FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2014年06月

神と人との「結合点」は残っている

神と人との「結合点」は残っている

  すなわち人間は、堕落によって自由を失うこととなったのである。しかし、堕落した人間にも、この自由を追求する本性だけはそのまま残っているので、神はこの自由を復帰する摂理を行うことができるのである。(「原理講論」堕落論第5節 127項) 堕落した人間にも創造本性は残っているのか。 これは、人間が堕落したということを認めるキリスト教において、大きく...

... 続きを読む

「姿」はどうして似せ難いのか

「姿」はどうして似せ難いのか

前回の記事で、本居宣長の言葉「姿ハ似セガタク、意ハ似セ易シ」を論じた小林秀雄の『言葉』というエッセイを紹介しました。 エッセイの中ではタイトル通り「言葉」というものを中心に論じているのですが、私はそれを読みながら、少し別の考えもしてみたのです。 「姿」は形状、「意」は性相です。神様を「意」とすれば、その似姿たる我々人間が「姿」と言えます。 そこで、「姿は似せ難く、意は似せ易し」を当てはめると、どう...

... 続きを読む

姿ハ似セガタク、意ハ似セ易シ

姿ハ似セガタク、意ハ似セ易シ

  小林秀雄という人は、亡くなってすでに久しいが、忘れがたい人です。 時々思い出して、書棚に並んでいる『考えるヒント』などを引っ張りだして、読み耽ることがあります。 難解なのですが、何度読んでも飽きないこの不思議な魅力は一体何であろう、と読みながら考えます。 例えば、『言葉』というタイトルのエッセイは、こう始まります。 本居宣長に、「姿ハ似セガタク、意ハ似セ易シ」とい...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

何を「あきらめ」ればいいのか

何を「あきらめ」ればいいのか

  自律神経には交感神経と副交感神経とがあります。 この2つのバランスが取れている人が健康でもあり、パフォーマンスも上がる。人に好印象を与え、近づきやすい雰囲気を持っているので、人間関係も良くなる。 「自律神経を整える 『あきらめる』健康法」 の中で、順天堂大学医学部教授の小林弘幸氏がそう述べています。 「あきらめる」 というのは、消極的で敗北主義のような印象も与えます。 しかしよく読んでみると、 ...

... 続きを読む

個人は客車、家庭は機関車だ

個人は客車、家庭は機関車だ

  習慣的で世俗的な家庭であってはいけません。 「今はこうだが、いつかは良くなるだろう」 と考えてはいけません。 完全でなければなりません。現在が問題です。 (「天聖経」1213) 個人の信仰は、良い指導者に出会いさえすればいいのです。しかし、家庭では、互いに指導者とならなければなりません。.... ...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

麻生名演説「これが、最高のクール・ジャパンだ」

麻生名演説「これが、最高のクール・ジャパンだ」

  「麻生太郎の解説が超分かりやすい」 という youtube の動画も大変参考になったのですが、その関連動画として表示されていた、 「マスコミが絶対報道しない麻生外相の名演説」 というのも面白いですね。 内容も面白いのですが、あのべらんめえ調の話しっぷりが、まるで名人の江戸落語でも聞いているようで、真面目一方の安部首相と対照的です。 名演説と評されたのは、国会で「アベノミクス」の3本目の矢について答弁した...

... 続きを読む

「課題を分離せよ」アドラー心理学で考える

「課題を分離せよ」アドラー心理学で考える

  アドラーの心理学に、 「課題の分離」 という考え方があります。 「自分の課題と相手の課題とを分離して考えよう」 ということです。 (先日来の記事の続きです。前の記事は、「世界は本当にシンプルか」「他者の人生を生きるな」を御覧ください) 例えば、自分の息子がなかなか勉強しない、という場合。 勉強するかしないかは、子ども自身の課題だと考えます。 なぜかと言うと、勉強するかしないかの「結果」は、子ども...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

なぜ神様に不平を言わないか

なぜ神様に不平を言わないか

  私にしても、もし神様に不平不満を述べるとすればいくらでもあります。「神様、あなたはなぜ私にアメリカへ来るように命じられたのですか。アメリカでは歓迎もされないし、生命を狙う者さえもいます。なぜこのようなことをせよと命じられるのですか。あなたは本当に私のことを思ってくださっているのですか」などなど、いくらでも神様に対して不平を言うことができます。 しかし私...

... 続きを読む

No title * by コスタ
>神様に直接不平を言わないように気をつけていたとしても、振りかかる事態に不平を言えば、それは結局、神様に不平を言うことになるかも知れません。

 これは特に大賛成です。私は環境すべて神様が認め与えてくださっているものだと思ってます。私に降りかかる事態は一番私をご存知で、私を愛してくださっている神様が与えてくださっ事態なので、不平は神様の心に矢を打つようなものと思います。

コスタさんへ * by 教育部長
これはとても重要な点だと思います。人や環境を神様と切り離して考えるのではなく、根本で繋げて考える観点ですね。

承認待ちコメント * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

「他者の人生を生きるな」アドラー心理学で考える

「他者の人生を生きるな」アドラー心理学で考える

  アドラーの心理学に沿って、もう少し考えてみます。 (前回の記事は「世界は本当にシンプルか」を御覧ください) 「承認欲求」 という言葉が、心理学にあります。 自己の価値を確認するために、他者からの承認を求める欲求です。 心理学者マズローなどは人間の基本的欲求を5段階に分け、承認欲求を4段階目と規定したほどですから、どんな人にもあるとする考え方もあるわけです。 ところが、アドラーはこの承認欲求を断...

... 続きを読む

「世界は本当にシンプルか」アドラー心理学で考える

「世界は本当にシンプルか」アドラー心理学で考える

  「世界はきわめてシンプルであり、今日からでも人は幸福になれる」 と説く初老の哲学者と、 「世界は矛盾に満ちた混沌であり、幸福など容易に手に入るものではない」 と苦悩する青年。 この2人の議論を通してアルフレッド・アドラーの心理学の輪郭を描こうとするのが、『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え 』です。 フロイトやユングほどにはその名を知られないアドラーですが、読んでみると、その心...

... 続きを読む

妻からのプレゼント

妻からのプレゼント

 今日は妻の聖和記念日、普通に言えば、13回目の命日です。 特別な追慕礼拝はしませんが、礼拝の時にちょっと証をして、その後全員に祈ってもらいました。 昨夕、礼拝の週報を作っていて、不思議に思ったことがあります。 「明日の礼拝は陽暦で6月8日。一方、天暦では5月11日...」 陽暦では妻の聖和日なのですが、天暦では妻の誕生日(陽暦の5月11日)なのです。 こんなことも珍しいでしょう。今年の聖和記念日は...

... 続きを読む

100万人の皆様に感謝します

100万人の皆様に感謝します

  多分、昨日のことです。 このブログの訪問者が100万人を越えました。 ご愛読いただいている皆様に、心から感謝申し上げます。ブログを立ち上げたのが2009年10月ですから、4年8ヶ月です。 同じ教育部長仲間の親友の 「部長さん、ブログ書いたらどうですか」 という一言がきっかけで始めました。 特別に何か大きな決意や目標があったのではありません。 しかし、何か見えない力に押されながら書き続けてきたよう...

... 続きを読む

* by ギャラクシー
おめでとうございます。これからも頑張ってください。

No title * by 田黒吾寛
100万人といっても重複してるから・・・

ギャラクシーさんへ * by 教育部長
ありがとうございます。これからもご愛読ください。

田黒さんへ * by 教育部長
そうですね。1人で600回以上訪問してくださっている方もありますからね。でも、そういう方のあることも感謝です。
これからもご愛読ください。

管理人のみ閲覧できます * by -

No title * by DORAMI
おめでとうございます。
たくさん勉強させていただき感謝です。
ブログの更新がない日が続くと心配になったりもしました。
今後もボチボチ継続されていくことを願っています。

承認待ちコメント * by -