FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2010年08月

堕落性も遺伝するか

堕落性も遺伝するか

清平の霊界解放に関する考察のヒントの4番目は、 「堕落性は血統を通して遺伝する」 ということです。 罪が血統を通して遺伝するということについては、法定論的にも、霊との関わりから見ても妥当なことであるのは、昨日の記事で考えてみました。 ところが、堕落性というのは個々人の内にある「性質」です。 自己中心、我欲、妬み、恨み、傲慢、移り気、責任転嫁、などなど、人間が神様から離れることによって創造本性が捻じ曲...

... 続きを読む

そうかなあ? * by taro
> 私の本性が10なのに対して、堕落性は私の10と、私の体の中にいる悪霊たちの堕落性合計した1000くらいの堕落性があるのです。
> これではまともに闘って勝てる道理がありません。

影響を与えるのも受けるのも、相対基準をむすぶかむすばないかの問題であり
数値の大小には関係ないと思います。

もしかしたら罪や堕落性が、私の外側からの影響という側面しか見ていないからでは?

> 体の中にいる悪霊さえ分立すれば、いくらでも堕落性をなくすことができる。
> 病気や苦痛もなくすことができる

僕もこのみ言葉には全く同感ですが、
清平役事の外面的な方法のみを指して、悪霊分立と語られているのではないでしょう?

Re: そうかなあ? * by 教育部長
新規の方々に講義することが多いこともあってか、最近は表現を単純化して分かりやすくと考える傾向があるようです。数字はその現れだと受け取ってください。
本質的には私の中にある堕落性と悪霊との相対基準の問題だと私も思いますが、こんにちの現状は「相対しなければいい」と簡単に言えないところに難しさがあると感じています。
霊の力がとても強いので、自分単独で対抗するのは実に大変です。
最近私は、私たちの復帰において、「祝福」と「清平」はともに絶対必要だと考えております。
大きな荷馬車を引っ張るのに、強いエンジンを借りなければ坂道を登っていくのはとても困難です。

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -