FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2013年08月

復活する者、それはお前だ

復活する者、それはお前だ

  今日、教会員を対象にした原理講義1日修練会を開きました。 普段、毎週少人数を相手に講義をしているとは言え、教会をあげての修練会となると、負担感も緊張感も違います。 1週間近くもかけて講義内容の準備をするのですが、なかなか思うようにまとまりません。 最近、原理講義をするときはよく『文鮮明先生のみ言に学ぶ統一原理』を参考にします。 この内容は本当に素晴らしいものです。 今回もこの本に助けを求め、...

... 続きを読む

* by ドラミ
きょういく部長の講義の時間が一番楽しみです。
同時に、実践していくことを考えざるを得ません。
とてもよい波動を与えていただいています。
ありがとうございます。


この世は「感謝」のかたまりだ

この世は「感謝」のかたまりだ

  最近、韓鶴子総裁のお話を聞いていると、 「感謝しなさい。感謝が信仰や幸福の源である」 ということを繰り返し強調されているのに気づきます。 推測すれば、韓総裁ご自身の生涯がこの「感謝」で一貫してきたのだろうと思います。 「感謝」の生涯で、何を成し遂げてこられたのか? 夫である文鮮明先生を完成させ、更には神様までも完成させて差し上げた。 それで神様が「天の父母様」と呼ばれるようになりました。 これが...

... 続きを読む

承認待ちコメント * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

愛よりも原理を一層追求すれば

愛よりも原理を一層追求すれば

 本日の原理講座は、堕落論第3節「愛の力と原理の力および信仰のための戒め」。 原理講論には、このようにあります。 神は原理によって創造された人間を、愛によって主管しなければならないので、その愛が愛らしく存在するためには、愛の力は原理の力以上に強いものでなければならない。 もし、愛の力が原理の力よりも弱いものであれば、人間は神の愛よりも原理をより一層追求する...

... 続きを読む

承認待ちコメント * by -

おばあちゃんのスリッパ

おばあちゃんのスリッパ

おばあちゃん(私の母)は、一度手にしたものは容易に捨てられない人で、冷蔵庫も書類棚も、使わないもの、いたみかけているもので溢れています。 スリッパも1年以上履いているものが随分汚れて、元々のピンクの色が見えないほどに黒ずんでいます。 「いつまで履き続けるのかなあ?」 と思いながら見守っていましたが、一向に履き替える様子はありません。 洗って綺麗にしてあげようかとも思いましたが、どうせなら新しいものを...

... 続きを読む

経験知が能力を阻害する

経験知が能力を阻害する

  時々届く健康冊子に載っていた、ある会社社長のエッセイです。 社員に仕事を頼むことがある。 「●●という製品に関する情報をネットで探しておいて」 これをAさんとBさんに頼むと、しばらくして返事が返ってくる。 Aさん「探してみましたが、ありませんでした」 Bさん「3件分の情報が見つかりました」 どうしてこういう違いが出るかというと。 Aさんは普段からネット検索を使い慣れている人。 Bさんはあまり使...

... 続きを読む

生涯、一切人を責めてはならない

生涯、一切人を責めてはならない

  本日は文鮮明先生の聖和一周年の追慕式が行われた日で、何か特別の恩恵なのか、久しぶりに印象の強い夢を見ました。 息子に一度、私自らが原理講義をしてやらねばとずっと思っていて、それがやっと実現する機会が訪れました。 息子はあまり気が進まない顔つきではありますが、いよいよ講義を始めようとしたところ・・・ 講義する内容がどうしてもうまくまとまらない、というか、内容が出てこないのです。 やっと何とかど...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

承認待ちコメント * by -

責めない。 * by 純白.
人って。自分でしてないという言い訳をすぐにしますよね。
エバも蛇のせいにしました。アダムもエバのせいにしました。

起こった出来事が、全て私が足りなかったと思えたら、いいんでしょうね。
全ては鏡。全ての責任は私のせいなのです。(^-^)

承認待ちコメント * by -

聖和一周年追慕式、挙行さる

聖和一周年追慕式、挙行さる

 本日午前10時より、韓国清平の清心平和ワールドセンターで「文鮮明天地人真の父母天宙聖和一周年追慕式」が挙行され、多くの教会員の方は最寄りの教会でインターネットで参加されたことと思います。 3人の来賓代表の方々の心のこもった追悼辞の後で、真のお母様(韓鶴子総裁)がメッセージを下さいました。 不正確ですが、同時通訳をもとに自然な日本語になるよう若干訂正してお知らせします。(文責は教育部長にありま...

... 続きを読む

班長が、めっちゃいい人でした

班長が、めっちゃいい人でした

  今年の春に、私が一対一で2日間原理講義をした大学生の男の子が、このお盆に5日修練会に参加してきました。 この修練会の前にも、半日だけ私が基本の原理講義をしたのですが、本音は自分から進んで参加したいわけではないのははっきり分かりました。 彼が言うには、 「春に講義を聞いた時、2つ質問をしたでしょう? その一つの質問に対する答えを聞いて、これで2日間講義を聞いた甲斐があったと思ったんです。統一教...

... 続きを読む

少年よ、まだ風は吹いているか?

少年よ、まだ風は吹いているか?

  ジブリオタクとも言うべき娘のお陰で、私もジブリのアニメはほとんど見ています。 その娘がこの夏「風立ちぬ」を見過ごすはずはありません。 私も関心を持って、一緒に映画館で観てきました。 ストーリーの組立も、絵の美しさも、面白い。 非常に堪能しました。 いくつか印象に残った場面を記します。 主人公の堀越二郎が少年の頃、自宅の屋根から自作の飛行機に乗って飛び立つ夢を見ます。 その夢にイタリヤの飛行機技...

