FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2011年02月

米国の旅は道連れ

米国の旅は道連れ

  羽田から成田、ロサンジェルスを経由してラスベガスまで同行を頼まれた愛媛の婦人は74歳の方でした。 年齢の割には耳も良く聞こえ、頭もしっかりしておられたので安心したのですが、伺ってみると、過去に2度も脳梗塞で倒れたことがあるそうです。 1度は医者からも「余生は車椅子の可能性が高い」と言われながら、医者が驚くほどに回復。 今見ると、心持ち片足がびっこを引く程度で、とてもそういう病歴を持った方とは...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

* by yoshio
 私の妻と子供2人、先週の土曜日に牧師さんたちと共に日帰りで行きました。日本からも結構参加されたのですね。驚きました。記事楽しみにしています。

yoshioさまへ * by 教育部長
ありがとうございます。
励みにして頑張ります。

ラスベガス・ツアー速報

ラスベガス・ツアー速報

23日に成田を発ち、10時間かけてロサンジェルス着。 そこからさらに国内線に乗り換えて、1時間ほどでラスベガスへ。 普通の観光旅行とはやや趣が違って、かなりハードなスケジュールなので、ブログを更新する間もありませんでした。 今日(25日)はツアーの3日目。 朝早くからホテルを出発してグランドキャニオンに向かい、再び降りてきて夕食を済ませ、9時頃に近くのモーテルに入りました。 砂漠の真ん中。 周りには...

... 続きを読む

* by kimkim
速報ありがとうございます。このコメントを読まれる頃は、帰国されてますでしょうか。

私の相対者も渋谷教会からそちらに参加しています。少しぽっちゃりした女性です(^o^)

無事に戻られますようにお祈りいたします。

* by Yoshio
時差が大変でしょうが頑張ってください。ところで私もブログ村に参加しました。内容を今は聖進様の出会いを始めに書いています。今126番目ですがおそらく上には上がらないでそう。それの方が私にとって良いです。教会員です。こちらです。

http://blogs.yahoo.co.jp/costamesacar

クセが運命を変える?

クセが運命を変える?

『運命の波にのる魔法のクセ(習慣) 』で勧めるいくつかの「クセ」の中から、参考になると思われるものをまとめてみました。 1.財布の中を整理する 財布はお金の家。財布の状態が、その人の経済状態を象徴します。 ① 金額をきちんと把握する。(自分の経済状態に目を向ける) 妻が生きているときは、彼女がしっかり家計簿をつけていました。彼女が逝ってから、何度か家計簿をつけようとしましたが、長続きしませんでした。 気...

... 続きを読む

嫉妬から解放される方法

嫉妬から解放される方法

以前、ある方から、嫉妬から解放される方法を教えていただいたことがあります。 「人のものは絶対自分のものにできない」 「自分のものは絶対人に奪われることはない」 そう思い定めることだ、という教えでした。 以来、この2行の言葉を折にふれて考えてみるのですが、正しいように思います。 ただし、「人のもの」「自分のもの」という場合の、「もの」は私が自分の外部に所有している「もの」ではありません。 お金や家、土地...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

なるほど、ディズニー

なるほど、ディズニー

『9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方 』(福島文二郎著)に紹介されている「教え方」のいくつかをご紹介します。 著者の福島氏は、東京ディズニーランドがオープンした1983年入社の一期生です。 1.後輩を叱るノウハウ 先輩にとって、後輩を叱るというのは気が重いものでもあり、難しいものでもあります。 基本姿勢としては、 ① 叱る前に褒める ② 叱った後、フォローする これは、親が子どもを叱る...

... 続きを読む

* by ten1ko2
私の所属する教会に、ディズニーランドでアルバイト(キャスト)をしている婦人がいます。
彼女は本当にディズニーランド好きな方ですが、「バイトをしてさらに好きになった」と言っています。
教育部長さんが書かれた記事の内容を本当に実践しているそうです。
ちなみに、8番の表彰を受けて、「とても嬉しかった」と言っていました。
まさに、『五人組』の反対制度ですね。
アトラクションの面白さもありますが、スタッフが喜んでいる雰囲気も、リピーターが多い理由の一つかもしれません。
私たちも学ぶべきことが多いですよね。

ただし、ここだけの話ですが、楽しい職場ではありますが、勤務内容は大変みたいです。
これは私たちの教会も同じだったりして(笑)。

Re: タイトルなし * by 教育部長
互いに褒め合う文化の中で、「嬉しい」という気持ちが業績などにもどれくらい反映されていくか、そういうことが数値的にもはっきりさせられるといいと思いますね。
その点、今の政治の世界はエネルギーのロスがものすごく大きいと感じます。

* by tenmondai
こんな良い話もあったそうです。
http://homepage1.nifty.com/misaki-co/disney.htm

tenmondaiさんへ * by 教育部長
本当に感動的な良いエピソードですね。
教育も行き届いているのでしょうが、ディズニーランドという場そのものがもつ独特の世界の空気が、人間をそのようにさせやすくしているとも感じられます。
人生はマニュアルではなく、感動だ。
ということを教えられました。
ありがとうございます。

使命は使われる命

使命は使われる命

思いがけない頼まれごとが、今日2つ重なりました。 今の教会を借りるときに仲介してくれた不動産屋から珍しい電話。 何だろう? と思っていると、「換わりますね」という声とともに、男性の声が。 どこかで聞き覚えがあると思ったら、娘の中学のPTA仲間です。 「突然で申し訳ないんですが、来年度のPTA副会長をやってもらえんでしょうかね?」 どうして不動産屋の電話を借りてかけてきたのか分かりませんが、確かに突然...

... 続きを読む

* by Yoshio
アメリカの研修ツアーですか。言葉の問題はやはり不安が付きまといます。私の場合、飛行機の中でスチュワーデスさんが近づいてくると、どういう風に話そうかドキドキでした。アメリカはやはりラスベガスでしょうか。頑張ってください。

使命とは、使われる命。頼まれたことは可能な限り受けたほうが良い。私の場合は自分が変わるチャンスだと思ってます。できないとか、苦しいとか、苦労しないといけないとかが、まだ何もしていないのに、やってみていないのに思い込んでしまいます。いまだ私はそんなことが課題になってます。

* by ドラミちゃん
違う環境で責任を果たしていくことも私達には必要でしょう。
これを通して、神様の愛を伝えられていくといいですね。

Re: タイトルなし * by 教育部長
ありがとうございます。海の向こうからブログをアップできればと思っています。

私たちは傲慢でした

私たちは傲慢でした

去る2月4日、統一教会では第28回の愛勝日を祝賀しました。 その式典で、文亨進世界会長が代表祈祷された中に、 「私たちは傲慢でした。真の父母の血の犠牲によって恩恵を受けて生きているのに、自分で生きていると考えてきました」 というような内容があり、それだけが強い印象として残っています。 世界会長は別の説教の折に、 「自分はお父様が言うとおりに生きてきたと思っていた」 と話されたことがあります。 酒を飲むな...

... 続きを読む

私も同感します。 * by 江戸勝志
はじめまして、教育部長様
真のご父母様の血の犠牲。その通りです。神様の前に罪深く傲慢な自分。人を裁くそのあなたの目の針をと言われた、イエス様を思わされます。
このブログを通して得た恵みに感謝します。ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます * by -

承認待ちコメント * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

才能は誰のものか

才能は誰のものか

天の国はまた次のようにたとえられる。ある人が旅行に出かけるとき、僕(しもべ)たちを呼んで、自分の財産を預けた。それぞれの力に応じて、一人には5タラント、一人には2タラント、もう一人には1タラントを預けて旅に出かけた。(マタイによる福音書 25:14-15) イエス様の巧みな喩え話です。 5タラントと2タラントを預かった僕たちは、それぞれそれを元手に商売をして、利益を上げ、財産を倍に増やしました。 帰ってき...

... 続きを読む

私に向かう神の言葉

私に向かう神の言葉

人類最初の家庭で長男カインが弟のアベルを殺害することで神様の願いを背負うことができなくなった後、約1600年を待って、神様は義人ノアを呼ばれました。 さらにその400年後にはアブラハムを呼び出されます。 「時に主はアブラムに言われた、『あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。』」 その時の神様の呼びかけです。 ノアの時にもアブラハムの時にも、他に多くの人がいたでしょう...

... 続きを読む

* by tenmondai
一昨年、社内の人間関係でものすごく悩んでいた時に、聖歌の6番で立ち直ったことがあります。文鮮明先生の作詞で、『暗き力が我を襲い 思い乱るる弱き我・・・・』です。
『お父様も最初からお父様ではなく、こんな心情を通過しながら今の位置があるんだ。』と思うと、不思議に気が楽になました。社内の問題も結局は私と関係が悪くなっていた人が別の問題で会社を去ることになり、少し後味の悪い感じではありましたが解決しました。
太田会長の講話がきっかけでしたが、教育部長のブログを見て、これが私個人への呼びかけだったかなと思います。

管理人のみ閲覧できます * by -

tenmondaiさんへ * by 教育部長
そんなことがあったのですね。
神様が個人的に語りかけてくださると考えると、本当に有り難い気がします。

聞き手としての自分の限界に気づく

聞き手としての自分の限界に気づく

臨床心理のデータによると、平均して、人の心には1日に5万の思いが去来すると言われます。 この思いには、大きく分けて2種類があります。 ① 考え ② 感情 「今、あなたは何を考えているの?」 と尋ねられれば、大抵は何らかの内容を答えられそうです。 「今日は朝から寒いな」とか「あの人はなぜあんな事を言ったのだろう」などなど。 しかし、「今、あなたは何を感じているの?」 と尋ねられれば、「?」となりやすいのでは...

... 続きを読む

感情によって反応する

感情によって反応する

人の話を聞かない態度の2つ目は、 「自分自身の感情から生まれた反応をすること」 です。 相手の言葉によって、私たちにはさまざまな感情が生じるわけですが、特に感情を掻き立てる2つの場合があります。 ① ほめられたとき ② 批判されたとき ほめられたときの感情もかなり複雑なものがありますが、ここでは批判されたときの対応について考えてみます。 ある夫婦が夫の両親の結婚記念日をお祝い...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

自分だけに焦点を合わせる

自分だけに焦点を合わせる

昨日の記事『人の話を聞く方法を学ぶ』の続き。 私たちが人の話を聞かない態度の第一は、 「自分だけに焦点を合わせること」 です。 次の会話を例にして考えてみましょう。 A男「今の仕事が嫌なんだ。職場での言い争いやけなし合いにはウンザリなんだよ」 B子「私はあそこをやめて、せいせいしているわ。あなたも、もっと前にやめればよかったのに」 A男がこの話を持...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

本性なら堕落性ではありません * by アース
人が何かを話すときには、必ずその背後に、「自分の気持を理解してほしい」という願望があるとありますが、いいすぎですね。愛を完成した人間もそうなるということになりますからね。それなら堕落性を脱ぐには会話することができないし、そもそも人の話しを聞かないということ自体がいけないことなのか?という疑問が上がってしまいます。