FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2010年09月

私たちは愛し合う

私たちは愛し合う

それでは、幸福はいかにしたら得られるのであろうか。人間はだれでも、自己の欲望が満たされるとき、幸福を感ずるのである。・・・ ここにおいて、我々は、善の欲望を成就しようとする本心の指向性と、これに反する悪の欲望を達成させようとする邪心の指向性とが、同一の個体の中でそれぞれ相反する目的を指向して、互いに熾烈な闘争を展開するという、人間の矛盾性を発見するのである。 (『原理講論』総序 p.22) 欲望と幸福と...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

役割理論で人を見る

役割理論で人を見る

近所で思いがけない事件が起こると、犯罪で逮捕された人について、マスコミが必ず近隣の人たちにインタビューします。 すると大抵の人から、 「あんな犯罪を起こすような人には見えなかった」 「道で出会うと愛想よく挨拶してくれていたのに・・・」 などというような決まりきった反応が返ってくるものです。 このようなインタビューを繰り返し流すマスコミは、 「人間というのは見た目では分からない。近所の人にも気をつけろ」 と...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

起源を扱えない科学の限界

起源を扱えない科学の限界

未解明の3つの「起源」。 その2つ目である「宇宙の起源」について、少し考えてみます。 少し前まで、「ビッグバン」が宇宙の始まりだという説が非常に有力でした。 その説の標準理論によると、宇宙は「時空特異点」(singularity)としておよそ137億年前に突然現れたと考えられています。分かりやすく言い直すと、ビッグバン宇宙論は、 「宇宙は『無』の状態から小さな一点が大爆発して始まった」 という宇宙論と言ってもいいで...

... 続きを読む

* by tenmondai
アインシュタインや湯川秀樹などの物理学者が、晩年には哲学的な発言をしたりしているのもわかるような気がしますね。一流の学者になると自分達の理論が起源を扱っていないと言うことに悩んでしまうんでしょうか?

管理人のみ閲覧できます * by -

コメント * by tekamolo
私は神の存在を否定も肯定もしない立場ですが、「科学が起源を扱えない」というのは言い過ぎ?(語弊がある?)と思うので参考までにコメントしておきます。宇宙/意識の起源については専門外ですが、生命の起源についてはおよそ「物質の状態変化(物質間の相互作用の変化)」の問題と考えることが(も)できると思います。(そもそも生命とはという定義の問題もありますが)少なくとも地球上のDNAを遺伝分子とする生物の無機物質からの誕生過程を探ることが(物質科学的な一つの)「生命の起源問題」であるという認識はまあそれほど的を外れていないと思います(地球上で化学進化から生命が誕生したという前提ならば)。例えば、現存生物の代謝系を用いることなくDNA分子(もしくはタンパク質など)の高分子を無機物質から合成可能か、という問いは生命起源に関する十分に科学的な命題になりうると思います。(それが解決できるかどうかは別として)つまり、そういう実証可能な命題を立てられる、実験を行なえる、考察できる、コンピュータシミュレーションを試みることができる、という時点で十分に「科学として」扱える問題になっている、と言えるというのが私の考えで「科学では扱えない」ことはないと思います。

もちろん未だに生命の誕生過程について万人が納得できる説明(理論)はできていない(そもそも生命とは何かということすら共通認識ができていない?)ことは認識していますが、その上で、科学的考察をするところに科学の面白さがあると私は思います。またそういった未解決の問題を科学的/論理的に考察することが人間の知的発展、社会的発展につながるとも思います。

難題「3つの起源」

難題「3つの起源」

人間がこの両面の無知(霊的無知と物質的無知)を完全に克服して、本心の要求する善の目的を完全に成就するためには、いつかは、科学を探し求めてきた宗教と、宗教を探し求めてきた科学とを、統一された一つの課題として解決することのできる、新しい真理が現れなければならないのです。 (『原理講論』総序 p.29-30) 科学的には未だに解明できていない3つの「起源」があります。 ① 生命の起源 ② 宇宙の起源 ③ 意識の起源 ...

... 続きを読む

人生の最重要課題

人生の最重要課題

金曜日から今日まで3日間、教会で統一運動紹介のパネル展を開きました。 来場されたゲストの中に、九州の大学を卒業した後、28年間、東京に暮らした独身女性がおられます。 家庭の事情で28年ぶりに故郷に帰ってきたものの、田舎は緊張感がないから嫌いだと言われ、状況が改善すればまたすぐにでも東京に出たいとのことでした。 この人はまた、お父さんもお母さんも、あまり好きではない様子。 特にお父さんの性格や生き方に...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

水の上を歩く信仰

水の上を歩く信仰

新約聖書の福音書を見ると、イエス様が湖水の上を歩いたという記事があります。 ある夜明け方、イエスが湖水を歩いてこられる姿を見た弟子のペテロが、 「私に命令して、そちらに歩いて行かせてください」 と頼みます。 するとイエス様が「来なさい」と言われたので、ペテロは船から降りて水の上を歩いてイエス様の方へ進みました。 ところが強い風が吹いてきて、急に恐ろしくなった途端、ペテロは沈みかけるのです。 私も昔、夢...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

* by サライ
お父様が命じたのか?
アベルが命じたのか?
アベルが命じたことが、お父様が命じたことと一致しているか?
これが、統一教会問題の問題だ。
末端食口はアベルに従うしか道がないのでしょうか?


ノーベル賞と犯罪は紙一重

ノーベル賞と犯罪は紙一重

今日も竹内薫著『99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 』を参考に、「データ改竄」について考えてみます。 ロバート・アンドリュース・ミリカン(1868~1953)はアメリカの物理学者で、1923年にノーベル物理学賞を受賞しています。 賞の対象となったのは、「電気素量」というものです。 これは電気の最小単位のことで、「素電荷」とも言います。 ミリカンの実験によって、あらゆる電気は、電気素量の整数...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

キリスト教の救済観パラダイムは崩れるか

キリスト教の救済観パラダイムは崩れるか

昨日の記事の続きです。 「世界観によってデータを見る」の実例として、宗教史における最大の事件「イエス・キリストの十字架」というテーマを取り上げて考えてみようと思います。 2千年来、キリスト教はこのテーマについて、次のような理論(救済観のパラダイム)を採用してきました。 「イエス・キリストの十字架による死は、神の予定であった。人類始祖アダムの神への不従順を償い、人間の罪を清算するために、イエス・キリス...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

世界観によってデータを見る

世界観によってデータを見る

『99・9%は仮説  思いこみで判断しないための考え方 』(竹内薫著)を参考にして考えてみます。 西洋の世界観は中世にいたるまで、「地上界」と「天上界」とを分けるものでした。 地上界には例外や不規則性があってもいいが、天上界は完璧な世界であると考えられていたのです。 1610年にガリレオ・ガリレイが自前で望遠鏡を作って天体を観測しました。 すると、33倍に拡大された月の表面には無数の凸凹(クレーターで...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

生まれ変わった地球の姿

生まれ変わった地球の姿

船井幸雄氏関連で、もう一つ。 2007年に公表された『少年宇宙探訪記・インタビュー「宇宙船で学んだ地球の未来」』というものがあります。 船井氏の知人の孫で、当時中学2年生だった少年が今後の重大な未来について語ったという触れ込みで、眉唾だと思う向きもあるでしょうが、船井氏は真面目です。 私には真偽のほどは何とも言えませんが、内容に興味をもちました。 少年は、近い将来、大変動が地球を襲うといいます。 そ...

... 続きを読む

極刑は事態を改善するのか

極刑は事態を改善するのか

昨日の「不作為なるセラピー」からの続きです。 先月、東京拘置所の死刑執行場が報道陣に公開されたのを機に、死刑制度に関する議論がいくらか盛り上がりました。 読売新聞が行った世論調査を見ると、死刑存続賛成が約80%、反対が14%となっています。 死刑存続賛成の論拠は、集約すると次の3点になろうと思います。 ① 被害者やその家族の心情を慮れば、やむを得ない。 ② 被害者が一度きりの人生を奪われたのに、加害者...

... 続きを読む

不作為なるセラピー

不作為なるセラピー

船井幸雄さんの本(『180度の大激変! 』)を読んでいると、「ホ・オポノポノ」の実践者、イハレアカラ・ヒュー・レン博士との対談の抜粋が載っていました。 昨年にヒュー・レン博士の著書を読んで以来、私もささやかなホ・オポノポノ実践者です。 毎日欠かさず「ごめんなさい、赦してください、ありがとう、愛しています」の4つの言葉を繰り返しています。 しかし久しぶりに博士の言葉に触れてみると、私の実践がマンネリ化して...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -