FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2012年03月

神様が惚れる者になる

神様が惚れる者になる

  宋ヨンソプ総会長が本日初めて、我が教会を訪ねて下さり、原理復興会が開かれました。 昨夜はプロの整体師に頼んでマッサージをしてもらうほどに疲れておられるようでしたが、本日の講義は1時間半ほど、歓喜のエネルギーに溢れて、聴衆を魅了したのです。 自著のタイトルにもなっている 「神様を惚れさせる」 という話が、私の印象に強く残りました。 神様は愛の神様だから、どんな人でも差別なく絶対的な愛で愛される。 ...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

成る程、これが「神様の祝福」の本当の姿。 * by 詠み人知らず
とても素晴らしい内容だと思いました。

ここに何か重要なポイントがあるように思います。

息子のコメントを考える

息子のコメントを考える

「お父さん。今日のアダム家庭の講義のことだけどね」 2日間の中高生研修に参加した息子が、昨夜、布団に入ってから、私の講義についてのコメントをくれました。 「お父さんは、アベルの信仰が後の摂理の『心情の基台』になったって言ってただろう? アベルにももちろん信仰はあったかも知れないけど、カインにも信仰があったと思うよ。信仰がなかったら、アベルに対してあんなに嫉妬しなかっただろう?」 「なるほど。確かにそうだ...

... 続きを読む

しっかり本心の基準がある

しっかり本心の基準がある

  中高生の2日研修が無事に終わりました。 3人の男の子が高校を卒業して、それぞれ国立大学に進学が決まっています。 研修の最後には、お母さんたちが作ってくれたビビンバをみんなで食べ、教会長から卒業祝いとして金一封が3人の男の子たちに渡されました。 良い研修会になったと思います。 今回は原理講義をしたのですが、これまでと違ったのは、チャートを使ったことです。 3時間用のチャートを使って、その一部を...

... 続きを読む

神様の愛 * by nisimura
100回訓読を叫ばれている宣教師が神様の愛を感じて感じて、訓読をせずにはいられないとおっしゃっていますが、今日の教育部長の内容は神様の愛を感じるものでした。

多忙の中の中高生研修会

多忙の中の中高生研修会

数日間、多忙な日が続きました。 息子が静岡の大学に合格し、入学手続きやアパート探しのために、2度目の長距離往復という強行軍を決行しました。 しかも今回は、ホテルに泊まるというような悠長なスケジュールではありません。 夜8時半に家を出発。 出発するやいなや雨が雪に変わりました。 ずっと降り続くとも思えませんが、不吉な予感がよぎりました。 案の定、中国道に乗ってしばらく走ると、雪のため30キロ程度の距離がタ...

... 続きを読む

* by nisimura
あ~そうだったんですね。
本当にお疲れ様です。
教育部長さんの苦労も知らず、何日かアップされていないので
寂しい思いをいていましたが、本当に自分中心でいるんだと
また反省させられました。
それにしてもお体気をつけてください。

nisimuraさんへ * by 教育部長
お気遣いありがとうございます。
今朝はだいぶ体力が戻ったようです。
研修の2日目、頑張ります。

おめでとうございます♪ * by 日韓太郎
息子さん、大学合格おめでとうございます♪

静岡との往復、そして中高生の原理教室と過酷なスケジュールをこなし、どんなにお疲れになられたでしょうか・・・

毎日、変わらずに、絶え間なく、こつこつと記事をアップして下さり、記事がアップしない日は、どうしたのかと心配されたり、寂しく感じるほど、ブログ村の顔になってしまいましたね・・・^^

お若くはありませんから、くれぐれもお身体には気を付けて、ご活躍下さい・・・!

Re: おめでとうございます♪ * by 教育部長
ありがとうございます。
確かに、若くないといえば若くないですね。
本当に疲れました。
事故など起こさないように気をつけます。

エンタテイメント送別会

エンタテイメント送別会

 3月は多事多忙です。 息子は静岡の大学へ。 娘は地元の進学高校へ。 それぞれ進学が決まりました。 今年1年は中学校の副会長を仰せつかっており、校長先生、教頭先生とも懇意になったので、送別会の誘いがあり、快諾。 昨夜、さる料亭で夕食をいただきながらの送別会がありました。 学校により送別会の形は様々なのでしょうが、昨夜のは実にエンターテイメント性の高い、素晴らしいものでした。 先ず、式次第がユニークで...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

* by tenmondai
そういえば校長先生津和野高校の卒業式に来ていましたね。

管理人のみ閲覧できます * by -

tenmondaiさんへ * by 教育部長
なかなかプロ意識を持った先生だなと感じます。
先生なら当然かも知れませんが。

真の父母の日に

真の父母の日に

 本日は、第53回真の父母の日でした。 私はインターネット中継で式典に参加したのですが、いつになく侘しく、少し複雑な思いがありました。 一連の敬拝式が終わったあと、司会はいつものように「み言葉訓読」の式順に進もうとしました。 ところが、それを遮って文先生が話し始められたのです。 そのお話は、短いものではありませんでした。 それが1時間あまり続いた頃でしょうか、夫人がお孫様を連れてこられ、文先生の膝...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

* by 平和を愛する天国人
いつも質の高いブログ、ありがとうございます。

こちらのブログにリンクを張らせていただきました。
http://true-love-family.at.webry.info/201203/article_24.html

訓読ウィルス拡大

訓読ウィルス拡大

  これらの教本(八大教本)は、皆様が霊界に入っていっても読み、学ばなければならない本です。 第一に、全祝福家庭はまず家庭の中で神様を中心にお迎えし、父母と子女が完全に一つとなる訓読教育を毎日実践しなさいということです。 (講演文「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」) アジア地域の教会で、訓読ウィルスが急速に拡大...

... 続きを読む

孝進様はいつも生き急いでおられた

孝進様はいつも生き急いでおられた

 先週参加した清平2日修関連の2つ目の話題です。 清平で2日目(3月18日)の午前中に先祖解怨式が終わると、午後から誠愛ツアーに参加しました。 先ず、天福宮で聖日礼拝に参加。 この日は残念ながら文亨進世界会長は不在でしたが、チェ・ヨナ女史が説教されました。 チェ女史は、文先生のご長男である孝進様の令夫人です。 孝進様は、4年前の3月17日に聖和されたので、礼拝は孝進様の追慕礼拝として行われたので...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

* by tenmondai
人間は、親孝行する唯一の動物だそうです。我が子を守るのはほとんどの動物で見られますが、親の面倒を見る動物はいないそうです。だから、『孝』が、人間の人間たる所以だと思います。

tenmondaiさんへ * by 教育部長
動物でも親は子供の面倒を見るが、子どもが親の面倒を見ることはないということですね。
良い知見を教えていただきました。
ありがとうございます。

神様を愛する母

神様を愛する母

  清平の修練会は、大過なく終わりました。 数年ぶりとは言え、子どもたちも勝手はよく分かっているので、心配することもありません。 役事もしっかりやりました。 日曜日の午後は誠愛ツアーに参加して、天福宮での礼拝に出席し、夕食を済ませると、帰りは9時近く。 息子は最後まで、役事に間に合いそうにないことを気にしていました。 最後の夜、清心苑で敬拝と祈祷をして出てくるとき、息子が、 「あそこで敬拝している...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

”頑張ろう!” * by "年老いた赤ん坊”
ご苦労様です。本当に”私”の人生を見る様ではなはだ恥ずかしいです!孤独の淋しさを乗り超えて完成された神様の深い愛を感じさせていただきました。

仁川から清平へ

仁川から清平へ

  昨日から清平の修錬苑に向け、親子3人で出発しました。 息子の受験で北陸、東海と長距離運転をした私にとっては、過密スケジュールの3月となっています。 子どもたちの春休み、特に息子にとっては家を出ていく前ですから、一緒に行けるのはこの時期しかないと、決意したのです。 飛行機代を安くあげるために、1日早く、夕方の便を使いました。 昨夕7時前に仁川空港に到着。 空港地下のサウナに一泊する計画でした。 ...

... 続きを読む

* by シック
神様の祝福がありますように!

連体の時代

連体の時代

  初期教育の目標の一つに、 「家系の中心人物であることを自覚させる」 というものがあります。 特に、その家系の中で最初に導かれたのだとすれば、そのように自覚することは間違いではない。 私もそのように思ってきました。 ところが、昨日の研修会の中で、印象に残る一言があったのです。 「私が伝道されたのは、私が中心人物になるためではない。私の子どもを立派に育てて、その子を中心人物にすることが私の使命だ」 ...

... 続きを読む

原理の盲点

原理の盲点

  本日参加した研修会の中で、いくつかの重要な視点を得ました。 その一つを、私なりにまとめてみます。 人間には2つの目があるのですが、見えていない部分がある。 それを「盲点」と言います。 ところが、人間の脳は、実際には見えていないのに、見えているように処理してしまうのです。 私たちが何かの物事を見るときにも、「盲点」があります。 統一原理という素晴らしいものを学びながらも、それが持つ「ビジョン」...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -