FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2014年10月

甘受しないと神性は見つけられない

甘受しないと神性は見つけられない

  『祝福家庭』73号に、 「祝福の子女って、いったい何者!?」 というコラムがあります。 光の子園の副園長が体験的子女教育を綴っています。 祝福二世のどこに、どのように「神性」を探し出すかという貴重な体験談です。 その中の幾つかを抜粋して紹介します。 ★★★ 二世たちは神とサタンを知っています。神様を愛していますし、真の父母様を愛しています。 真のお母様が祝福の子女ために、「天の父母様、愛しています。...

... 続きを読む

ホームグループ伝道への試み3段階

ホームグループ伝道への試み3段階

  神学生の時に「ホームグループ伝道」の講義を聞き、卒業後、牧会者となってその思想を実践しようと取り組んだ方の証を聞きました。 最初に赴任した教会でホームグループの意義を説明して、いくつものグループを作って活動を開始。 ところが、始めて数ヶ月たつ内に教会員たちは次第に力を失い、活動はすっかり下火になってしまったのです。 なぜなのかと考えて、調べてみると、こういうことでした。 教会員たちにとって...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

膨大なみ言葉の結論は何か

膨大なみ言葉の結論は何か

  先日インターネットで中継された連合礼拝で、お母様(韓鶴子総裁)のスピーチは極めて短いものでした。 スピーチを聞きながらメモを取りましたが、わずか10行くらい書いたところでスピーチが終わったので、 「えっ、もう終わり?」 と驚くほどでした。 しかし、後になって考えてみると、お母様は今更多くのみ言葉を語る必要はないのです。 なぜなら、み言葉は文先生が生前に膨大な内容を語っておられ、それ以上付け加え...

... 続きを読む

結婚は革命的な決断である

結婚は革命的な決断である

「結婚は革命的な決断である」 という、文先生のみ言葉があります。 親子であれば血のつながりがあるので、その関係は宿命的です。 しかし夫婦の場合、元々は赤の他人。 生まれも育ちも全く違う2人が生涯を(あるいは永遠を)一緒に暮らそうと決断するわけですから、確かに「革命的」と言ってもいいかも知れません。 そして、結婚した人はすべて革命家だとも言えます。 人はどのようにして、こんな革命的な決断をできるのでしょ...

... 続きを読む

雑念は浄化されたくて私にやって来る

雑念は浄化されたくて私にやって来る

  会議などのために2時間以上かけて車で往復する時、しかも連れがいない場合、私にとってこれほど大きな恵みの時間はありません。 こういう時には必ず、普段じっくり聞けない講義や講話のDVDを携えて車に乗り込みます。 昨日も、そんな滅多にない恵みの日でした。 この日私が持ち込んだのは、これまでに何度か聞いたことがある「四大心情圏」についての講義DVDでした。こういうものは、何度聞いても新しい気づきが...

... 続きを読む

No title * by tenmondai
私も車で走ることが多いので、この方法をやってみようかな。

tenmondaiさんへ * by 教育部長
これは我ながら相当に良い方法だと思います。ぜひ試してみてください。また感想をお待ちしています。

管理人のみ閲覧できます * by -

「心情生活」と「目的生活」

「心情生活」と「目的生活」

  四位基台を説明する時、原理講義では必ず、その中心を「神」とします。 しかし、統一思想ではそれをもう少し詳しく分析して、2種類に分けます。 一つは「心情」を中心とする「自同的四位基台」。 もう一つは「目的」を中心とする「発展的四位基台」。 この2種類の四位基台に合わせて、私たちの生活も2種類に分けることができそうです。 「心情生活」と「目的生活」です。 心情生活というのは、例えばこんなふうです。...

... 続きを読む

タマルはなぜそこまで冒険したのか

タマルはなぜそこまで冒険したのか

  「『尊敬される姿』を発展させる」 という記事に対して、 「タマルはなぜ原理を知っていたのか」 という質問コメントをいただきました。 これについて私が理解しているところを記してみようと思います。 レアによるヤコブの息子の一人であるユダには3人の息子がいました。 その長男エルにタマルという嫁を迎えました。 ところが、彼は主の前に悪い者であったので、主は彼を殺されたのです。 そこでユダは、タマルを次男...

... 続きを読む

承認待ちコメント * by -

* by うーん
この説明には無理がありすぎです。
自分は姦淫しておいてタマルを焼き殺せとかおかしくないですか?

こんな事で血統が転換出来るとは思えません。

承認待ちコメント * by -

「尊敬される姿」を発展させる

「尊敬される姿」を発展させる

  これはよっぺちゃんがブログで紹介してくださっていたものです。 李耀翰先生が夫婦について語られる中で、このように言っておられます。 ★★★ 女性は「善悪知る木」というが、男性は「生死を知る木」とは言わない。 なぜ「生命の木」というのか。 女性はその成長期間において、善を知るか悪を知るか、2つの可能性がある。 それでその女性を「善悪知る木」と言う。 しかし男性は、未完成期においても「生命の木」であり...

... 続きを読む

* by 質問
何故マリアの名によって血統が変わったのか?

タマルは何故原理を知っていたのか?

何故男性が主管性を取り戻すのは3日目じゃないと行けないのか?

管理人のみ閲覧できます * by -

み言葉の生活化はいかに可能か

み言葉の生活化はいかに可能か

  太初、神様の中には心情があり、そこから湧き上がる愛が渦巻いていました。 しかし、その愛が一体どのようなものなのか、神ご自身にも判然とは分からなかったのです。 それをはっきりとさせるために、神様には実体の対象が必要でした。 それで、男の子と女の子を造ってみました。 すると、ご自分の中に父母の愛があることが分かりました。 アダムとエバが純粋に神様を慕ってくる時、神様は、 「子どもが慕ってくれるとい...

... 続きを読む

個性真理体の愛

個性真理体の愛

  今まで神を信ずる信徒たちが罪を犯すことがあったのは、実は、神に対する彼らの信仰が極めて観念的であり、実感を伴うものではなかったからである。 (『原理講論』総序) ここで言う「神を信ずる信徒たち」とは誰を指しているのでしょうか。 4000年間、万軍の主エホバを信じてきたユダヤ教徒でしょうか。 あるいは、イエス様以後2000年間、三位一体なる神を信じてきたキリスト教徒でしょうか。 それもそうだと...

... 続きを読む

死んだら分かるけど、死んだら遅いわ

死んだら分かるけど、死んだら遅いわ

  本日、本部から壮年部長を迎えて地区の壮年研修会が開かれ、さまざまなインサイトを得ました。 その講義内容は、あたかもお兄さんが弟たちに教える信仰講座というような趣でした。 心に残った点をいくつか箇条書きにして書き留めておきます。 ★★★ ① 父が亡くなって間もなく、霊界からやって来て、 「死んだら分かるけど、死んだら遅いわ」 と伝えてきた。 私の家は神道で、40年間ひたすら神様に精誠を捧げてきた。 ...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

承認待ちコメント * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

No title * by tenmondai
私も研修会に参加して自分が変わらないといけないと思い、妻に『どこを変えたらいいと思う。』ってさっそく聞いてみました。ちょっとびっくりしたような顔をしましたが、『後で話す。』という事でした。でも未だに答えが来ません。ひょっとして変わらなくても良いのかな?

「孝行」と「孝道」

「孝行」と「孝道」

韓国の有名な昔話に 『沈清伝』(シムチョンジョン) というものがあります。 この物語をヒントに、日本と韓国の文化意識の微妙な違いが原理的にどんな意味があるかについて考えてみようと思います。 (教会員講師による日韓文化比較セミナーを参考にさせていただきました) ★★★ 一人娘の沈清は幼くして母を亡くし、盲目の父の手一つで育ちました。 孝行娘沈清の願いは、その父の目を開けてあげること。 供養米三百石を仏様に供...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

承認待ちコメント * by -