FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2013年05月

特定の誰かを特別に愛さない

特定の誰かを特別に愛さない

大分以前の記事「忘れることの意味」の中で、「真の愛」が持つ4つの特色について書いたことがあります。 ① 神様の愛とつながっていること ② 尽くし、与えて、それを忘れること ③ 相手が自分よりももっと幸せになってほしいと本気で思うこと ④ 永遠に離れたくないと思うこと 昨日取り上げたTWJの記事の中で、李海玉サモニムが真のお父様(文鮮明先生)と接しながら感じた愛について証をしておられました。 それを読むと、「...

... 続きを読む

お母様のとても大きな手

お母様のとても大きな手

今朝珍しく、真のお母様(韓鶴子総裁)の夢を見ました。 すると、今夕家に届いていた教会の月刊機関誌「Today's World Japan」に真のお母様についての証しが載っていたので、今日は人類の母であるこの方について記しておこうと思います。 私の夢はさほど深い意味のありそうな夢ではないのですが、印象に残っていることが一つあります。 お母様が私に見せてくださった手のひらがとても大きかったのです。 幅が広く、私の手のゆうに...

... 続きを読む

* by さんじゃ
私も先日、お母様の夢をみました。

お母様の愛情をとても感じられる夢でした。

私はお母様の手を取って、沢山触らせて頂きました。

大きくて、分厚くて、柔らかくて・・・


お父様の聖和後、今までにも増してお母様に情が行きます。

本当に、お父様とお母様は一体になっておられると思います。


* by tenmondai
なるほど。そう考えるとなんとなく納得がいきます。
お父様が聖和された時、いろいろなところで『私達の罪を背負って・・・』と言う言葉を聴いたときの違和感が解消されます。
『私達の罪を背負って・・・』と言うとお父様の聖和が相対的になってしまいませんか。お父様の聖和って絶対的なもので、天の父母様と真のお父様との間だけで決まり、私達は介在できないものと考えたからです。

大きな手 * by 教育部長
教会で夢の証をしたところ、それを聞いた韓国人教会長が、
「大きな手というのは、韓国では『大きな心で惜しげなく人に振る舞うこと』を意味する」
と教えて下さいました。
「なるほど、そういう意味もあるのか」
と、自分が思いもしなかった意味を悟りました。
お母様の大きな手は、お母様の大きな心でもあったようです。

握手の夢 * by 真理子
真のお父様が聖和された後にも夢を見ました

聖和式の式場の方に『せめて握手だけでも』と夢の中で手を伸ばしたら、温かく二つ分くらいの大きな手の感触で、目には見えなかったのですが確かに包みこむように握手して下さった感覚があり
夢の中で驚いたところで目が覚めました

「大きな心で惜しげなく振る舞う」

という意味があったのですね!
感謝です

Re: 握手の夢 * by 教育部長
大きな手が出て来たのは、やはり深い意味があったのですね。
単なる私の個人的な夢ではなかったことを確認できました。

み言葉を教えないで、侍りなさい

み言葉を教えないで、侍りなさい

先日、古い教会機関紙「ファミリー」を読んでいたら、李耀翰先生の信仰指導が目に止まりました。「李先生の指導は、数十年間、まったくブレないなあ」と思いながら、私にとって参考になった部分を抜粋してご紹介します。 ☆☆☆ Q : 親を伝道する上で大切なことは何でしょうか? 特に、親と一緒に生活している人、また、親の近くで生活している場合は、どのように接していったらよいのでしょうか? 李:メシヤとしてその家庭に派遣...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

感謝の深淵

感謝の深淵

このブログの一番最初の記事は「感謝」についてでした。 ブログを立ち上げる動機が、そもそも「感謝」にあったのです。 しかし、それから3年余りがたった今、記事の数だけは増えたものの、自分の中にどれだけ感謝が増えたのか。 感謝といっても、単純ではありません。 私なりに、それを3段階に分けて考えてきました。 初級は、「有り難いことに感謝する」という段階。 何か良いものをもらった、親切にしていただいた、助けて...

... 続きを読む

* by DORAMI
先日の礼拝の日は二世礼拝のお手伝いをさせていただいたので、傍らで聞いていました。二世の代表祈祷で、「私たちは神の国を創る・・・」というお祈りを聞いてハッとしました。私は個性完成や伝道に対する意識は持っていても、神の国はまだまだ遠いところにあるように思っていました。二世が神の国を目指して一途に歩んでいる姿を見て、神の国はすぐ近くにあるという希望がもてました。同時に、私自身から、目の前の対象に隣在する神様を愛することから神の国創りが始まることを再認識させられ、この場に居合わせていただいたことにとても感謝しています。

神を慰めた人は誰か?

神を慰めた人は誰か?

最近はいつも、原理講座の案内をするときに、 「今回の講義箇所の一番のポイントは何か、考えてきて下さい」 と通知をすることにしています。 すると、参加者はそれぞれ自分なりに予習をしながら、自分にとっての一番のポイントを一生懸命に考えてくるのです。 そして、講義の初めに一人一人順番でポイントを発表してもらいます。 それぞれの悟りを分かち合える、恩恵深い時間となります。 ところで、受講者に通知するのですから...

... 続きを読む

精愛ホームチャーチ進行ガイド

精愛ホームチャーチ進行ガイド

  先日参加した「コーチング研修会」の中で、講師は、 「精誠と愛で始めるホームチャーチ」 と題する16週進行ガイドを紹介してくれました。 これは4課から成っており、1課に4週間をかけるというペースで行うもののようです。 第1課:精愛の1日 第2課:関係を結ぶ 第3課:招待する喜び 第4課:新しいホームづくり 私自身がまだ実践を始めていないのですが、その内容を少しご紹介します。 「ホームチャーチ(家庭...

... 続きを読む

お疲れ様です。 * by yukonbu5000
yukonbu5000といいます。日々の熱心な信仰生活に尊敬しております。
本文とあまり関係ありませんが、
「栄光の王冠」についての動画をいくつか作っております。
独自の解釈もありますが、参考になさっていただけると有難いです。

http://youtu.be/T3Mgk0g5Y2I

「1対1集中講義」の可能性

「1対1集中講義」の可能性

最近、2回ほど1DAYを開いて原理講義をしました。 1回は25歳の独身男性、もう1回は50代の既婚婦人です。 いづれも1対1の講義です。 この「1対1の集中講義」の可能性について考えます。 私が生まれ故郷の教会の教育部長になって約12年。 多分、その間に行った講義の7割くらいは「1対1講義」だったと思います。 しかし、その大半は「集中講義」ではなく、例えば、週に1回、2時間づつ、といった形の講義でした...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

すべての責任を、私が負う

すべての責任を、私が負う

先日の「コーチング研修会」で、ホ・オポノポノについて触れた部分がありました。 私にとっては懐かしい、数年前に関連の本を読んで随分と感化を受けたことを思い出します。 (その詳しい内容については、以下の記事をご参照ください。「問題の主人は私」「自分を愛する」) 「ごめんなさい」「赦してください」「ありがとう」「愛してます」。 この4つの言葉をいつでも繰り返します。 その根本思想は、 「すべての責任を、私が負...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

私の内に神の御霊が宿っている

私の内に神の御霊が宿っている

あなたがたは神の宮であって、神の御霊が自分のうちに宿っていることを知らないのか。 (コリント前書3:16) わざわざ韓国から専門の教授を招聘して「コーチング」研修会が開かれるというので、片道4時間かけて参加して来ました。 参加してみると、コーチングについての具体的なスキルはあまり実践されなかったのですが、期待とは違う面で大いに得るものがありました。 研修の内容はコーチング...

... 続きを読む

* by  李一松
 いつも、見ています。驚くべきお話です。感謝!

管理人のみ閲覧できます * by -

* by ikuko
いい話ですが ハグ コウチング スキルが何のことか わからないです 教えてください

管理人のみ閲覧できます * by -

いつもありがとうございます。 * by goojob
こんにちは。goojobです。

いつも新しい気づきをさせていただける内容で感謝しています。

さっそく、私のブログでも紹介させていただきます。

これからも、み言との出会い、気づきを大切にされますよう期待しております。

神様が喜ぶ言葉を使う

神様が喜ぶ言葉を使う

  「愛天愛人愛国 家庭生活講座」を参考にしつつ、「言葉」について考えてみます。 この世で最も取り扱いに気をつけるべきもの。 それが「言葉」です。 それくらいに、言葉は素晴らしいものであると同時に、恐ろしいものです。 この世で言葉を使う存在が3種類あります。 神様、天使、そして人間、です。 神様は自らの言葉をもって、この世を創造されました。 人間を創造なさった後は、 「善悪の実をとって食べてはならない...

... 続きを読む

* by tenmondai
「神様が喜ぶ言葉を使う」という言葉を表面的に捉えると、上辺だけ心地よい言葉を使いかえってその下にある問題を隠してしまう という問題があります。
悪なる言葉がなにか?例えば、同じ「ばかやろう」でも動機によると思います。

管理人のみ閲覧できます * by -

笑顔はなぜそれほどに良いのか

笑顔はなぜそれほどに良いのか

笑顔というものには、相当深い意義があります。(昨日の記事「どうしたら神様が喜ばれるか」の続きです) 皆さんが人に会えば、ある印象を与えるようになります。そのときに悪い印象を与えれば、それは悪です。 良い印象を与えれば、会う度に前より良くなるのです。印象が良くて初めて神様が協助されるのであって、良い印象を与えることができなければ、神様も協助することができません。 (『天運を呼ぶ生活』p.31)人に会った時...

... 続きを読む

* by DORAMI
昨日ゲストのところに訪問し、仕事をしている傍らで私は笑顔のページを訓読していました。
するとゲストから、自分はどんな表情をしているのか見てみたい、といいました。なるほどそのとおり。対象を前にした自分の表情をみることはできないから、相手にはどんなに映っているかわかしません。まずは、心に笑顔を持つことだな、と考えさせられました。

どうしたら神様が喜ばれるか

どうしたら神様が喜ばれるか

  「愛天愛人愛国 家庭生活講座」 と題するDVDを見ながら、今後の可能性について私なりに考えています。 家庭生活に重点を置く意義は、原理そのものの中にあります。 神様の永遠の創造目的である四位基台とは、神様を中心として人間が創る家庭に他ならないからです。 家庭の理想形態は、三世代同居家庭です。 しかし単なる同居家庭ではなく、その前に「真の」という冠詞が付きます。 この「真の」という言葉には、2つの重...

... 続きを読む