FC2ブログ

教育部長の講義日記

家庭連合の教育部長として、統一原理を講義し、思索する日々

TOP > 生活日記

テレビを観ない

テレビを観ない

  従来のマスメディアが君主主義とすれば、インターネットの世界は民主主義だと思ふ。 大手テレビ局は電波の使用権を独占し、巨額の資金を使って取材し番組を作って、テレビといふ端末へ一方的に情報を流してゐます。 紙媒体も同様です。 新聞社を作って全国に新聞を配送するには巨額の資金を要するので、これもごく一部の大企業に限られる。 大多数の国民は受信者に留まるしかありません。 それに対してインターネットは...

... 続きを読む

わかります * by はちみつ
私も同じようなことを考えています。
なぜテレビって、同じ時間帯にどの局も同じようなことを放映するのでしょうね?
それに内容がますます過激になってますね。下ネタも大嫌い。
ドラマも、若い者をターゲットにした恋愛物ばっかりだし。しかも演技が下手。

たまにいい番組もありますよ。
日本人が外国で人助けをしているのを放映して番組は、いつも涙が出てきます。よかったら、ご覧下さい!

本当に相手のために為す主張なのか

本当に相手のために為す主張なのか

  おばあちゃん(我が老母)と一つ部屋に寝るやうになつて4ヶ月くらいになるでせうか。 今朝、明け方5時前でしょうか、ふと目が覚めて隣りを見ると、布団がもぬけの殻。 夜中に大体2回か3回はトイレに立つからそれだらうと思つてしばらく待つても帰って来ない。 これはどうしたものかと心配になつて、音のする台所に行つてみると、シンクに向かつて何やらやつてゐる後姿が見える。 どうやら夜中に起きてそのまま眠らずに、...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

おばあちゃんとの後日談

おばあちゃんとの後日談

先日の記事「どうしてこんなに腹立たしいのだらう」の後日談ですが、おばあちゃんの質問攻めはこのところだいぶ落ち着いてきました。 多くて5回、普通は3回程度に収まつてゐるのです。 その秘訣はやはり、私の「腹立たしい」気持ちが治まつてきたからのやうな気がします。 先日の記事で書いた第3の解決法 「繰り返し同じことを尋ねられるのを喜ぶ」 といふ努力をすると、不思議とおばあちゃんは3回くらい同じ質問を繰り返したあ...

... 続きを読む

どうしてこんなに腹立たしいのだらう

どうしてこんなに腹立たしいのだらう

先般、国連で温暖化反対の演説をしたスウェーデンの16歳の少女がひどく怒つてゐるやうに見えたのが気になりました。 「私たちを裏切る道を選べば、許さない」 とかなり強い口調でした。 怒るといふ言葉を言ひ換えると「腹が立つ」。 これを形容詞にすれば「腹立たしい」。 「腹立たしい」 の最後に「しい」といふ言葉がついてゐます。 この他にも、 「嬉しい」 「悲しい」 などといふ「感情」を表す多くの言葉の最後についてゐ...

... 続きを読む

承認待ちコメント * by -

お父さんに幸せになつてほしい

お父さんに幸せになつてほしい

  イエス様が残した箴言として聖書に記録されてゐる 「汝自身を愛する如く、汝の隣人を愛せ」 といふ教へについて私なりの解釈があります。 愛する順序は、自分を愛することが最初で、その次に隣人。 隣人を愛する程度は、自分を愛する程度に制限される。 つまり、自分を50しか愛せない人は隣人をも50までしか愛せない。 難しく言はずとも、 「自分を満たせない者は、人をも満たせない」 「自分が幸せでないのに、人を幸せ...

