FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2013年06月

二世書写礼拝の驚き

二世書写礼拝の驚き

  二世の日曜礼拝を担当し、礼拝の場では初めて「書写」を取り入れました。 予め準備したものは、 ① 小学5年生の書写の証し映像 ② 聖歌「手をつなごう」のスライド付き伴奏ファイル ③ 書写のみ言葉「真の愛は与え、また与えても、なお与えたい心です」の台紙 ④ 報謝用の紙製貯金箱 ⑤ 感想文 礼拝では、最初に「手をつなごう」を全員で歌い、続いて証しの映像を見ました。 この聖歌を知っている子は少ないので、初め...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

お釈迦様の出版計画

お釈迦様の出版計画

  文鮮明先生の自叙伝『平和を愛する世界人として』を最初に出版した韓国の出版社の社長は、熱心な仏教徒でした。 「神の復帰摂理を説くときにはユダヤ教とキリスト教の話しかされない文先生の自叙伝を、どうして仏教徒が出そうと思ったのか?」 初め、そういう疑問も頭をよぎりました。 しかし、よく考えてみると、霊界で神様のみ言葉を聞かれたお釈迦様が一番悔やまれたことは、「弟子たちに神様をはっきり教えることがで...

... 続きを読む

み言葉実体ライン

み言葉実体ライン

  本日参加した書写奉納式とその後の勉強会で、感心した話があります。 現在、全国で書写に取り組む教会が着実に増えているようですが、その中で比較的最近始めた教会でユニークなアイデアが生まれました。 「天地父母書院」 というものを開設したのです。 文先生の自叙伝にあるみ言葉を書写する祈祷院なのですが、常時オープンされていて、誰でもいつでも入って、自由に自分の好きなみ言葉を選んで書写ができるというもの...

... 続きを読む

わずか数分で恨みを捨てる方法

わずか数分で恨みを捨てる方法

  先日、第3回の「愛天愛人愛国講座」を開いた時、「豹変した猫」の映像を講話の前に流して、参加者に見てもらいました。 その映像については、かつてこのブログでもご紹介したことがあります。(「ぐらはなぜ豹変したのか」) ゴミ箱に捨てられていた猫を拾ってきて、ぐらと名付け、家族のように可愛がって育てていました。 ぐらは、一番可愛がってくれる一人娘の恵美さんに特によくなついていました。 ところが、恵美さ...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

み言葉教育共同体の時代へ

み言葉教育共同体の時代へ

  去る6月10日、統一教会創立60周年及び『天聖経』『平和経』出版記念式において、李載錫(イ・ジェソク)会長が記念辞を語られました。 その中で指摘された、基元節を境に転換した二大重要項目があります。 基元節を過ぎた今でも、我々は外的、形状的な劇的変化は目撃していません。 摂理的な大転換は極めて内的に、目に見えない形で、しかし確実に進行してるというのです。 ① 父母の時代から子女の時代へ。 ② 終...

... 続きを読む

息子はなぜ険しい山に入ったのか

息子はなぜ険しい山に入ったのか

 今朝、息子の夢を見ました。 ☆☆☆ 実家からかなり遠く離れた大学に通っている息子が帰省してきました。 帰って早々、友だちに会いに行くと言います。 ところがなぜか、わざわざ山を越えて反対側の道へ出るから車をそちらに回してくれと言うのです。 息子にそう頼まれたにも拘わらず、私は息子が心配になったのか、彼の後を追うように山に入って行きました。 ところが、その道は険しく、大きな岩を登ったり、草木が深く茂っ...

... 続きを読む

真のお母様の価値「聖霊を汚すものは永遠に赦されない」

真のお母様の価値「聖霊を汚すものは永遠に赦されない」

  文先生の3弟子の1人であられる金栄輝(キム・ヨンヒ)先生が先日来日された折に、 「これは重要なことだ」 として語られた内容の一部を少し整理して記しておきます。 真のお母様(韓鶴子総裁)の価値についてのお話です。 ☆☆☆ お母様の価値について、私たちがはっきり、正しく知らないと、今後の信仰において大きな支障が起こり得ます。 神様がアダムとエバを創造された目的は3つです。 ① 神様の子女を持つこと ②...

