FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2013年11月

科学的「天国の証明」

科学的「天国の証明」

  テレビのバラエティ番組「アンビリバボー」で取り上げた「天国の証明」。 「死後の世界、霊界はある」 と主張するのは、脳外科医として25年のキャリアを持つエベン・アレキサンダー博士。 彼はある体験をするまで、教会に時々通う程度の信仰は持ちながらも、霊界を信じようとはしない科学者の一人でした。 ところが、その彼が自らの臨死体験を通して、価値観が一変したのです。 バクテリアの一種に冒され、7日間昏睡...

... 続きを読む

宗教統一など不可能 * by Watcher
たとえ、霊界が実在したとしても、その実相を説く「霊界観」は、各宗教宗派によって千差万別です(そもそも霊界の存在を否定する宗教もあるが)。しかも、それぞれが自分たちの教えの内容が一番正しいと考えており、それぞれの主張の是非を実証することはできない。それは、霊界観のみならず、宗教観全般に言えることです。

したがって、例えば、文鮮明教祖を再臨主であると説く統一原理は、他宗教では絶対に受け入れられません!断言できます。それは、逆の立場に置き換えてみれば、すぐわかることです。教派神道の一つである「大本教」では、出口王仁三郎を再臨のキリスト(聖師)のごとく崇めていますが、統一教会信者はこれを受け入れられるでしょうか?もちろん、文鮮明教祖よりも上位に位置する存在として。絶対無理なはずです。

もし、受け入れれば、統一教会信者でなくなるだけでなく、文鮮明教信者でもなくなるからです。したがって、特定の人間をメシアとして神格化する限り、宗教統一など絶対に不可能なのです。

承認待ちコメント * by -

「位置の傲慢」と「行いの傲慢」

「位置の傲慢」と「行いの傲慢」

  アダム家庭は「今日の我々にとっても、典型的な生きた教訓となる」と原理講論にあるように、この箇所は考えても考えても、尽きない泉が湧いてくるようです。 実体基台を立てるに当たっては、信仰基台を立てたアベルが「中心人物」になるのですが、堕落性を脱ぐための蕩減条件はカインが代表して立てるようになっていました。 しかし、堕落性はカインだけでなく、アベルにも当然あったのです。 カインには「位置の傲慢」...

... 続きを読む

神はゼロの軸におられます

神はゼロの軸におられます

  神様を現そうとすれば、四方に愛をまきなさいというのです。投入しなさいというのです。 それは、自分の生命と愛と、このすべてのものを犠牲にして完全にゼロの位置に戻れば、神様が主人として現れるということです。 (「天聖経」p.29) 面白いことに、ホ・オポノポノのヒューレン博士も似たようなことを言っています。 ...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

「絶食系男子」はどこへ行くのか

「絶食系男子」はどこへ行くのか

  「草食系男子」という呼び名にはさまざまな定義があるようですが、 「恋愛に積極的ではなく、受け身な男性」 と解釈すれば、最近では、 「絶食系男子」 というべきカテゴリーに入る若い男性が増えているという話です。 リクルートブライダル総研が20代の男女1200人あまりを対象にしたアンケートでは、45%の男性が、 「これまでに一度も女性と交際した経験がない」 と回答しています。 「自分が結婚するというイメー...

... 続きを読む

文先生の極めて特異な味覚

文先生の極めて特異な味覚

  清平の区域長研修会から帰ってきた婦人が報告してくれた中に、周藤先生の証がありました。 周藤健。 日本の教会を代表する長老の原理講師。 先生がまだ若い頃、韓国の研修に参加した折、文先生一行と一緒に映画に出かけたことがあります。 ところが、映画は韓国語。 どんなストーリーが進んでいるのか、さっぱり分かりません。 先生の前の席に、文先生が座っておられました。 映画を楽しめない先生は、目の前の文先生の...

... 続きを読む

* by ギャラクシー
あなたの、ブログには感動させられます★

これからも、頑張ってくださいね。

* by てんば
本当に、感動で涙がでてきます。
お父様が恋しいです。

ギャラクシーさん、おてんばさんへ * by 教育部長
私たちの信仰の本質をついた証だと思いますね。
今回清平で講義された周藤先生はとても若々しく、つやつやと輝いておられたそうです。

須藤先生の超アベル的思考と文鮮明先生の洞察力に感銘! * by 楽しい旅人
素晴らしい!超アベル的思考です!文鮮明先生は本当に人の心を読むのが隙がなく上手ですね!