... 続きを読む

* by はちみつ
とても優しく気遣いのあるお嬢様ですね。
「お父さんに幸せになってほしい」この言葉に私もドキッとしました。

私は未だにわからないのです。
教会では「自己否定」で、自分の感情を無視、或いは感情に蓋をするように言われます。「アベルに絶対従順」なので、意見や反論は禁止です。
一方、心理学では「自分の感情を受け止めなさい」「自分を愛しなさい」と言われます。

どちらが本当の生き方なのか? 答えが出てきません。


スタジアムの囚人

スタジアムの囚人

  夢の話です。 夢から覚めて、見た内容を覚醒意識で味はつてみながら、 「スタジアムの囚人」 といふタイトルをその夢に附しました。 「コロッセウムの殉教者」 と言つてもいいかも知れません。 キリスト教の初期、信仰者たちがローマのコロッセウムに引き出され、腹をすかせたライオンの餌食になる。 それを観客席に集まつた多くの群衆が固唾を飲んで見守る。 「あいつらは一体どんな罪があつて見せしめにされてゐるの...

... 続きを読む

おばあちゃんには3つの幸せがある

おばあちゃんには3つの幸せがある

  間もなく89歳の誕生日を迎える母(普段おばあちゃんと呼んでゐる)は認知の症状が進んで、3分前のことを忘れる。 そのくせ、遥か半世紀以上昔のことをよく覚えてゐる。 人の記憶といふのはおかしなものだと思ひます。 尤も、よく覚えてゐるとは言つても、覚えてゐる事柄は十指で足りるくらいに限られてゐる。 毎晩2人で夕食を食べ乍ら話を聞いてゐると、おばあちゃんの「幸せ」は3つに集約されるといふことが明らかになつ...

... 続きを読む

もしかして「私」は何者でもない

もしかして「私」は何者でもない

  今朝起きて洗顔をしながらふと考へると、歯にしろ目にしろ、歳とともに段々と傷んでは来てゐるものの、これまで半世紀以上よく働き続けてくれてゐるなあと思ふ。 かういふ体の各部分がその役割をよく果たしてくれたお陰で私の人生にこれまで様々な喜びをもたらしてくれた。 そんなふうに思ふと我知らず、 「有り難う」 といふ言葉が口をついて出てきました。 本当に有り難いなあと思つてゐると、しばらくして今度は一つ...

... 続きを読む

聖子の特性

聖子の特性

  先日面白い体験談を教へてくださつた方は、考へてみると「聖子」だといふことになるので、私は大変貴重な時間をもつたといふことになります。 そこでその時の話をできるだけ思ひ出しながら、 「聖子の特性」 をまとめておくことにします。 《特性その1》傲慢でない 妻に一度も不平不満を言つたことがないといふくらゐですから、奥さんに対して「俺が亭主だ」といふ態度がない。 むしろ奥さんからあれこれ指示されたり...

... 続きを読む

さういふ者が「聖子」だ

さういふ者が「聖子」だ

  今日ある方と話してゐて、面白い体験談を聞きました。 今から20年以上前のことですが、お父様が直接講義される特別な修錬会があり、壮年ばかりが集められた時に修錬生たちに向かつて質問されたことがある。 「君たちの中で、結婚以来これまで一度も奥さんに不平不満を言つたことがない者がゐれば、手を挙げてみなさい」 その時、その方は勢ひよく 「ハイッ!」 と手を挙げたさうです。 するとお父様が 「さういふ者が...

... 続きを読む

1日3時間労働

1日3時間労働

  私にとつてはおよそ半年ぶりの清平。 ところが、その時に同行した壮年男性は実に10年以上ぶりだと言ふ。 仕事も忙しいのでせう。 旅費も結構かかる。 帰りは夕方空港に着き、夜の道を自宅まで交替で運転しながらyoutubeのあるトークチャンネルを聞いてゐると、 「今の日本なら、働ける人がみんな1日3時間働けば、日本人全員が十分快適な生活ができる」 というやうな話をしてゐます。 人は大体20歳くらいまで学業をしな...

... 続きを読む

自信を持つていいと思ひます

自信を持つていいと思ひます

  「私達の霊人体は受け止めた波動を私が分かる言葉に変換してくれる」 といふやうな意味のお父様のみ言葉があることを、知り合ひのある方から教えていただきました。 教へて下さつたその方にはそれを実感するやうな体験があるさうですが、私には自覚的にはないと思ふ。 じつと考へても思ひ当たらないのです。 霊人体の機能はどんなふうに作用するのでせうか。 例へば、霊界の妻が何か思ひを私に伝へようとすれば、霊界か...

... 続きを読む