... 続きを読む

絶対善霊はなぜ地上に協助したがるのか

絶対善霊はなぜ地上に協助したがるのか

霊界を動員しなければなりません。霊界が動員されなければ、どうやって天国を形成しますか? アダムを創造するとき、天使世界の協助を受けたのと同じように、再創造も霊界から降りてきて地上を協助しなければならないのです。 (「天聖経」p.801) アダムとエバが堕落して以来、サタンと悪霊たちが人間を悪く創造してきました。 今後は、善天使と絶対善霊が人間を良く創造していかなければなりませ...

... 続きを読む

伝道できない本当の理由

伝道できない本当の理由

  「Today's World Japan」天暦6月号に、青森教区十和田教会の証しが載っています。 この教会については、何年か前にも会議で証しを聞いたことがあります。 原理教室を取り入れながら、教会員の心霊復興のレベルと伝道の効果を客観的で精密に分析していました。 今回の証しを読むと、原理訓読を積み重ねることを通して伝道力のレベルを確実に上げてきたことがよく分かります。 教会長の一番の悩みは、教会員たちの成長が...

... 続きを読む

その背景にあるもの * by Tom
こういう証がでると、すぐに形式に飛びつきます
「訓読」はお父様も指示されていることなので、好ましいことではあるのですが

例えば、
礼拝の説教が終わったらすぐに帰る
訓読の始まる時間にきて、訓読が終わったら帰る

みたいな、
兄弟姉妹の基盤が作られないまま
他人が集まっているような教会では

同じように訓読、瞑想を繰り返してもダメじゃないかなぁ、と
自分の教会を見て思います

証は文面にして伝えるため、形の部分が伝わりやすく、
その背景は見えないことが多いです

しかも、それは当事者にとっては
「当たり前」のことであるために文面に出て来にくい
ということも多いと思います

どれだけ祈っているのか
どういう兄弟関係が築かれているのか
どんな条件を積んでいるのか

そういう背景を無視して形式的にまねをしてもダメだと思います

重要なのは
「教会員の心霊復興のレベルと伝道の効果を客観的で精密に分析」
することだと思いました


韓国でも分析してみました * by shika
韓国でもどうして伝道が出来ないのか分析して下さった方がいます。2000年前もイエス様と共に歩んだ弟子たちは準備されてた人達じゃなかったのはみんな知ってるところですね。そのためイエス様は苦労され十字架で亡くなられました。復活されてもイエス様だと分らない水準の弟子たちがイエス様が自分の救いのために亡くなられた事、メシアである確信があるためにそれ以降は情熱を持って伝道し逆さ十字架について殉教したくらいです。シックは確信的な質問に答えられないことが多いです。日本は分かりませんが。救われた実感とかお父様ごメシアだと思ってるけどハッキリ説明出来ないし、、、生活原理がわかっていないし。でもキリスト教の人達と付き合って感じることは生活の中に当たり前のように神様がいて就職決めること、やめることも全部神様に聞いてます。私たちは教会のこと活動しながら祈祷はしますがなんだか次元が違うように思えましす来メシアと共に歩むはずだったのに、、、摂理に追われ、また原理を生活化しなかったがゆえに教会自体が成長できなかった、、理由はもっとあるのですが携帯で書いてるので書ききれないし日本語もおかしいですが適当に理解して下さい。訓読、瞑想、と言うのは韓国でもする事になりましたがしてるひとは一部で人それぞれいろんな基準があるので生活原理を実践できるように教育してくれる人がいてくれたらと思います。

韓国でも分析してみました * by shika
よくよく見るとお父様のみ言葉にちゃんと解決法があるのにみ言葉意外で解決しようとする傾向も見受けられます。人の基準に合わせてそれもありうるのですが、原理と関係ない方法で(思考錯誤して)解決するのをよく見かけます。全ては復帰摂理なので原理原則で解決できるのと全ては意味があって神様が与えてくださっているので解決は神様に聞いたらいいのに自分の頭で考える事がほとんどのように思えます。

Tomさんへ * by 教育部長
確かに、他教会の証はそのまま真似ようとしてもだめですね。
大抵は、その証が出てくるまでに最低2年や3年の下積み期間があるものです。
それにしても、成功の最も基本条件はみ言葉に基づくことだと思います。

shikaさんへ * by 教育部長
韓国でも伝道に対する積極的な取り組みが始まっていると聞いています。
日本とは違う外的環境もあるでしょうが、内面の自己伝道が必要であることはどこでも同じでしょうね。
また、shikaさんが言われている「生活原理」も重要だと思います。
神霊と真理に基づく霊性の練磨。日常的なその努力をもっとしていかないといけないと思っています。

承認待ちコメント * by -

神様は山のキャンプ場で待っていた!

神様は山のキャンプ場で待っていた!

成和部恒例のサマーキャンプは、直前になって、 「キャンセルか!」 という危機に遭遇したものの、子どもたちの不退転の決意によって無事行うことができました。 予約していたキャンプ場が、先日の豪雨の被害から復旧しきれず、予約取り消しの通知が届いたのです。 私は一旦キャンプ形式を諦めたのですが、子どもたちから、 「絶対やりたい!」 という声が上がったので、他のキャンプ場を探したところ、運良く空いていました。 海...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -