FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2009年12月

手放しなさい

手放しなさい

ホ・オポノポノが私の教会でも少しずつ広がっています。私が初めて出会ったのは今年の春でしたが、私は数カ月間、誰にも話さず、一人で密かに実践を続けていました。10月に一度礼拝の説教を担当した時、初めてその基本的な考え方を紹介しました。すると、それに興味を持った婦人たちが1人、2人と現れ、「詳しく知りたいので、本を貸してほしい」と言うので、貸し出しを始めました。ホ・オポノポノはハワイが発祥の地です。私は...

... 続きを読む

* by 日韓太郎
私も、ホ・オポノポノについては、関心を持ち、
空になり、無になり、クリーニングする4つの言葉を、
言葉に出したり、意識したりしながら、言葉の魔力を知り、
4つの言葉は、大切な言葉だと思いました。
私は、4つの言葉を、「謝罪」「感謝」「愛」の
三つの言葉にして、使ったり、意識したり、祈っています…
この言葉の魔力は、使ってみてこそ、
その魔力の大きさが、よくわかるし、この言葉は、
人を幸せに導く魔力を持っています…

人の心の中に蓄積されて行く、不信、怨み、憎悪、反発…
この不必要な考え、傷痕を削除し、クリーニングする
言葉の魔力が、この三つの言葉にはあり 、
神様の復帰の心情を反映する言葉だと感じています。。。
謝罪し合い、感謝の心を分かち合い、愛を告白する、
その姿にこそ、神様の復帰摂理歴史の中に、
絶えず残そうとして来られた足跡があると思います…

人間の心の中には、そんな神様の心情を反映させる、
器の容量がなく、正しく映し出すには、
歪んだ鏡になっている状態にあることを理解し、
その器を広げ、鏡を修復する、
神様のみ言と一つになる私を、
再創造しなければならないと思います…

ありがとうございましたm(_ _)m

日韓太郎さんへ * by 管理人kitasendo
実践し始めた人は大抵、自分の心の中の変化を感じていますね。
実践しやすいということは重要なことだと思います。
しかし奥は深いです。