FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 生活日記

おばあちやんレポート

おばあちやんレポート

  前回の記事でおばあちやんに教へられたことを書きました。 「私は私の正義を捨てる」 といふことです。 捨てると言つて簡単にすべてを捨てるのは難しいのですが、努力する数日間の様子をお伝へしてみようと思ひます。 ともかく、おばあちやんの様子が随分落ち着いてきました。 毎晩必ず連射されるおばあちやん砲 「(孫の)2人は今夜帰つて来るのか」 が10連射から3連射くらゐに急減してゐます。 最低1,2回は聞くの...

... 続きを読む

私は私の正義を捨てる

私は私の正義を捨てる

  老年の門口に差し掛かつてゐる私の人生が集中的にシェイプアップされてゐるやうな気がします。 人生をもう一段磨き上げ、まとめる段階に入つたやうです。 シェイプアップしてくれる方が身近に何人かゐるのですが、何と言つてもその第一人者はおばあちゃんです。 昨夜悟つたことが一つあります。 しばしばあるやうに、昨夜もおばあちゃんとの間にワンパターンの言ひ合ひがありました。 2人の孫の名前を出して 「今夜は帰...

... 続きを読む

精一杯 * by はちみつ
教育部長さんのお母様と直接お会いしたことがないのですが、文章から察するに軽い認知症でしょうか?

教育部長さんも大変だなぁと思うと同時に、羨ましく思います。
私の両親は2人とも他界しているので、会話はもうできません。親子で会話のできる教育部長さんが、本当にうらやましいです。

精一杯、精一杯、出し尽くすまでお母様を愛してください。
この地上にいる間に、愛し尽くしてください。
私はそれが出来なかったので、後悔ばかりで毎日反省しています。

Re: 精一杯(はちむつさんへ) * by 教育部長
今だけ見れば大変なやうに思ひますが、今こそがチャンスだとも言へますね。
アドバイス、胸にとめておきます。有り難うございます。

ラッキーの目は口ほどにものを言ふ

ラッキーの目は口ほどにものを言ふ

  今年11歳になる我が家の愛犬ラッキー。 犬種はパピヨン。 彼が近づいてきても、じつと見つめると、すぐに目を逸らすシャイなところがあります。 上の写真は目を逸らす前の瞬時のチャンスをとらえて撮影したものです。 彼の写真の目をじつと見つめた時、あなたはどんなことを感じるでしょうか。 「彼は今、一体何を感じてゐるのだらう?」 「彼には何か言ひたいことがあるのだらうか?」 「目は口ほどにものを言ふ」 と...

... 続きを読む

No Subject * by てんば
私は、ラッキーの、目からは、愛してる、すごく、愛してる!そんな感情を、受けましたよ。

Re: No Subject * by 教育部長
> 私は、ラッキーの、目からは、愛してる、すごく、愛してる!そんな感情を、受けましたよ。

てんばさんはご自分をよく愛せてゐる方ですね。
素晴らしいコメントを有り難うございます。

相応しい敬意

相応しい敬意

元旦の未明に目が覚めてしばらく眠れないでゐる間に、我ならぬ思ひが浮かんできて、 「どんなことをしようと、それが神様と通じてゐないと価値がないし、喜びもない」 といふ声のやうなものが聞こえてくる。 そして夜明け方に夢を見ました。 初夢です。 広いホールのやうなところにそれなりの数の人が集まってゐる中に、お母様が座つておられる。 バーベキューでもするやうな武骨な木のテーブルに、木の椅子。 私は最新モデルの...

... 続きを読む

大好きだつたお父ちゃん

大好きだつたお父ちゃん

  今年89になり、認知症が進み、目も耳も鼻もその機能を随分失つて来てゐるおばあちゃん(実は母ですが)と一緒に暮らしながら、手がかかる一方、感心させられることがいくつかあります。 緑内障が進んで視野はだいぶ暗くなつてきて、食事をしても目の前の皿に盛つたおかずがよく見えない。 箸を何度も右往左往させながら、やつと掴んで口に持つていく。 傍から見てゐてももどかしいのですが、本人はそれについてほとんど愚...

... 続きを読む

人工大脳皮質知能

人工大脳皮質知能

  AIのことをふつう『人工知能』と呼ぶがそれは間違ひで、正確には『人工大脳皮質知能』と言ふべきだ。 これは 「共産主義はなぜ没落したのか」 といふテーマを論じる中で武田邦彦先生が評論した一句です。 近代欧州の思想家知識人たち、特に共産主義の直接の生みの親であるカール・マルクスは、 「自分が考へてゐることは自分が考へてゐる」 と勘...

... 続きを読む

僕らは何の心配もしてません

僕らは何の心配もしてません

地方の小さな町に住んでゐるのに、普段あまり自然に浸るといふことがない。 それで時々、勤め先と自宅を最短距離で走れば片道10分以内のところを、時々帰り道などにわざと迂回して山道を走つたりします。 今の季節はもう紅葉も過ぎて山全体もくすんだやな色合ひになりつつあり、特に際立つた名勝のやうな魅力もない、ごく普通の自然の姿です。 先日、おかしなことがありました。 山道に入り、冬に向かつてほとんど葉つぱを落とし...

... 続きを読む

百獣の王は真似切る

百獣の王は真似切る

百獣の王武井壮といふ人は何をする人か、よく分からない。 テレビのバラエティにもよく出るやうだし、世界の陸上競技でメダルを取つたといふ話も聞きます。 しかし普通のアスリートのやうに何か一つの種目に打ち込んでゐるといふふうにも見えない。 新種の芸能人だらうか。 相当な人気を博してゐます。 「大人の育て方」 といふ彼の講義を聞いてみると、彼の考へ方、そしてなぜ人気があるのかがよく分かります。 彼は 「真つ当...

... 続きを読む

運は川を流れて来る

運は川を流れて来る

堀江貴文さんがどこかの対談で、 「僕は運の正体が分かつた気がする」 と言つて話し出した譬へが実に思ひがけなくて、 「やはりこの人、ちょつと群を抜いてゐるな」 といふ気がしました。 持ち出したのは昔話の桃太郎です。 この話の発端は、おばあさんが川に洗濯に行くところから。 洗濯をしてゐると川上からどんぶらこつこと大きな桃が流れ下つて来る。 おばあさんがその大きな桃を拾ひ上げ、家に持ち帰つて割つてみる。 する...

... 続きを読む

結局、私の感情の問題なんです

結局、私の感情の問題なんです

  現在の私たちの体は地獄の基地となっており、良心は天国の基地となって、二つの世界の分岐点を自体の中に持ってゐることを知りませんでした。 (「文明間の対話と調和」文鮮明総裁) 天国も地獄も外部のどこかに造られるものではない。 どちらの基地も自分自身の中にあつて、その基地なしにはいかなる天国も地獄も形成されてはいかない。 ここで真...

... 続きを読む

人生の投資報酬バランス

人生の投資報酬バランス

  オンラインゲームの開発に20年近く携はつた後リタイアし、今はフィリピンで普通の仕事をしてゐる男性が、ゲーム理論について展開する持論が面白い。 ゲーム理論には数学や心理学などを駆使した難しい話もあるが、彼は 「そんなのはみんな嘘です」 と言ふ。 「ゲーム理論の肝は、投資と報酬のバランスなんです」 私自身はオンラインゲームをまつたくやらないから信じるしかないが、その理論は人生全般にも応用できるので...

... 続きを読む

砂浜から砂金を掬い上げる

砂浜から砂金を掬い上げる

  3Hしないで人の話を聞くといふのは至難の業だといふことを前回書きました。 3Hとは、 ① 批判する ② 評価する ③ 否定する の3つです。 3Hしないと言ふのは相手の話を有無を言わずに受け入れることかと言へば、さうではない。 自分の考へなど取るに足りないから相手を上に見よといふのでもない。 問題は、我々は平常フラットな気持ちで人の話をほぼ聞けないといふことです。 色眼鏡といふか自分なりのフィルターが...

... 続きを読む