FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2009年12月

自力は虚しい

自力は虚しい

被造物の創造が終わるごとに、神はそれを見て良しとされた、と記録されている創世記のみ言を見れば、神は自ら創造された被造物が、善の対象となることを願われたことが分かる。このように被造物が善の対象となることを願われたのは、神がそれを見て喜ばれるためである。(『原理講論』p.64)神様がこの世界を創造された目的は、「それを見て喜ばれるため」だとあります。これを見ると、「喜ぶ」というところに重点があるように見えま...

... 続きを読む

* by 日韓太郎
人間は、神様にそっくり似せてつくられており、
神様に似る生活こそ、価値があり、意味があり、
喜びがある生活だと言えます…♪

反対に、堕落性で暮らし、神様とは、
似ても似つかない生活をすれば、虚しく、
そこに存在の価値や意味を見いだし、
真の喜びを感じる事は、出来ないでしょう…

自力が虚しく感じられるのは、そこに、
共に、喜び、愛し合い、分かち合う、
愛の対象がいないからであると思います。
神様が、如何に全知全能と言えども、
この共に、喜び、愛し合い、分かち合う、
愛の対象がいないなら、虚しく感じるしかないように、
人間も、そっくり似せてつくられているわけですから、
人間の喜びと満足は、決して一人では得られない事、
他者との関わりの中でのみ、喜びと満足、
幸せと言うものは語られるべきである事を、教えられます。

ありがとうございました…m(_ _)m

* by 管理人kitasendo
愛したい側も、愛されたい側も、相手と良い関係が結ばれないと寂しいですね。
幸福はやはり相手との関係において生まれるものだと思います。