FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2011年08月

訓読の真の力

訓読の真の力

 今から14年近く前になりますが、清平修練苑で40日修練会に参加した時のことです。 日本の責任者が参加したその修練会に、文先生は一つの指示をされました。 「原理講論を8回訓読しなさい」 という指示です。 それで每日数時間、代表者が順番で前に出てマイクを使って訓読し、全体もそれに合わせて訓読を続けました。 初めのうちは、 「み言葉はよく理解しながら訓読しなければ意味がない」 と考えて、比較的ゆっ...

... 続きを読む

真の父母を迎えるための生活

真の父母を迎えるための生活

 人類の歴史は何を目指して流れてきたのでしょうか。 さらに、その歴史はなぜ同じようなパターンを何度も繰り返してきたのでしょうか。 統一原理の歴史観によれば、これまでの人類歴史は非常に明確な目的に向けて流れてきました。 それは、 「メシア、人類の真の父母を迎えるために流れてきた」 というのです。 その洞察と分析は、実に見事です。 アダムの息子たち、カインとアベルはなぜ対立し、最後には殺人事件まで起き...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

息子入魂の肘置き

息子入魂の肘置き

最近の学校では、夏休みが終わるとともに体育祭や文化祭がすぐに始まります。 我が家でも、高校は明日が文化祭、中学校は次の日曜日が体育祭です。 高校の息子は文化祭の大道具係、娘は体育祭のデコ長。 息子は美術部ということで大道具係を任されたようです。 不得意な分野ではないので悪くはないでしょうが、息子が嘆くには、 「大道具の担当は、俺以外全部女子。話がうまく合わないし、思うように動いてくれない」 それでも先...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

死ぬことが問題ではない

死ぬことが問題ではない

  私たちが昇華したら、どんな姿で霊人体が人間の体の中から出て、どこにまず行くのですか? どこにまず行くと思いますか? 霊界にまず行くのではありません。自分の肉身のあるところで、3日の期間はそこにいるのです。それがすなわち祭壇なのです。 ところで今日、本当に本人たちがしっかりと生活して、善なる体になって、自分の霊人体が肉身とともに、3日の間地上に...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

学校の中に花がない

学校の中に花がない

 今年1年、娘の中学校のPTA役員を仰せつかっている関係から、第59回日本PTA全国研究大会に参加してきました。 第8分科会「健康安全」です。 午前中の講演者は、教育・食育アドバイザーの大塚貢氏。 長野県の中学校長時代に、給食のメニューを和食中心に変えることなどによって、荒れた学校の状況を劇的に変えていったという実績の持ち主です。 学内の煙草の吸殻が皆無になった。 不登校が劇的に減った。 万引事件...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

* by tenmondai
これは会社にも言えるのかな?
となると、我が社は・・・・・・。

自分なりに考えない問題解決

自分なりに考えない問題解決

 もうそろそろ床に就こうとした深夜、1通のメールが入りました。 それを読んで、自分の重要な不作為があったことを悟り、 「この問題を、明日どう解決しようか?」 と思い巡らせ始めると、心配になってなかなか寝つかれなくなったのです。 こういうことは時々あるのですが、この時は少し冷静に自分を見つめてみました。 そこで分かってきたことがあります。 自分なりに解決策を思い巡らせるというのは、言うまでもなく、自...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

承認待ちコメント * by -

息子とともなる敬拝

息子とともなる敬拝

 高3の息子には、私から見てちょっと変わった性癖があります。 娘は自分の部屋に好きなマンガのシリーズをきれいに並べているのですが、時々息子が忍びいって、そのマンガを全部逆向きに並べ替える。 私がノートパソコンで作業していると、向かいに座ってモニターを180度まで押し下げる。 「何だ!」と言って私が引き戻すと、しばらくしてまた押し下げる。 最近は毎晩、息子と2人で敬拝をします。 私が右側、息子が左...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

* by ten1ko2
息子さん、可愛いですね。
愛されたいがゆえの行動なのだと思いますけれど。。。
ですから、お父さんとのコミュニケーションなんでしょうね。
それにしても、教育部長さんが葛藤されるということですから、性相はあまり似ておられないのでしょうかね。
奥様に似ているというわけでもないなら、そういう年頃ということでしょうか。
今後の展開に期待しちゃいます。。。

醜い松の木が山を守る

醜い松の木が山を守る

 韓国の歴史ドラマを見ていると、君主と臣下が絶妙な関係を見せる場面がしばしば出てきます。 臣下が命を張って主君を諌める。 あるいは見事な知恵を使って、主君の考えを変えさせる。 脚色とは分かっていても、その良くできたストーリーが韓国ドラマの魅力の一つです。 日本の教会の総会長である宋榮渉(ソン・ヨンソプ)師の証を聞くと、まるでその韓国ドラマの1シーンを見るような思いになります。 ある時、文先生が幹...

... 続きを読む

気づく瞑想

気づく瞑想

瞑想を深める過程において、 「気づく」 という心の作用がとても重要です。 「気づく」というのは、普段と見方を変える、感情や思い込みから脱して観察してみる、ということです。 この「気づく」ということを意識的にする前は、私たちはある考えに没頭しているのに、その没頭していること自体に気づかないのです。 どのように「気づき」の過程を深めるのか、身近な例で考えてみましょう。 ● 母親に嫌な用事を頼まれた。気分が悪...

... 続きを読む

神との平和を語る

神との平和を語る

  もちろん、人間は平和を好みますが、一方では、争いを好むこともあります。 非常におとなしい牛を闘わせたり、鶏がとさかを逆立たせ、鋭いくちばしで柔らかい肉片を噛みちぎったりするのを見て楽しむのが人間です。 それでいて、子どもたちには「喧嘩をしないで仲良く遊びなさい」と言います。 結局、戦争を起こす根本原因は、宗教や人種ではなく、人の心...

... 続きを読む

無思考の鍛錬

無思考の鍛錬

  『「1日15分」瞑想法 (PHP文庫) 』(宝彩有菜著)を読みながら、瞑想について少し瞑想してみます。 瞑想がいつ、どのように考案されて始まったのか、私には分かりません。 人類最古の文明と言われるシュメール時代の神官は、 「思念とは神から与えられるもの。人間がすべきことは、魂の空間を用意することだ。 その空間が用意できれば、節目の重要な時に神から必要な思念が降りてくる」 と考えていました。 デカルト...

... 続きを読む

2つの欲望から生き方を査定する

2つの欲望から生き方を査定する

 神様は私たち人間を愛して喜ぶ対象として、ご自分に似せて創造されました。 それで私たち人間の心には、神様の心に似て「知情意」の3機能があります。 その心の欲望を満たし喜ぶために、私たちは自分を取り囲む対象世界に価値を求めます。 知は真という価値を求める。 情は美という価値を求める。 意は善という価値を求める。 このような欲望を「価値追求欲」と呼びます。 人間は同時に、神様との関係も持ち、自らが対...

... 続きを読む

* by k
解りやすくてとても勉強になりました!!ありがとうございます!!

聖人と小人、自己犠牲と自己追求 * by 詠み人知らず
今日もまた、素晴らしい記事ですね。

聖人と小人の差について、すっきり頭の中に入ってきたように思います。