ご飯がご飯様になる

ご飯がご飯様になる

「ああ、おなかがすいた。ああ、御飯、御飯、御飯!」 と言いますが、それは誰のために食べるというのですか。 神様のために食べると、そうでなければなりません。 どのようにすれば神様のために食べることになるのでしょうか。 私が神様の完全な聖殿になったならば、 「神様の聖殿である私のおなかがすけば、中にいらっしゃる神様が御飯を食べようと言わ...

... 続きを読む

怒りの中に愛を感じる

怒りの中に愛を感じる

協会の対外協力局が作成した 「統一グループの経済的投入と事業がもたらした平和への道」 という映像が配信されたので、本日の二世礼拝で中高生に見せてみました。 文先生が1950年代の後半から既に着手しておられた事業の様子。 そして、先生はそういう事業をどんな目的と動機で始められたのか。 先生が掲げられた「技術平準化」という思想。 1980年代に最も力を入れられたプロジェクトの一つである「パンダ・プロジェク...

... 続きを読む

右目が違う景色を見ている

右目が違う景色を見ている

  今朝、ちょっと変な夢を見ました。 右目が半分しか見えないのです。 左目はちゃんと見える。 しかし、右目だけ、視野の下半分は見えているのに、上半分だけ現実に目の前にある景色ではない、違う景色が見えているのです。 右目を大きく見開いてこの変な見え方を直そうとするのですが、その見え方はどうしても変わりません。 目医者に行って治してもらうしかないと思い、病院を訪ねました。 ところが、出てきた医者は、...

... 続きを読む

「富者になりなさい」

「富者になりなさい」

  先月の日本巡回の時もそうでしたが、韓鶴子総裁は最近よく、 「富者になりなさい」 と言われます。 この「富者」というのは、もちろん、「この世の金持ち」という意味ではありません。 この世でも豊かに生きるに越したことはありませんが、あの世、つまり永遠の霊界で豊かに生きられる者、という意味です。 富者をお金持ちと考えるのは、ちょっと短絡的ですね。 昔から「福の多い者」と言えば、子どもに恵まれた者を指し...

... 続きを読む

すべてを自分の子どもと感じる喜び

すべてを自分の子どもと感じる喜び

  昨日は四国は香川の丸亀で、還元祈願聖火式が、この地では約3年ぶりに行われました。 この日は、天気予報では雨。 雨と寒さに備えて、十分な防寒対策が要請されていました。 往路は初めのうちこそ雨が激しく降ったものの、次第に上がり、会場に着いた時には雲の合間から陽が差し始めていました。 式の間中、陽が差すと11月とは思えない暑さになり、日が陰ると涼しくなる。 この季節の野外の式典としては最高の天気に...

... 続きを読む

あれは訓練じゃない、決死的だった

あれは訓練じゃない、決死的だった

1970年代から90年代にかけて、文先生は毎年夏になると米国ボストンのグロスターやアラスカに行って釣りをしておられました。 私も1993年の夏、40日間アラスカに呼ばれて修練を受けた時、文先生の神業的な釣りを目撃したことがあります。 海岸でサケ釣りをだいぶしましたが、2度ほどボートに乗ってハリバットを釣ったこともありました。 ハリバットが釣れたときは、まるで畳が1枚上がってくるようでした。 相当な重...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

「考えることによって人は理性そのものになる」か?

「考えることによって人は理性そのものになる」か?

キリスト教神学は中世まで、基本的には「理性と啓示」のバランスを意識して論じられてきました。 ところがマルティン・ルターなどを中心として宗教改革が起こって以後、神学の世界もルネッサンスの影響を受けながら、理性にのみ基礎を置く神学が出てくるようになります。 理神論がそれです。 この神学は創造者としての神は一応認めながらも、神を人格的存在とは認めずその啓示性を排除しようとします。 神の活動性は宇宙の創造...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -