FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2010年11月

躓(つまづ)く生き方

躓(つまづ)く生き方

今から3年ほど前。 小学5年生だった娘が、学校で習う算数が理解できないと言って、しばしば私のところにやって来ました。 それは小数点のある数字同士の掛け算だったり、複数の三角形の面積の比較だったり。 親でも難なく教えてやれる程度の問題なので、教えながら一緒に解こうとするのですが、 「分かったか?」 と聞いても、往々にして娘は頭を抱え込み、浮かぬ顔で返事を返さないのです。 私にしてみれば、習った通りの公式...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

ここに解答のすべてがある

ここに解答のすべてがある

久保木修己。日本統一教会の初代会長。 1998年12月、享年67歳で昇華。 1985年当時、ある全国大会の際に語られた講演のアーカイブ映像を視聴する機会がありました。 文鮮明先生の教え「統一原理」は、崔奉春(日本名・西川勝)宣教師によって、1950年代末に、日本にもたらされました。 それから数年後に、久保木先生は、当時会員がおそらく数十名という草創期に導かれたのです。 当時、久保木先生は、300万信...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

子宮の鼓動に合わせて呼吸する

子宮の鼓動に合わせて呼吸する

呼吸について考えれば考えるほど、神秘的なので、ここで少しまとめてみます。 霊界での呼吸方法はまだ未知ですから、胎中とこの世の呼吸についてです。 ① 新しい生命が出発するとき、呼吸の方法が変わる。 ② 自分が存在する世界の鼓動に合わせて呼吸する。 ①については、先日書きました。(「胎盤呼吸から肺呼吸へ転換する瞬間」) ②について、考えてみます。 では、自分がなぜ生まれたのでしょう...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

胎盤呼吸から肺呼吸へ転換する瞬間

胎盤呼吸から肺呼吸へ転換する瞬間

先日、 「神様は生殖器を標準として人間を造られた」 という文先生のみ言葉を紹介しました。(「神様は何を標準として人間を造られたか」) それに対して、 「人は死んで霊界に行くと、どこで呼吸するようになるのだろうか? もしかして、生殖器でしょうか?」 というコメントを頂きました。 これに対する明確な解答は、今のところ私にはないのですが、胎児の呼吸について調べてみて、改めて、人間の神秘、神様の創造の妙味を感じ...

... 続きを読む

何となく、神様の力が現れる

何となく、神様の力が現れる

感謝するとは・・・ 「ありがたい」と思うことではなく、 「ありがたい」と感じることだ。 「空気があって生きている」と思うことではなく、 「空気は何とありがたい」と無性に感じることだ。 教会のある婦人が、 「最近は、何だか時代が前とは変わってきたように感じる」 と言うのです。 「どんなに難しいなと思うようなことでも、『神様が喜ばれるようにやりたいな』と思って心を決めると、いつの間にか、何となく、道が開けて、思...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

真善美の感動だけが記憶に残る

真善美の感動だけが記憶に残る

大学ノート2冊と英語ノート1冊と三角定規。 元祖コーラと小梅と、とろーりクリームオンプリン。 子どもたちに帰りがけの買い物を毎日のように頼まれます。 ところが、最近の私は、うっかりが相当多いのです。 物忘れがひどいというのは自覚していますから、大抵はケータイの「予定」に入れて、アラームを設定しておきます。 しかし、それでも忘れる! 帰りがけにケータイをカバンに入れたままだと、予定時刻が過ぎればアラー...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

神様は何を標準として人間を造られたか

神様は何を標準として人間を造られたか

「人間が神様の子女であるということは、人間は神様が産んだのであり、万物は神様が創造した、というべきではないでしょうか?」先日、別の教会の教育部長N氏と話しているとき、彼がそんなことを言い出したのです。私は「うぅーーん」と唸ったなり、なんとも即答できませんでした。文先生のみ言葉の中で、私たちの旧来概念を最も大きくひっくり返したことの一つが、「生殖器」に関するものだと思います。 神様に生殖器が...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

愛の器官とはなんでしょうか * by ペナンの朝
教育部長様こんにちは。
よく人生の3段階ということで、腹中(胎中)生活、空中生活、愛中(霊界)生活なんて表現をされます。腹中期間はへその緒で呼吸し、空中期間は口・鼻で呼吸し、愛中期間は愛の(呼吸)器官で呼吸するという表現もあります。私自身は霊人体は霊体全体で呼吸するというイメージを持っていましたが、み言葉を読んでいると、霊人体の愛の(呼吸)器官は、まさに(霊人体の)生殖器ではないか、という疑問が湧いてまいりました。霊人体は生殖器で神の愛を呼吸するのでしょうか?どのようにお考えですか?私はまだこの観点でみ言葉を読み進めたことがありません。明快な解答を与えるみ言葉などありますか?ご意見いただければ有り難いです。

Re: 愛の器官とはなんでしょうか * by 教育部長
私もご質問に関する適切なみ言葉を知りません。
胎児はお腹の中で胎盤を通じて呼吸していると言われていますね。
母親から胎盤を通じて栄養素と酸素を受け取り、古くなったガスを胎盤を通じて排出しているといいます。
へその緒を切ると同時に、肺が開かれて肺呼吸が始まるわけです。
「おぎゃあ」という新生児の最初の泣き声は、この肺の気道を開くためのものだとも言われます。
そう考えると、人生の段階が変わるときに呼吸の仕方を変える瞬間というのは、極めて重要であり、また危険なことでもあります。
肉体の死にともなって、どのような新しい呼吸器官が動き出すのか、私にも良くは分かりませんが、うまい具合に働き始めてくれないと、呼吸困難に陥る可能性もあるかも知れません。
なにか良い知見を得られたら、お教えください。

* by ペナンの朝
何時もご丁寧に返答頂き、有り難うございます。
生殖器の問題はまだまだ一般社会にあって、誤った方向に引き込まれかねないこともあるかと、注意していかなければならないと思っているところです。時は、『原理本体論』、そして『絶対性』の時代ですから、不思議と反対側の話題や古い話題も湧いてくるものですから不思議なものです。
そういえば余談ですが、周藤先生が、花々の美しさはまさに植物の生殖器だ、植物は生殖器の美を誇らしげに見せている、とおっしゃっていたのを思い出しました。
生殖器に関する神秘は、まだまだ奥深いものがありそうですね。
いつもありがとうございます。

人を赦す2つの方法

人を赦す2つの方法

人間関係に難しい問題が起こるとすれば、その根本はやはり「自分の心」。 6000年ぶりに天使長ルーシェルが神様のもとに戻ってきたとき、神様は激しく泣かれたと聞いています。 こんなにも泣く方がいるのかと思うほどに泣かれる神様からは、 「よく帰ってきた。どれほど困難な時間を過ごしただろうか」 という心情が伝わってきました。 神様は6000年間、空席になった天使長の場所を開けたまま、彼が帰ってくるのを待ってお...

... 続きを読む

森で学んだ平和の原理

森で学んだ平和の原理

  私が森を愛したのも、その中に世界のすべての平和に通じるものが宿っていたからです。森の中の生命は争いません。もちろん互いに食ったり食われたりですが、それは空腹で仕方なくそうしているのであって、憎しみからではありません。 鳥は鳥どうし、獣は獣どうし、木は木どうし、互いに憎むことはありません。憎しみがなくなれば平和がやって来ます。 同じ種どうしで...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

弱肉強食 * by デンデン
人の面倒を見るから強食、人の面倒を見ないから弱肉

魚は沢山産み捨てるから沢山食べられて弱肉

人はどれだけ産み捨てる人がいるのでしょうね。

案外、人の面倒を見るか見ないかで、人間社会の弱肉強食の構図が整うのではなかろうか?

娘の本音トーク

娘の本音トーク

「お父さん、私ってね・・・、かなり、腹黒いと思うのよ」 英語コンテストを終えて帰ってきた娘が、内面的な本音の話をしてきました。 コンテストは町中の中学校から選抜された生徒が出場して、スピーチ部門と単語書き取り部門とに分かれて、実力を競うものです。 娘は、2年生ながら、単語書き取り部門に出場し、3年生たちに混じって競技したのですが、さすがに入賞することはできませんでした。 「腹黒いとは、どういうところを...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

夫婦愛を芸術化しなさい

夫婦愛を芸術化しなさい

西洋発祥のバレエに東洋の精神を盛り込んだ「ユニバーサル・バレエ」。 韓国随一のバレエ団の公演「沈清(シムチョン」を観劇しました。 音楽、踊り、衣装、セット、すべてが素晴らしいもので、久しぶりに本物の芸術の味を堪能した宵でした。 貧しい家の娘として生まれた沈清。 父は盲目、母は沈清を産むとすぐ、難産がもとで他界。 残された父と娘は、物乞いをしながら生きる境遇に落ちました。 ある日、村を通りかかった僧が...

... 続きを読む

教育部長の反省「言うは易いが・・」

教育部長の反省「言うは易いが・・」

言うは易いが、行うはやはり難しい・・・。 本日、3回目の夫婦セミナーを開きました。 講義の内容はこれまでと同様、4つのポイントで話し、エキササイズもやってもらいました。 (「私の父母は愛し合っているの?」を参考に) 受講者の感想は、概ね好評。 「もっと相手に感謝しなければいけないと思った」 「褒めることを上手にできるよう努力していきたい」 というようなものでした。 そのセミナーが終わると、今夕は高校に回り...

... 続きを読む

* by ドラミちゃん
教育部長でもそんな思いをされるのですね。車に食材が乗っていなかったら、そこまでではなかったことでしょう。
私は時間厳守タイプなので、時間のずれにはかなり葛藤します。しかし最近は、これにも何か意味がある、遅れることで良い展開が生ずるかもしれないと思い直し自制します。
過ぎてみれば、何の問題も残っていないような気がします。

親子って * by ひろさん
親子ってお互いに成長するのですね、きっと息子さんも言葉にしなくてもいろいろと感じた世界があったのでは?神様も我が子である人間と親子の絆を育みたいのでしょうね。