FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2011年04月

「濃くて良い」関係への道

「濃くて良い」関係への道

  「濃さ」と「良さ」という2つの座標で人間関係を分類すると、 ① 濃くて良い関係 ② 濃くて悪い関係 ③ 薄くて良い関係 ④ 薄くて悪い関係 という4つの領域に分けることができます。 一番理想的な関係は、言うまでもなく、①の「濃くて良い関係」です。 それなら、「濃くて悪い関係」と「薄くて良い関係」とでは、どちらがより良いでしょうか? 『氏族伝道の心理学』で著者の大知勇治氏は、「濃くて悪い関係」のほうが...

... 続きを読む

抽象的ですいませんが・・・ * by ペナンの朝
こんにちは。
日々いろんな出来事があって、様々に悩んだりします。
具体的に何かとお話するほどのものでもないですが、なぜだかいつも、教育部長様のブログの中に答えを見出しています。今日のもなぜだかそんな記事です。

>「濃い」関係を作るためには、先ず以て、自分自身が心を開く必要があります。
>自分が開いても、相手も同じように開いてくれるとは限りませんから、自分が傷つくことも覚悟しなくてはな>りません。

全くその通りだと思います。いつも傷ついてばかりです。

>「薄くて良い」関係を直接「濃くて良い」関係に変えていくことは至難です。
>「濃くて良い」関係に到達するまでに、その過程として「濃くて悪い」関係を経ていかざるを得ません。
>ここが勇気のいるところです。

たとえ傷ついても、決して後悔するものでもありませんね。今日も教育部長様の言葉(記事)に勇気を得ています。いつもありがとうございます。


ペナンの朝さまへ * by 教育部長
私自身も、この「心を開く」というところが大きな課題です。
日常生活の中では、子どもたちとの関係を通して、かなり訓練させられており、有り難いことだと思っています。

休日の一仕事

休日の一仕事

 昭和の日の今日、普段のペースとは違う1日を過ごしました。 午前中は、娘が和楽の演奏会に出演。 会場は、地元の神社横にある和楽堂。 毎年この日に開かれる演奏会ですから、娘の出演は今年が7回目です。 最初の演目は、子どもたちだけの演奏で「さくら」。 それは私も最前列で聴いたのですが、その後幾つかおいて独奏の演目が控えていました。 ところがその前に娘が私のところにやって来て、 「お父さん、私の独奏は聞...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

神は人間のイメージをいかに創られたか

神は人間のイメージをいかに創られたか

 以前から教会での勉強を続けておられる画家先生の誕生祝いをしようと、数名連れ立ってカラオケに行きました。 先生は今年89歳になられるというのに、矍鑠(かくしゃく)たるもので、終戦直後の古い歌から中島みゆきの歌まで、実に精力的に歌唱。 拍手喝采が鳴り止みません。 自作した名刺の裏には、昔何かの大きな賞を受けた女性の肖像画が印刷されています。 若い女性が深い青のドレスを着て、青いソファに腰掛けていま...

... 続きを読む

「他力の声」に従う覚悟

「他力の声」に従う覚悟

  五木寛之氏の『人間の覚悟 』の序文に、親鸞上人の覚悟について触れています。 その出典は『歎異抄』です。 あるとき、遠方から訪ねてきた念仏の信仰者たちが、上人に念仏の極意を尋ねます。 それに対して上人は、こう答えたのです。 「私は師である法然上人の言われるとおりに、そのまま信じてついて行っているだけで、ほかに難しい理由はない」 「特別な極意などというものはない」と言うわけです。 そして、それに続け...

... 続きを読む

神様の言いなりに生きる

神様の言いなりに生きる

 平安期の日本では、天災と病気を分ける発想がなく、どちらも自然のもたらす災厄とみなしたようです。 天災が人智人力を越えた次元で不意にやってきて災いをもたらすように、病気も天地の動静によってもたらされるので、それ自体を避けようがないと考えました。 その当時に比べれば格段に医学の発達した今日では、受け入れがたい蒙昧だと感じられながらも、首肯せざるを得ない面もあるように思います。 田中好子さんが先日...

... 続きを読む

* by ドラミちゃん
私も命に関わる病気ではありませんが、大病を持ったにも関わらず、治療薬により、それまでかかえていた皮膚の悩みがなくなったことが幸いとなった経験があります。何よりも、病気を通して神様に出会えたこと、そして、仕事しながらではみ旨もよくわからないままでしたが、何度もの入院生活が修練場となっていたことを思えば、全て神様のお導きであったとしか考えられません。
病気に感謝です。

管理人のみ閲覧できます * by -

* by tenmondai
私も胃癌で胃を半分切り取りました。周囲の人も『なぜ酒もたばこもしないお前が癌になるんだ?』と言い私もなぜ自分が癌に?と思いました。しかし、事実癌なので受け入れざるを得ません。入院している時に思った以上の人が心配してお見舞いに来てくださり、人の温かさを感じました。
そして何より、お見舞い返しと言う名目で自叙伝を多くの人に渡すことができたのが幸いでした。自叙伝を渡して統一教会員であると証したことにより、隠れクリスチャンのような息苦しさから解放されました。感謝です。
ただこれからは私の一挙手一投足が統一教会員として見られていることを思えば少し緊張してしまいます。

33年生涯の終着点

33年生涯の終着点

  イエス様は人類史上初めて無原罪で生まれた、まさに神の独り子でした。 しかし、その33年の生涯は、悲惨の連続だったと言ってもいいものです。 養父ヨセフとの関係は、イエス様が成長するにつれて日に日に悪化しました。 その中でもイエス様はご自分の使命を悟り、17歳、27歳、そして30歳の時に3度も母マリアに、ある女性との結婚の嘆願をします。 しかし、その3度とも、マリアは拒絶。 本来ならば、ザカリヤ...

... 続きを読む

蕩減条件の出発点

蕩減条件の出発点

 先日の記事「復帰摂理上の神様の内情」で、次のように書きました。 「復帰原理とは、創造原理を復帰摂理に応用したものである」 復帰原理の中に、 「蕩減条件」 という重要な概念が出てきます。 堕落した人間は神様とサタンとの中間位置に置かれるようになったので、人間自身が「善なる条件」を立てたときには神様の側に、「悪なる条件」を立てたときにはサタンの側に分立されると言います。 ここで言う「善なる条件」が蕩...

... 続きを読む

* by tenmondai
蕩減という言葉はもともと金融用語で借金の棒引きと言うような意味です。
だから蕩減条件とは、借金の棒引きをしてもらうための条件でしょうか。どれだけの条件を積めば蕩減してもらえるのかは、神が決めること。同じ兄弟でも、少しの条件で借金がなくなる人、いくら条件を積んでも借金が残る人がいるのは、蕩減は神がすることだから。これには人間が介在できない。
と言うのが私の見解です。
だから、何があっても感謝。しかし、感謝できないことが多すぎる気もするが…。

私は原理講論では、授受作用が核心と思っています。

tenmondaiさんへ * by 教育部長
蕩減ということについては(その他の多くの概念も同様でしょうが)、いろいろな側面からの見方ができるものと思います。
その一つが「創造原理的観点」から見てみるというものです。
見方によって、違う知見が得られることが有益な気がして、考えてみました。
創造原理の核心についても、結構十人十色かも知れませんね。

* by tenmondai
見方によって違う知見が得られるというのも有益な反面、分派を生んでしまうかも知れない怖い面もありますよね。
要は、傲慢にならないということですかね。

夫のあるがままを受け入れる

夫のあるがままを受け入れる

  女性講師を招いて「良妻賢母講座」を開きました。 対象は既婚婦人ですが、私もオブザーバーとして参加。 とても細やかな点まで入っていく実践的な内容で、今後とも続けたい講座でした。 内容を少しご紹介します。 良妻賢母の第一ステップは、「あるがままを受け入れる」。 「あるがままを受け入れる」とは、「夫を変えようとしない」ということです。 夫を変えようとすることは、台風の方向を変えようとするのにも等しい...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

* by かお
いつも拝見させていただきとても勉強になります。
まだ家庭出発はしていないのですが、主体者と葛藤するので、変えようとしてはいけないんだなぁと勉強になりました。

かおさまへ * by 教育部長
私もいろいろ悟るまで、時間が随分かかりました。
早いうちから自分の心の姿勢を整えることができれば、それだけ良い結婚生活になると思います。

はじめまして * by まき0203
いつも拝見させていただいて本当に勉強になります。わたしは軽度の知的障害をもっていて祝福が受けられるかわかりませんが、今はアベルを通してデイケアなどをがんばっています。
こんなわたしですがわからないながらでもみことばを通してみむねを歩みたいです。

神様なりの観念を捨てる

神様なりの観念を捨てる

 今手元にその本がないので、うろ覚えで不正確ですが、今朝教会で訓読された文先生のみ言葉があります。 その要点は、 「自分なりの生活観念を持つな」 というものです。 1960年代か70年代頃のみ言葉ではないかと思います。 昔読んだ記憶はあるのですが、今日久しぶりに聞いてみると、自分が覚えていたのはその後半部分で、前半部分はほとんど記憶になかったことに気がつきました。 後半部分にあるのは、こういう指摘...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

三つのことば * by mikotoba
出発に先だち日本の子らに
1967年8月6日
三つのことば
一、目的観に徹せよ 
二、生活基準を立てるな 
三、負債を残すな 
( 神の目的を完成するには人が必要である。人間と一体化しなければならない。しかし神の目的の人間というのは、個人復帰じゃない。その目的は何か。天宙復帰である。その中には、過去も現在も未来もみんな入る。 そういうような立場の神の目的基準に人間が目覚めて立った場合のその人間の目的基準は、最低どういう心を造って立つことになるか。・・・)
( 生活基準を立てるな。即ち、それは一体それはどういうことか。 神は今まで六千年間、ずっと復帰路程を辿ってきながら、神自身の生活をなしてきた。しかし神本来の生活はどういう基準か。このような復帰路程にもかかわらずみじめな生活基準か、それとも永遠なる、栄光の生活か、それは永遠であり、それに栄光である絶対的生活基準が神の生活基準である。それにもかゝわらず、一瞬間でも、自分は栄光の神である。自分は永遠の勝利の基準の上に立って住まなければならない者であるということを想い出した場合には、堕落した人間を復帰することはできない。・・・)
( いかなる負債をその人は抱えるか。 父母より二〇年間、ただで育てられ、それを報いなけりゃならない。そをれを報いる方法はどういう方法か。 負債を弁済する方法は、善人になること、善人にはなれる。 善人になることによって全ての負債を弁済することが出来る。・・・)

mikotobaさんへ * by 教育部長
貴重な御言を教えていただき、感謝します。
よくみ言葉を整理しておられるのですね。
これからも不足なところがあれば、ご指摘ください。

私はこれからローマへ行く

私はこれからローマへ行く

 昨日の記事「復帰摂理上の神様の内情」に、少し追記します。 サタンは自分の責任を伏せておいて、神様とアダムの責任だけを追及します。 「創造原理からすれば、神様とアダムは、完成した愛で私を愛さなければならないでしょう」 と、自分が愛を受ける権利があることを主張するのです。 神様は、次のように言い返すことができるかも知れません。 「お前が自分の過ちを謝罪し、自分の果たすべき責任を果たしてくれば、お前が...

... 続きを読む

復帰摂理上の神様の内情

復帰摂理上の神様の内情

 本日、教育部長の1日研修会に参加してきました。 統一原理の中の復帰原理に関して、3講座の講義を伺い、大変啓発されたものがあります。 その内容の全てをお伝えするわけにはいきませんが、一部だけでも書いてみます。 復帰原理とは、堕落した人間を創造本然の立場に戻して創造理想を成就するための原理です。 しかし、原理というものはいくつもあるのではなく、唯一、創造原理だけです。 ゆえに、復帰原理とは創造原理...

... 続きを読む

承認待ちコメント * by -

やり場のない神の怒り

やり場のない神の怒り

 『氏族伝道の心理学』(大知勇治著)を取り上げる3回目です。 私たち人間には「不安」と「怒り」があると指摘されましたが、同様の感情は神様にもあるのかどうか。 「ある」 と大知氏は考えます。そう考えてみることによって、神様の心の中により深く入っていけるようにも思われます。 天使長の誘惑によってアダムとエバが堕落したとき、神様は彼らの上に「呪い」を置かれました。 エバに対しては、 「あなたの産みの苦しみ...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -