FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2014年08月

「私たちはなにゆえに他の宗教と違うのですか?」

No title * by 田黒吾寛
この方も今は重用されていますが、失脚すればお兄さんやお姉さんや弟みたいに新しい宗教を立ち上げるんでしょうかね?

田黒さんへ * by 教育部長
失脚というのは、あまりふさわしい言い回しではないように思いますね。

No title * by 田黒吾寛
>失脚というのは、あまりふさわしい言い回しではないように思いますね。

では言い方を変えて再び質問をさせていただきます。

この方も今は重用されていますが、卒業されたらお兄さんやお姉さんや弟さんみたいに新しい宗教を立ち上げられるんでしょうか?

田黒さんへ * by 教育部長
私には答えかねます。
ご容赦ください。

No title * by 田黒吾寛
教育部長様へ

>私には答えかねます。
ご容赦ください。

承知しました。真摯にお答えくださり感謝申し上げあます。
私の質問に対して前向きに取り組まれたと認識し評価いたします。

今後のご活躍を期待しております。

また質問させてください。

全世界の里子を育てる

全世界の里子を育てる

  ある方が伝道中の一人の婦人。 その方の証を聞いて、考えさせられるところが多くありました。 その婦人の家に訪問すると、その訪問を心から準備されたことを感じさせられるように、お茶が準備され、お菓子が準備され、果物が準備され、更にはお土産まで準備されていたと言うのです。 本当に心を込める方です。 その方の身の上話を聞くと、お母さんはお父さんの3番目の妻だったとのこと。 最初の妻との間に4人の子ども...

... 続きを読む

承認待ちコメント * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

なにゆえに、神様は永存しようとなさるのか

なにゆえに、神様は永存しようとなさるのか

  このように真の愛の特性は、相手のために投入してはまた投入しようとするところから、その作用が誘発され始めるのです。神様は、このように人間のために与える真の愛の主体的な立場にいらっしゃり、与えてはまた与える愛の本性がその作用を継続させることによって永存されるのです。 (「平和経」1256) 神様は全存在界の第一原因であられ、また始まりも終わりもない永遠な方である。 原理を習ってみてもそのように教え...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

お母さんは永遠に寂しくない

お母さんは永遠に寂しくない

  「生まれてきてくれて、ありがとう」 という言葉は、親から子どもへの最高の愛情表現です。 子どもはまず親に肯定されることで、自分を肯定することを学び、そして周りの人を受け入れることを学んでいくのです。 近年、胎内記憶の調査がめざましく進み、生まれる前のことを覚えている子どもが珍しくないことが分かってきました。 子どもたちはほぼ例外なく、 「自分でお母さんを選んで生まれてきた」 と言っています。 ...

... 続きを読む

侍義時代は「仲良く暮らせ」

侍義時代は「仲良く暮らせ」

  前回の記事と同じ「復活論」にあることです。 再臨されるイエスによって人間が霊肉ともに復活する時代を、 「侍義時代」 と言います。 なぜこのような呼称なのか。 この時代における人間は再臨主を信じ侍って、霊肉ともに完全に復活することによって、その霊人体は生霊体級を完成するようになるからです。 ところで、この「侍る」ということ。 これが必ずしも分かりやすいものではありません。 以前に何度か参考にした...

... 続きを読む

No title * by 田黒吾寛
>侍義時代とは、まさにこの「仲良く暮らす」ことに焦点を置く時代だとも言えます。

それじゃ何故、鶴子総裁は7男と面会しないのですか?仲よく暮すならば面会?謁見?しないのはなぜですか?

それに3回忌に何故3・4・7男さん達は渡韓せず自分たちで独自に3回忌を行われたのですか?

仲が悪いからじゃないのですか?

教育部長さんが仲よく暮せと言ったところでトップが仲よく暮していないなら説得力に欠けると思うのですが如何お考えですか?

更に言うならば、日本でも韓国人幹部の逆鱗に触れたら信者はその所属の教会に居なくさせるような行為が行われているのはなぜですか?事例はたくさんありますよ?ご存知ですか?
御存じないなら御調べになったらわかることですよ?
仲よく暮せと言ったところで現実を見ると空しくなるだけじゃないのですか?

* by 花火と案
教会では、顕進氏とは仲良くしないのでしょうか?
まずは、お手本が必要ですよね♪
幼子達は難しい事はわかりませんから

田黒吾寛さんへ * by 教育部長
真の家庭の様子に、私も胸を痛めている者の一人です。
式典に集まるご子女様の数が少ないことにも、寂しさを感じました。
ただ、私は、「真の家庭」というものの原理的、摂理的な位置をどう理解するかについて、慎重にならざるを得ません。「真の家庭」はただ単に祝福家庭のトップに位置する家庭というのではなく、またただ単に人類のモデル家庭というのでもないと思っています。表現が難しいのですが、我々すべての新しい血統の根というのでしょうか、我々の家庭はすべてその根から出て育っていかなければならないので、「真の家庭」と我々自身を切り離して考えることができません。
例えてみれば、根の調子がおかしいといって、枝葉が根を批判して問題が解決するものではありません。一つの運命共同体ですから、根の問題は枝葉の問題であり、逆に枝葉の問題は根の問題にもなります。
「真の家庭」に全く問題がないというのではないでしょう。しかし、根が苦しんでいるなら、枝葉も一緒に苦しみます。枝葉の問題を根が背負っているのだとも思います。
まだ少し言葉足らずな感じがしますが、取り敢えずの回答にさせていただきます。

花火と案さんへ * by 教育部長
コメントありがとうございます。
返信は、田黒さんへのものを参考になさってください。

No title * by 田黒吾寛
真摯な答えありがとうございます。
もう一つ質問です。

>「真の家庭」に全く問題がないというのではないでしょう。しかし、根が苦しんでいるなら、枝葉も一緒に苦しみます。枝葉の問題を根が背負っているのだとも思います。

では葉っぱは根っこに問題がある時、どんな事をして根っこを生き返らせたのですか?若しくは根っこを元に戻そうと努力しているのですか?

そのための具体的な葉っぱの動きって何かあるのですか?

田黒吾寛さんへ * by 教育部長
葉っぱはどうしても根に代わることはできないでしょうが、葉っぱにできることは根が願うような立派な葉っぱになることだと思っています。根の苦労は幹や枝葉に栄養を送って活かすことですから、一つ一つの葉っぱがよく育って立派になることが根を一番助けることだと思います。
具体的には成熟した祝福家庭となること。そして周辺に祝福の恩恵を拡大すること。
神様のみ旨は天国を創建することだとしても、私たち家庭毎のみ旨は自分の家庭を完成させること。そういう家庭なしには天国はできない。今すぐには探せないのですが、そういう文先生のみ言葉もあったような気がします。
現実には、我々がまだ十分立派な葉っぱになれていないために、根に大きな重荷を背負わせ続けているのではないかと思います。

No title * by 田黒吾寛
真摯なお答え有り難うございます。

今後ともよろしくお願いします。

「真の父母を証しなさい」という願いはどこから出てくるか

「真の父母を証しなさい」という願いはどこから出てくるか

  原理講論の復活論に、「宗教はいかにして統一されるか」というテーマが扱われています。 宗教統一の前提条件があります。 それが、霊人たちの「再臨復活」というものです。 再臨復活とは、肉身を持たなくなった霊人たちが、地上人の肉身を活用(再臨協助)することで自分の霊人体を成長完成させていくことです。 ところで、霊人といってもさまざまな階層の霊人が存在するし、地上人もまたそうですから、誰にでも再臨協助...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

聖和家庭の絶対的幸運

聖和家庭の絶対的幸運

  先生が特別に、何千年前に生きては逝った霊人と地上にいる人とを祝福してあげました。 その人々が、その霊人たちと暮らしています。 彼らは、世の中の現在の人と結婚するより、霊界の霊人と結婚したほうが天国に行ける確率が高いので、霊人たちと結婚しようと思ったのです。 彼らの心と体は、いつも神様のように一つになっているので闘いません。 ですから、彼らの相対になれば、この地上で暮らしていても、心と体が闘わ...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

主よ、なぜあなたが私の足をお洗いになるのですか

主よ、なぜあなたが私の足をお洗いになるのですか

  イエスは、父がすべてのものを自分の手にお与えになったこと、また、自分は神から出てきて、神に帰ろうとしていることを思い、夕食の席から立ち上がって、上着を脱ぎ、手ぬぐいをとって腰に巻き、それから水をたらいに入れて、弟子たちの足を洗い、腰に巻いた手ぬぐいでふき始められた。 こうして、シモン・ペテロの番になった。 すると彼はイエスに、 「主よ、あなたが私の足をお洗いになるのですか」 と言った。 イエ...

... 続きを読む

質問です。 * by 田黒吾寛
こんにちは、質問です。^^v

>しかし考えてみると、唯一、目上の者が目下の者の足を喜んで洗う関係があります。

それが「親子」です。
親だけが喜んで、子どもの足でもお尻でも洗ってやれるのです。

ゆえに、イエス様が弟子の足を洗われたということは、親の立場で弟子たちを自分の子どもと見て、洗われたのです。
つまり、洗足を通して弟子たちと親子の因縁を結ぼうとされたのです。

だったら何故、イエス様にペテロがじゃあ頭も洗ってと言った時に拒否されたのですか?
親子関係を結ぼうとされたのでしたら、イエス様は喜んで頭も洗うはずじゃないのでしょうか?

どう思われますか?

田黒吾寛さんへ * by 教育部長
引用した箇所の次で、イエス様が、「すでにからだを洗った者は、足のほかは洗う必要がない。全身がきれいなのだから」と言っておられますね。
イエス様が弟子の足を洗われた意図はその汚れを洗い落とすことではなく、弟子との親子の因縁を結ぶところにありました。しかし、ペテロは体を洗ってもらうこと自体に意味があると考えてしまったようです。イエス様の真意が正しく伝わりませんでした。
それで「全身はきれいなのだから、足のほかは洗う必要がない」と言われたのではないかと思います。「全身がきれい」という言葉には、言うまでもなく、霊的な意味が含まれていますね。

No title * by 田黒吾寛
真摯なお答えありがとうございました。

書写が演出した母の特別な誕生日

書写が演出した母の特別な誕生日

昨日は母の84回目の誕生日でした。 娘と密かに相談しながら、夕方一緒に街へ出て、プレゼントを探しました。 私には予め考えていたものがあったのですが、店を見て回ればもっといいものがあるかも知れないと、しばらく2人でイオンの2階をあちらこちら巡回してみたのです。 これといったものは見つからず、結局、私の心づもりしていたものに落ち着きました。 何かというと、1本の毛筆。 とりわけ高価というわけでもなく、あ...

... 続きを読む

No title * by tenmondai
孝行息子ですね。
私は、『孝行したい時に親はなし』を実感しています。
とは言え、元気だったら喧嘩ばかりしていたでしょうけどね。

tenmondaiさんへ * by 教育部長
献身して以来、ずっと反対されてきました。
相当親に気苦労をかけてきて、今から少しでも喜びを返してあげたいと思ってはいますが、まだまだ十分ではないでしょうね。

半沢は幸せな男だな

半沢は幸せな男だな

  昨日、半沢直樹の妻「花」について書いたところ、ある方から感想をいただきました。 半沢直樹は、あんな滅茶苦茶なすごい戦いの日々ですが、家にはきちんと帰ってきて、昼間の戦いが嘘のような妻との授受をします。 あ、これなんだよなって思ってみてました。 普通、あんな半沢のような状態になると、まず、帰宅するパワーもなくなり、帰宅しても怒りや苛立ちを家族にぶつけまくるだろうって思いますからね。 本当にそ...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

「花」風最高の美人妻になる

「花」風最高の美人妻になる

  普段はなかなか時間がないので、この盆休みに「半沢直樹」を借りて、全巻見ました。 「倍返し、百倍返し」で赦しがないようですが、痛快でもあり、物語の構成が巧みで見ていて飽きさせません。 ところで、今回私が2度も繰り返し見ながら興味を惹かれたのは、半沢の妻「花」の役割です。 名前の通り、フラワーアレンジメントの仕事をしていたのですが、結婚を機にきっぱりと辞めました。 その仕事を続けると、どうしても...

... 続きを読む

聖酒式の心を生涯忘れてはならない

聖酒式の心を生涯忘れてはならない

  創造原理的にもそうですが、復帰原理から見ても、女性の立場と責任はきわめて大きいと言えます。 堕落した人間を救うために、メシヤが男性として来ます。 その方を迎えて最初に復活するのは、他でもない祝福家庭の女性です。 これは、聖酒式の順序をみても分かります。 聖酒式では、祝福を受けようとする夫婦に聖酒の杯が1つだけ与えられます。 そしてそれを、まず女性が真の父母の代身者としての主礼から受け取ります...

... 続きを読む