FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 2009年12月

神様の感動

神様の感動

今から16年前の夏、7月から8月にかけて40日間、アラスカで修練会に参加したことがあります。その時はじめて鮭釣りを体験しました。鮭は文先生が好まれる魚の一つです。アラスカでは7月の終り頃から次第に河口付近へと鮭が近づいて来ます。雄は雄で、雌は雌で集まってきた鮭たちは、河口付近でマッチングし、ペアを組んでからいよいよ産卵のために川を遡上し始めるのです。この時、河口付近は鮭の群れでごった返し、水面が盛...

... 続きを読む

* by 日韓太郎
鮭の一生は、与えられた生の目的のために、
一途であり、不変であり、健気と言うしかないほど、
如何なる障害にも負けず、存在のすべてを懸けて、
新しい生命を残すために、生死を超えて存在します。
その姿は、本当に感動しますし、真の父母様、神様が、
この鮭の一生に感動されるのは、その姿に、
ご自身の姿を重ねて見るからであり、その姿は、
神様の子供であり、そっくり似せて造られた人間なら、
すべての人間が、持っている姿でもあることを、学びます。

私も、たった一度の人生を、鮭のように、
この世に生を受けた目的のために生き、一途に、健気に、
如何なる艱難辛苦、障害をも克服し、この心と体を、
すべて授けて下さった神様に、お返ししたい、
そして、喜びと感動を与える姿で、精一杯、懸命に、
孝の心情を持って、報いる者になる、そんな決意と誓いが、
泉のように湧いて来ます。

今日も、ありがとうございましたm(_ _)m

鮭に学ぶ * by 管理人kitasendo
自然は人間の教科書ですね。
謙虚に学ぶ姿勢があれば、無限の教訓があります。