... 続きを読む

承認待ちコメント * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

皆さんは管理人です

皆さんは管理人です

今自分が持っている物、または自分所有の財産は、自分が少しの間管理する過程にあるというのです。皆さんは管理人です。 (『礼節と儀式』第3章 礼拝と教会生活礼節) 万物の本当の主人は神様であり、私たち人間はその管理人(主人の代理人)に過ぎない、ということです。 ここを思い違い、 「私が主人だ」 と思った途端、私は神様から離れることになります。 例えば、2万8千円で買った ipad mini ...

... 続きを読む

口と耳で人を愛する

口と耳で人を愛する

今日、2回目の「愛天愛人愛国 家庭生活講座」を開き、「愛人」についての講話をしました。 この講座については本部講師の素晴らしい講話DVDがありますので、それを参考にしながら、私なりに観点を絞り込むのに苦心し、結局、 「口と耳で人を愛し、喜ばせる」 という点から話を組み立ててみました。 人間の持つ五感の内、四感は首から上にあります。 神様は人間の頭を相当に重要な部分として造られたことが分かります。 その中の...

... 続きを読む

子どもは親を赦す

子どもは親を赦す

子どもは親を赦す心を持っています。しかも、かなりの程度。 多くの子どもたちは、 「親は私の心をよく分かっていない」 と思っています。 それでも、親を赦そうと思っているのです。 教会の本部講師が講義する「ハッピーファミリー」という講座を聞いていて、この言葉に出会いました。 一瞬、思いがけない言葉に出会ったような気がし...

... 続きを読む

一字一仏

一字一仏

ブログ「いつも私のとなりに神さま」を読んでいて、 「一字一仏」 という言葉に初めて出会いました。 そのブログには、薬師寺のお坊さんの言葉として、 「その方(仏様)の書かれた文字は慈悲慈愛がこもっていますので、一つの文字を写経することは一体の仏像を彫ることと同じなんです。『一字一仏』というのです」 と紹介されています。 また、ネットで「一字一仏」を検索すると、 「一字一仏法華経序品(いちじいちぶつほけきょう...

... 続きを読む

私、馬鹿です

私、馬鹿です

昨日、我が教会で初めて「愛天愛人愛国 家庭生活講座」を開き、私が「愛天」に関する講話をしました。 我ながらかなり根を詰めて準備したつもりでしたが、終わってみると、 「75点くらいの出来だったかな」 という実感でした。 しかし、初めて参加された方々の感想は概ね肯定的で、次の愛人、愛国の講座も聞いてみたいと言って帰られたと聞き、ホッとしています。 お試し書写セットも持って帰られたようですが、この講座は、実...

... 続きを読む

* by 裏方太郎
私も、神様の声を聞きたい者です。
どうしたら神様の声が聞けるか?
どうしたら神様が私に降りて来られるか?
私は焦っています。
神様は今どの様な心情をお持ちか?
神様の今の本当の願いは何か?
神様の願いの如く歩みたいが神様は私に何を願っておられるか?
・・・修行(求める心)がまだまだ足りないんでしょうね。・・・霊的無知のままでアノ世へは行きたくない!
~私馬鹿よね~♪お馬鹿さんよね~♪
(人生いつもこの曲でなが~~~~い事終わっています)
~馬鹿は死ななきゃなおらない!~とありますが、死ぬ前に、ナントカ馬鹿から脱出したいです!
神様!どうか、私に降臨下さい!神様の愛の心情で私の心を満たし、神様の悟りと知恵と創造性と力と勇気と決断力とを与えて下さい!
私の神様!どこにおられますか???

裏方太郎さんへ * by 教育部長
私も同じような願いを抱いています。
と同時に、神様の本当の願いを知った時に、それを受け止められる自分になっているかどうか。
それが問題だなとも思っています。
受け止められる度合いに応じて、神様はご自身を開示されるのではなかろうかとも思います。
私はまだまだ修業が必要です。

* by 裏方太郎
《神様の本当の願いを知った時に、
受け止められる自分になっているかどうか。 それが問題だなとも思っています。 受け止められる度合いに応じて、神様はご自身を開示 されるのではなかろうかとも思います。》

素晴らしいご返答ありがとうございます。
仰る通りだと諭されました。